トップのページへ 白神山地のページへ @記事のブログへ Aの記事のブログへ
Bの記事のブログ  Cの記事のブログ  Dの記事のブログ Eの記事のブログ
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

@2015年 7月22日(水)単独行:蟶山コースで山頂往復

A2015年 8月21日(金)単独行:蟶山コースで山頂往復

B2015年 9月 8日(火)単独行:蟶山コースで山頂往復

C2015年10月16日(金)単独行:蟶山コースで山頂往復

D2015年11月19日(木)単独行:蟶山コースで山頂往復

E2015年12月 9日(水)単独行:蟶山コースで山頂往復

@7月22日(水)曇り

<今日のコース通過時刻>
(登り)
登山口駐車場08:28→記帳所08:38→二股分岐09:02→最後の水場09:28→蟶山分岐09:55→大峰分岐10:59→
11:09白神岳山頂(昼食・休憩)
(下り)
白神岳山頂12:02→大峰分岐12:18→蟶山分岐13:11→最後の水場13:31→二股分岐13:56→記帳所14:12→
14:20登山口駐車場
※今日歩いた水平距離13.7km(GPSデータによる)



数日前から暑くなりました!暑さに弱い私は、この季節をどう過ごしたら良いかわかりません・・・?
木曜日からは雨になりそうだし、じゃあ白神岳へ行こうか・・・っと思った(これって白神岳に失礼かな?)。天気は午後が良さそうだったので、昼頃に向けて行くことにした。
登山口駐車場には5台の車があった。それぞれ青森・京都・多摩・水戸・名古屋ナンバーだったと思います。私の車が加わって6種の地域の車になりました。
誰もいない静かな登山口駐車場を8時28分に出発。今日はゆっくり登ろう!そして何か新しいことを発見しよう!っと思いながら登り始めたのですが・・・結局いつものペース、結局下山しても新しいことも発見出来ず。
登り始めたら、蒸し暑い!湿度が高いのか?汗が蒸発せず、ダラダラ垂れてくる。びっしょり汗をかいて蟶山分岐に着いたら、風が出てきて少しホッとする。この先で、下って来た方達とすれ違う。1000m付近で、後から「こんにちは!」っと声をかけられて、振り向いたらトレランスタイルの方だったので道を譲る。スタスタと登って行った。大峰分岐に着いたが、展望は良くなさそうだ。稜線上のニッコウキスゲやイブキトラノオはそろそろ終盤になっていた。山頂部にある避難小屋の前を通ったら、トレランスタイルの人が小屋の中で休んでいた。「速いですね!」っと言われたが、「イヤイヤとんでもない!」とは言わず、会釈をして山頂に向かった。
山頂に着き、ご飯を食べ、カップラーメンも食べて満腹になった!そこへ、途中で休んでいた方が登ってきた。下っている方だと思っていたら、登る途中だったようだ。京都から来た方だそうで、白神岳へ来たのではなく、旅の途中で登る気になったのだそうだ。十二湖から登ることを勧められたようだが、どなたかは分からないが、なぜそんな無謀なことを勧めたのだろうか?今日は5時間かかって登ってきたそうだ・・・私は下山するつもりだったが、山頂でお付き合いした。いろいろお話しした後で、二ツ森に行けば良かったと、言っていた。少し心配だったが、先に下山することにしてお別れをした。順調に下り、下るに従って暑くなった。二股分岐の手前で、登りですれ違った多摩ナンバーの車で来たご夫婦を追い越した。昨日登って山頂に泊まったようだ。昨日の夕方は素晴らしい展望だったようだ。私は汗をびっしょりかいて、14時20分登山口駐車場に着いた。多摩ナンバーと京都ナンバー、そして私の車しかなかった。トレランスタイルの人は、車がある十二湖へ向かったようだ!うらやましい!
余りにも汗をかいたので、着替えて車に乗った。脱いだ登山ウエアの重さにビックリした。いつものように、冷たい牛乳で割ったプロテインを飲みながら自宅に向かった。
私の顔はどうでも良いので、たまには山頂の標柱の裏側を見て欲しい!故長谷川恒男氏の名前が刻まれている。恥ずかしながら彼と私とは同じ年に生まれています。彼は、三大北壁の冬季単独登攀に世界初成功!日本を代表するクライマーだったが、1991年パキスタンのウルタルU峰で雪崩に巻き込まれて遭難してしまいました。その彼が、子供達に登山や登攀技術を教えるために何度か岩崎村を訪れています。その時の記録が山頂の標柱に残されています!知らなかった方は、今度登ったら良〜くご覧ください! 山頂部の主稜線上の花々もそろそろ終盤になってきた。
それでも、ニッコウキスゲ・イブキトラノオ・トウゲブキ・タチギボウシ・ハクサンシャジンが咲いていた。

A8月21日(金)曇り

<今日のコース通過時刻>
(登り)
登山口駐車場09:23→記帳所09:31→二股分岐09:56→最後の水場10:24→蟶山分岐10:50→
大峰分岐11:56→12:08白神岳山頂(昼食・休憩)
(下り)
白神岳山頂12:44→大峰分岐13:02→蟶山分岐14:02→最後の水場14:24→二股分岐14:46→
記帳所15:13→15:20登山口駐車場


夜まで天気が持ちそうだったので、NHKTVの朝イチを見ながら朝食を食べて自宅を出発!
登山口には、物好きな人がいても車は数台かと思っていたら、何と10台ほどあった!何だかメジャーな山になったな!
いつもより遅い9時23分駐車場を出発。庄内ナンバーの車で来たご夫婦とほぼ同じ頃に出発した。体調が悪いんだろうか?っと思うほど汗が出る!風が全く無く蒸し暑い(T_T)汗は蒸発せずに身体を伝って落ちている。足下を見て登っていると、顔の汗がメガネに垂れてきて前方確認が・・・やっぱり体調が悪いんだろうか?自問自答しながら登り続けた。早く登った人達が下って来てすれ違う。かなり上部ですれ違ったご夫婦の奥様は「暑いし!水はないし!最悪だ!」っとこぼしていました。上部へ行けば風があるだろうと思ったが、やはり無風だった。景色は霞んで眺めるほどでもないし、我慢の登りが続いた。何人かとすれ違い、12時8分誰もいない山頂に着いて、のんびりとラーメンライスにした。ラーメンといってもカップ麺だったが・・・下る頃には向白神岳方面に怪しい雲がかかり始めていた。12時44分重い腰を上げて下り始めた。なかなか庄内から来たご夫婦とすれ違わないと思ったら、1000mピークの下で、奥様がシートを敷いて休んでいた。水の量をきいたら2Lあるといっていたけど、私に500mL程残っていたので、空いていたペットボトルに入れてあげた。酒田の方で「世界遺産だから来た」っと言っていた。私は、お別れを言って下った。この後も、単独の男性(サブザック)、泊まると言っていた男性3人組とすれ違った。最後の水場を過ぎて更に下り、水が結構流れている所に、登りですれ違っただ男性3人組が、ドカッと座って水を飲みながら宴会をやっていた。15時20分ポツポツと雨が落ちてくる頃に車に着いた。荷物を積み、靴を履き替えて、プロテインを牛乳に溶かしていたら、ガラガラ(カウベルにしては変な音だった)と音を立てて3人の方が下って来た。私が車で出発する時には、3人とも上半身裸でベンチに腰掛けていた。秋田ナンバーの車3台で来たようだった。
三八五交通のバスが先頭・次が新潟ナンバーのデミオ・次が第一観光のマイクルバス・次が私の車・その後にも5〜6台ほど・・・連なって101号線を南下した・・・車のフロントガラスにはポツポツ雨が当たっていた・・・
主稜線上を山頂に向かいながら撮る。トイレの建物が大きく見え
避難小屋はその背後にある。山頂は右端。 
山頂から向白神岳の尾根と避難小屋を撮す。
向白神岳の尾根の左端から怪しい雲がわき始めていた。


B2015年9月 8日(火)曇り

<今回のコースタイム>
(登り)
登山口駐車場08:12→記帳所08:21→二股分岐08:43→最後の水場09:08→蟶山分岐09:32→大峰分岐10:25→
10:35山頂(昼食)
(下り)
山頂11:01→大峰分岐11:20→蟶山分岐12:21→最後の水場12:46→二股分岐13:12→記帳所13:32→
13:40登山口駐車場



高校生の登山大会が金曜日からあり、その準備もしなければならないのだが・・・気が乗らず、何となく白神岳へ行くことにした。
いつもより遅く家を出て、登山口駐車場に着いたらナリユキさんの車が・・・相変わらず朝早いな!っと思いながら8時12分駐車場を出発した。蟶山コースをたどる。風が無く蒸し暑いと思っていたら、登るにつれて徐々に風も出てきて、秋の雰囲気になってきた。登りの男性を1人越して、下りの男性2人とすれ違う。10時35分山頂に着いたら誰もいない。ナリユキさんは二股コースかな?っと思いながら、早めの昼食を食べる。ナリユキさんが登って来る気配が無く、11時1分同じコースを下山開始。植物などを楽しみながら・・・のんびりと楽しんだ。いよいよ秋だ!っと感じながら、白神岳の紅葉はいつもの通り10月中旬かなぁ〜っと思った。13時40分登山口駐車場に着いたら、まだ車が9台もあった。いつものようにプロテインを牛乳に溶かして飲んだ。
ナリユキさんに「もしかして縦走路かな?」っとメールを出して出発した。しかし、電波状態が弱くメールは送信出来なかった。国道101号線に出る手前で猿の集団に遭遇。大きめの猿が私の車を威嚇してきたが・・・ゆっくり通り過ぎた。八森でメールの着信を知り、八森の鹿の浦展望所に入ってナリユキさんのメールを拝見!縦走路だったら、下山口に迎えに行けば良かったと思った。でも、それに気付かない自分が居た!自己本位で他人を気遣うことの無い自分がイヤになった。単独行が多いのはそんなところからかな?っと自分を分析してしまった。
帰宅して、片付けの後、シャワーを浴びた。ブログを作成中、8月30日に白神山地で行われた沢登りの様子がTVで放映されたので、見て同時に録画した。白神山地のコアエリアまで行くんだったら参加するんだけど、秋田県側は無理なんだよなぁ・・・!同時に、外は綺麗な夕焼けになっていた!今日の下りで、少し立ち話をした神戸から来た綺麗な白いヒゲの方は、山頂の小屋でこの夕焼けを見ているかな?っと思った。
 
岩木山は東風で流れる雲の状態によって見えたり隠れたり・・・  山頂部の主稜線上では草紅葉が始まりかけています 


C2015年10月16日(金)晴れ

<今回のコースタイム>
(登り)
登山口駐車場09:09→二股分岐09:43→最後の水場10:12→蟶山分岐10:40→大峰分岐11:46→
12:00山頂(昼食)
(下り)
山頂12:25→大峰分岐12:43→蟶山分岐13:38→最後の水場14:02→二股分岐14:23→
14:47登山口駐車場


この時期は白神岳の紅葉を見るための登山!14日に痛めた右脚のふくらはぎは、テーピングでがっちり固めた。さて、どうだろう?少し不安(=_=)
ゆっくり自宅を出発して、登山口駐車場を9時9分出発。駐車場には10台以上の車があった。
出発して、登って行くが脚の方は何とかなりそう!歩きながら、使う筋肉の部位を確認したが、膝や太ももから股関節辺りが一番使われている様な気がした。ふくらはぎも使うが、それほどでない様な感じ?いづれそれほど痛くはないのでホッとして登り続けた。
最後の水場で、山頂の避難小屋で泊まるというパーティが休んでいた。高校生か?大学生?のパーティだった。登るにつれて紅葉が綺麗だ!何度もコンデジのシャッターを切る!蟶山分岐付近からの尾根の上は、ブナの葉が褐色になり始めている。やはり、蟶山分岐から下の斜面の紅葉が綺麗だった。この先でも下山する何人かとすれ違った。山頂手前で女性の集団とすれ違った。12時ちょうどに山頂に着いたら、男の人が休んでいた。その男の人も間もなく下山して行った。ゆっくり昼食を食べて、展望を楽しんだ。風も無く、日差しがあり心地良い山頂であった。今日、山頂の避難小屋に泊まる方達がうらやましいなぁ!と思った。
12時25分下山開始。コンデジのシャッターを何度も切りながら下った。良いタイミングで白神岳に登ることが出来て幸いであった。
帰宅後、直ぐに脚のテーピングを取り、湿布をしよう!日曜日のランニングは出来るのだろうか?まあ、ペースをキロ6分くらいにしたら何とかなるかな?ちょっと楽観的過ぎるかな?などと考えながら、清々しい天気の中、1時間ほどのドライブを楽しんだ!良い季節だなぁ!
蟶山分岐への登りの途中での紅葉 天気が良く穏やか!岩木山もクッキリと見えた。


D2015年11月19日(木)晴れ

<今回のコースタイム>
(登り)登山口駐車場09:38→二股分岐09:46→蟶山分岐11:07→大峰分岐12:09→山頂12:22(昼食)
(下り)山頂13:00→大峰分岐13:16→蟶山分岐14:17〜14:23(蟶山往復)→二股分岐15:002→
15:25登山口駐車場

<今回のGPSデータ>
歩いた水平距離13.967km 累積標高+1378.07m (スマホのアプリ)歩数25907歩


右脚のふくらはぎの故障から復活か?でも、タイヤ交換で痛めた腰は・・・まだちょっと違和感が?歳だなぁ!
自宅でゆっくり朝食を食べてから出発。能代からは白神岳がクッキリと遠望出来た。
登山口駐車場に着いたら車が1台も無い!そんな季節なんだなぁ!
9時38分準備して駐車場を出発。記帳所に着いたら見覚えのある車が!ここに車を置いたということは縦走路を行くんだろうか?っと思った。二股分岐を通過して、最後の水場へ向かっていたらクマ鈴の音が聞こえてきた。タロンペさんが下りて来た。早すぎる( ^o^)ノヘッドランプを付けて登ったとか!相変わらずのチャレンジャーだ!この後も順調に登る。気温は低いようだが、風も無く、日差しがあり寒くはない。長袖のシャツとTシャツで十分!ブナの葉がすっかり落ち、ブナ林でも日差しがあって暖かい。大峰分岐付近から登山道がガチガチに凍っていた。日差しのある所は溶け始めていたが、日が当たらない所はガチガチだった。12時22分誰もいない山頂に着いてドカッと座った。展望も良いが、まず腹ごしらえから!自作ご飯を食べてからカップ麺も食べた。あ〜気持ちいい!( ^o^)ノ誰も来ないなんて、もったいないぁ!と思いながら下ることにした。こんな天気の白神岳は今年最後だろうと思いながら、ゆったり下ることにした。蟶山分岐では、蟶山を往復することにした。
ところが、少しずつ日が傾いていく!急がなければっと思いながらも、この穏やかな天気はもったいないと思いながら、結局急ぐことは無かった。昨年の11月20日に登った時は一面の銀世界だった。今日の白神岳は異常なくらい穏やかだった!
結局登山口の駐車場に着いたのは、徐々に日が傾き始めた15時25分だった。国道101号線の白神川に架かる橋の上から白神岳を望んだら、雲に日差しが遮られ始めていた。
山頂からの展望 蟶山の山頂 


E2015年12月9日(水)曇り

<今回のコースタイム>
(登り)登山口駐車場08:22→記帳所08:32→二股分岐09:01→最後の水場09:31〜09:36(休憩・アウターを脱ぐ)
→蟶山分岐(アウターを着る)10:08→大峰分岐11:55→山頂12:21
(下り)山頂12:28→大峰分岐12:49→1000m付近(昼食)13:06〜13:23→蟶山分岐13:57→最後の水場14:16→二股分岐14:37→記帳所14:56→15:01登山口駐車場

<今回のGPSデータ>
歩いた水平距離13.9km 累積標高+1383m (スマホのアプリ)歩数28305歩



12月に入って、なかなか白神岳へ行けなかった。予報では今日は天気は良いと言っているし、雪が沢山積もる前にと思って自宅を出発。能代市から登山口へ向かいながら、白神岳方面が雲に覆われて何も見えないのが気になった。近づいても同じだった。
登山口には、既に1台の車があった。準備して8時22分登山口の駐車場を出発。寒いかと思って、冬用のアウターを着ていたが、暑くて途中で脱いだ。記帳所(登山届け)から登山道に入って間もなく、下って来た人が?佐々木昇さんだった。「泊まったの?」っと聞いたら、「霧氷を撮しに来たけど、霧氷は無さそうだったので2kmの所から下って来た!」ということだった。少し立ち話をして分かれる。確かに、二股分岐を過ぎ、「登山口2.0km」の表示のある看板の所でUターンをした足跡が雪に刻まれていた。その後は、動物の足跡が沢山刻まれている雪の上を進んだ。徐々に雪が多くなり、脚を上げるために太ももの筋肉に負担がかかった。上空の雲は依然として動かず、晴れる気配も無い。そういえば、昨晩の東北北部のメッシュ天気予報で、深浦あたりだけが曇りになっていた。やはり・・・それでも、山の神様は私に見方をしてくれるだろう!と根拠も無いことを考えながら、先へ進んだ。
徐々に雪が多くなり、辛くなってきた。蟶山分岐まで頑張ろう!蟶山分岐に着いたら、1000m付近まで頑張ろう!いよいよ雪が多くなり、凹んでいる登山道になると、雪がしっかり固まっていないので穴にズボッと落ちて這い上がるためにもがく。笹や低灌木に乗った雪の重みで、両側から登山道を塞ぎ始める。次第にイヤになった頃、大峰分岐の手前の急登になった。大峰分岐まで行って昼飯でも食うか?っと急斜面で喘いだ。大峰分岐に着いたら、苦しかったけど山頂へ進むしかないと、なんとなく思った。12月2日に登った時に、何処で止めようか?と葛藤したタロンペさんのブログを思い出した。タロンペさんは、それでも結局山頂まで行ったのだった。タロンペさんに失礼かもしれないが、同じだな〜っと思った。山頂へ向かう尾根の最後の所で、一度下る所があるが、先が見えない!どっちへ下れば良いか?見定めるためにしばらく立ち止まった。コンパスとGPSと地形で、なんとなくの方へ下ったら当たっていた。登り返したら祠があった。そして、先へ進んだらうっすらとトイレが見えた。それでも避難小屋は見えない。トイレを通過後に避難小屋が見え、山頂方面へ進んで鳥獣保護区を示した赤い標柱が見え、山頂がようやく見えた。ホッとして山頂に立ち写真を撮って、直ぐ下ることにした。
何処で昼食を食べることにしたら良いか迷ったが、避難小屋の除雪をする時間がもったいないし、南西の風が吹いていて寒かったので、つぼ足のトレースを頼りに下った。大峰分岐に着いたが寒かったので更に下った。ドンドン下って1000m付近の所で昼食を食べることにして、ザックを下ろした。登る時よりも更に雲が低くなったようだ。20分弱で昼食を食べて出発した。この後は、滑ったり、よろけたりしながらドンドン下った。蟶山分岐から更に下っていたら、雪が緩んで、今朝よりも気温が上がってきたことを感じた。休まずに下って、14時56分記帳所に着いて、ストックを縮めた。駐車場には、ポツンと私の車だけがあった。
山頂部にある避難小屋
ここからでも山頂は見えなかった
山頂での自撮り写真
低灌木などを潜ってきたので帽子などに雪が付いている