トップのページへ 白神山地のページへ
@の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ Cの記事のブログへ Dの記事のブログへ
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

@2016年 3月 8日(火)単独:山頂往復

A2016年 4月16日(土)単独:山頂往復

B2016年 7月12日(火)単独:山頂往復

C2016年10月19日(水)単独:山頂往復

D2016年11月18日(金)単独:山頂往復

@3月8日(火)曇り

<今回のコース通過時刻>
(登り)
登山口駐車場07:11→記帳所07:20→二股分岐07:47→最後の水場08:23→尾根の上09:13→大峰分岐10:15→
10:30白神岳山頂
(下り)
白神岳山頂10:34→大峰分岐10:49→最後の水場11:48〜12:02(昼食)→二股分岐12:30→記帳所12:51→
12:57登山口駐車場
※今回歩いた水平距離 約13km(GPSデータによる)


12月以来登っていなかった近場の白神岳へ行ってみるか・・・っと準備!スキーで出かけてばかりいたので、装備の点検?大した違いは無いけど・・・
午前晴れ・午後曇りとの天気予報!少し早め(自分なりに)に自宅を出発。7時11分登山口駐車場を出発。青森ナンバーの赤のエクストレイルと、もう1台が奥の方に駐まっていた。その車には人がいるようだったが遠くて良く見えなかった。一応登山届けを出して記帳所を7時20分に出た。空は晴れというよりは曇りだった。山頂方面は明るくなったり、薄暗くなったり、変化を繰り返していた。二股分岐にはほとんど雪が無く例年のゴールデンウイーク頃か?2012年の4月20日ナリユキ氏と向白神岳を往復した時よりも雪が少ないと思った。二股分岐から最後の水場の間は、雪が中途半端に残っていて歩きにくかったが、最後の水場から先は一面雪になった。夏道を歩いたトレースは無く、尾根へ向かってそれぞれショートカットルートを登ったトレースが数本残っていた。ここでワカンを履いて大峰分岐から蟶山まで伸びる尾根の上を目指した。標高差150m程の急斜面に喘ぎながら、858m標高点の先の850m〜860m付近の尾根の上に上がった。あとは尾根をダラダラと登った。雪は堅めだった。1000mピークの先で、昨日避難小屋に泊まって下って来たお二人と会った。青森市の方達で、少しの間立ち話をした。店舗を移転したグリーンハウス青森店のことまで話題になった。お別れをして、大峰分岐への急斜面で再び喘いだ。スリップしないように慎重に登った。山頂方面は、見えたり見えなくなったりを繰り返していた。10時15分大峰分岐に着いたが、向白神岳方面は視界不良で良く見えなかった。視界不良の中、風にあおられながら尾根の上をゆっくり歩いて10時30分山頂に着いた。写真を撮って直ぐに折り返した。先程の避難小屋内に雪がたまっているという話が気になり、避難小屋の中を確認してから尾根の上を戻った。視界は徐々に悪くなり、登りのトレースを良く確認しながら大峰分岐を目指した。分岐にある標柱は、まだ雪の中のようで発見出来なかった。急斜面は慎重に下った。あとは、来たルートをダラダラ下った。最後の水場に着いて、ワカンを脱ぎ、ドカッと座って昼食を食べた。何だか頭も腰も痛い!12時を回って腰を上げて歩き始めた。この頃には空が暗くなっていた。山頂方面は雲の中だった。記帳所で下山届の記帳をした。5日の記帳を最後に、誰も記帳していなかった。トレースの状況からするとかなりの方達が登っているはずだ!広い駐車場にポツンと1台だけ残っていた車に12時57分に着いてホッとした。
大峰分岐付近から
一瞬だけ見えた向白神岳方面
左手を伸ばして山頂での自撮り


A2016年 4月16日(土)曇り時々晴れ

<今回のコース通過時刻>
(登り)
登山口駐車場08:42→記帳所08:48→二股分岐09:15→最後の水場09:43→蟶山分岐10:12→大峰分岐11:27→
11:39白神岳山頂(昼食・休憩)
(下り)
白神岳山頂12:02→大峰分岐12:11→蟶山分岐12:58→最後の水場13:18→二股分岐13:44→記帳所14:06→
14:14登山口駐車場
※今回歩いた水平距離 約13km(GPSデータによる)


「4月分の白神岳」というものの、自分に特に課題を課しているわけでも無い。何となくそろそろ白神岳か?っと思って出かけてみることにした。
天気予報では後半良くなるということだったので、少しゆっくり8時42分に登山口駐車場を出発した。出発する時、青森ナンバーの車に乗った女の人が到着。記帳所に着いたら、更に4台の車があった。今日は、面倒だったので登山届けも出さずに通過。ザックにはアルミのワカンを縛り付けていた。雪が無い道を、調子が悪いのを我慢しながら先へと進む。キブシやキクザキイチゲ・カタクリ・ニリンソウなどを見ながら9時15分二股分岐に着く。今日は休み無しのノンストップで行こうと先へ進む。汗がポタポタ!蟶山分岐を過ぎると、少しずつ雪が積もっていた。身体も渇き、汗も出なくなったら調子が良くなってきた。下って来た男の人と2度出会う。1000mを越えたら、クマ鈴の音が聞こえ、長靴姿の女の人を追い越す。空が明るくなってきた。急斜面の上には少し青空も見えた。11時39分山頂に着いて写真を撮り、昼ご飯を食べる。食べ終えて下る準備をしていたら、女の人が到着!写真を撮ってあげた。そこで「しょうすけさんでしょ!」と言うので、私は「え???」っと。「どうして?」っと言ったら「赤いスパッツでわかった!」と言われた!TMBメンバーの人だった!素性がバレては悪いことは出来ません!悪いことをするつもりもありませんが・・・「避難小屋で休んだら?」と避難小屋入り口を案内して、私は、12時2分下り始めた。大峰分岐が近づいたら、駐車場での女の人が登ってきた。あとは順調に下った。気になっていたダケカンバだけは確認して写真におさめた。蟶山分岐に着いたら、大きなザックの上にドカッと座って休んでいる集団。今晩、小屋泊まりのようだった。下るにつれて雪が消え、曇り空になった。しかし山頂方面は明るく見えた。二股分岐近くになったら、男性3人が登ってきた。白神倶楽部の方達だった。さっきの集団の方達と一緒に泊まると言っていた。そういえば、しばらく小屋に泊まっていないなぁと思った。14時6分記帳所に着いて、気になったので下山の記帳をした。ただし、横に「登山届け無し」と添え書きをした。14時14分登山口駐車場に着いたら、青森ナンバーの多くの車が駐まっていた。 
山頂に着いてストックを立てて避難小屋方面を撮る  下りの大峰分岐で向白神岳方面 


B2016年7月12日(火)晴れ、山頂部は一時ガス

<今回のコース通過時刻>
(登り)
登山口駐車場08:48→記帳所08:58→二股分岐09:25→最後の水場09:54→蟶山分岐10:23→大峰分岐11:32→
11:46白神岳山頂(昼食・休憩)
(下り)
白神岳山頂12:20→大峰分岐12:34→蟶山分岐13:26→最後の水場13:49→二股分岐14:15→記帳所14:37→
14:45登山口駐車場
※今回歩いた水平距離 約13km(GPSデータによる)

1カ月ほどの病院通いと静養・・・どれほど体力が落ちているだろうか?登り3時間を目標にして、オーバーしたら「こりゃダメだ!」っと思うことにして・・・
登山口に着いたら、車が6台。千葉・横浜・新潟・練馬・岩手そして秋田。私が着いて秋田が2台。青森が無い!
準備して出発したが、日差しが暑い。登山道に入って樹林帯になり日差しは無くなったが、蒸し暑い!汗がダラダラ!脱水にならないように水分補給に心がけた。
二股分岐でご夫婦を追い越した。その後は孤独に登るだけの道が続いた。大峰分岐が近づいた所でもう一組のご夫婦を追い越した。久々のニッコウキスゲとイブキトラノオに面会した。山頂に着いたら6人の方達が休んでいた。駐車場を8時48分に出発して山頂には11時46分に着いた。特別急いだわけでもなく、淡々と登ったつもりだった。目標の3時間を2分切ったので良しとしよう!
山頂でおにぎりとカップ麺を食べながら、千葉から来たというご夫婦とお話をさせて頂いた。鳥が好きな方のようだった。お別れを言って12時20分下山開始した。ガスがかかったり晴れたりを繰り返した。登山口の駐車場には14時45分に着いた。帰る準備をして、車の窓を全開にして出発しようとしていたら下って来た人がいた。国道101号線の海辺の風が気持ち良かった。温泉に入ってから帰宅しよう!
ニッコウキスゲとイブキトラノオの群落 山頂から避難小屋と向白神岳方面、右端にうっすらと岩木山


C2016年10月19日(水)快晴
近場にありながら、白神岳へはしばらくご無沙汰していた。いよいよ紅葉かと思って、天気予報や天気図を見たら、寒気が下りてくる前だ!っと思って出かけた。
8時登山開始、15時下山と思って計画した。実際には、登山口駐車場を8時10分に出発。気持ち良い天気の中、気持ち良い空気をいっぱいに吸いながら登り始めた。下部は紅葉とはほど遠く、緑色の樹林帯の中を進んだ。最後の水場を通過してからは紅葉のシャワーの中に入った。カメラのシャッターを何度も押しながら、どうしたら良い写真が撮れるんだろう?と考えたが・・・?相変わらずカメラまかせの写真しか撮れない素人、ただただシャッターを切り続けた。蟶山分岐を通過して尾根の上を進み、斜度が幾分きつくなり始めたところで、前方に登山者が!良く見たらFBの友達の山谷さんだった!ご挨拶して、山頂まで一緒することになった。急な斜面を登り、大峰分岐が近づいた所で塚本さんが下りて来た。ご婦人を案内してきたと言っていた。少し立ち話をして分かれた。登るにつれてパノラマが広がり、素晴らしい展望であった。11時23分山頂に着いたら数名の方達が休んでいた。私達も休み、快晴無風の中、私は昼ご飯を食べた。写真を撮り、山谷さんにお別れを言って12時丁度に下山開始した。展望が良く、紅葉も素晴らしく、何度もカメラのシャッターを切った。気が付いたら最後の水場を過ぎていた。この後はただ下るだけだった。下ったら少し暑いなっと感じた。14時33分駐車場の車に着いて登山靴を脱いだ。エンジンをかけて出発。清々しい天気の中のドライブを楽しみ、常盤を回って二ツ井のゆっちゃんで温泉に入った。いつも寄る二ツ井のローソンに入ってアイスカフェラテを頼んだら、今日はドーナツいりませんか?っと言われて「パンがあるから!」っと応えた。自宅へ向かっていたら、傾いたオレンジ色の太陽が正面に見え眩しかった。 
最後の水場から蟶山分岐に登る途中の紅葉 山頂への主稜線から蟶山への尾根や日本海を望む

D2016年11月18日(金)曇り
前日の天気予報では素晴らしい天気になりそうだった。最近、予報が信じられなくなってきたのでメッシュ予報を見たら、艫作岬付近から内陸に向かって数カ所曇りを示すグレーの部分があった。好天は期待出来ないが、荒れることは無いと思い出発の準備をした。
朝、能代の自宅から出発して向かうが、前方の山々に雲がかかり白神岳は見えない!白神川の橋の上からも山頂方面は雲の中だった。
私の車しか無い、広い登山口の駐車場を8時3分に出発。記帳所への車道を歩いていたら、両脇の藪の中を何者かがガサガサ走り回っている。突然何匹かのサルが道を横切ってヤブに入って行った。いやーな予感!記帳所で登山届けを書いている間も周りを走り回っている。記帳所脇にタロンペさんの車が駐まっていたが、それどころでは無い!登山道に入るがまだ走り回っている。木に登るサルも居る。かなりの数だ!ボスザル風のサルが樹の上から私を見下ろしていたのでカメラを出した。そこを過ぎたら急に静かになってホッとした。かなり前の話だが、藤里駒ヶ岳への林道を歩いていたら、サルのj群れに囲まれた時があった。あの時はパニックになったが、あれ以来だなぁ〜と思いながら歩を進めた。
カサカサと積もった落ち葉を踏みしめながら、最後の水場を過ぎて登って行ったら少しずつ雪が積もっていた。蟶山分岐を過ぎて尾根の上を進むと徐々に雪が増えたが、歩行に問題になる程では無かった。空はどんより曇り、前方の尾根は雲の中だった。時折風が吹き抜けるが、それほどでも無かった。
標高1000mを過ぎて、急になり始めた所でタロンペさんが下って来た。山頂付近の様子を教えていただいた。ナリユキさんが登っているという話であった。下って行くタロンペさんを撮して、大峰分岐を目指した。主稜線上を山頂に向かったが、場所によってはかなりの風が吹いていた。寒い!11時に景色が何も見えない山頂に着いて写真を撮り、避難小屋に戻った。中に入り、お湯を沸かしてコーヒーを飲みながらおにぎりを食べた。この間にナリユキさんが来たら暖かいコーヒーを!っと思ったが現れなかった。手が冷たくなってきたので、片付けて11時27分下山開始した。順調に下り、977m標高点の下で、女の単独行の人に出会った。天気が悪いのでここから下るような話をしていた。せっかく来たから登って方が良いと話し、山頂部も荒天では無いと言った。「じゃあ!登ろうかな・・・」っと言って登って行った。下山して車を見たら所沢ナンバーだった。下る途中、大丈夫だろうか?と心配になった。登ることを勧めたのを後悔した。かなり下ってもナリユキさんと会わなかったので、二股コースを登って行っただろうと思った。そうすればさっきの女性とクロスしただろうと考えた。
徐々に空が明るくなり、日が差すこともあった。サルとも会わずに記帳所で下山届を書いて13時40分駐車場に下りた。
久々の山行であったが、いつもの白神岳だった。スキーシーズンが待ち遠しく感じた。
帰宅後、ナリユキさんから電話があったらしく、不在着信になっていた。メールを出して、単独の女性の事を聞いた。山頂付近で会ったらしく、大丈夫だったということでホッとした!
登山口付近で遭遇したサルの群れのボスか? 視界が悪い淋しい山頂