トップのページへ 白神山地のページへ @の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

@2015年2月25日(水)単独行:冬コース

A2015年5月18日(月)単独行 登り:二股コース 下り:蟶山コース

B2015年7月7日(火)単独行 蟶山コースで往復・・・田中陽希さんと遭遇!

@2月25日(水)曇り時々雪

<今日のコース通過時刻>
(登り)
車の駐車場所07:10→記帳所07:37→夏道から冬道へ07:57→08:54蟶山山頂(休憩)09:04→
大峰分岐付近10:32→10:49白神岳山頂
(下り)
白神岳山頂10:51→大峰分岐付近11:11→12:13蟶山山頂(昼食)12:27→冬道から夏道へ13:13→
記帳所13:30→13:52車の駐車場所
※今日歩いた水平距離13.9km(GPSデータによる)


どこに行こうにも・・・何だかパッとしないなーと思いながら・・・今年になってからまだ山頂を踏んでいない白神岳へでも行こうか・・・と思ってしまった。天気予報は?というと、高気圧が近づいているようだが、寒気が少しあるようで、余りパッとしないようだ。特に、深浦などの青森側は夜になってから晴れるようだ(>_<)仕方ない・・・でも、まあ行ってみるか!っということで準備した。
朝、自宅を出たが空はどんより曇り、一部明るいところもある。白神川の河口から白神岳方面を見たが、何も見えず!まあ、覚悟は出来ていた。国道から登って行ったら、いつもの三叉路から先へ行けるようなので登って行ったら、新しく作った林道との交差点で雪に阻まれた。駐車して、スノーシューを履いて7時10分出発。記帳所で登山届けを出して、順調に進む。雪が硬いため歩きやすい。8時54分蟶山山頂に着いて少し休んで、水分補給と行動食を食べる。この時は、この後登る尾根も前方に見え、空も幾分明るかった!ところが、977m標高点付近からガスってきて、雪まで降ってきましたぁ!うむむむ?っと思って、登るにつれて緊張!1100m付近からの急斜面も一部ササが出ていたので何とか見えたが、少し斜度が緩くなった辺りから、何だ?ここどこだー?っという感じになり、GPSとにらめっこ(>_<)標識用のピンクテープを取り出して、あちこち付けようとしたが、木の枝が少ない!でも何とか付けながら、右折して主稜線を山頂に向かった。この先は標識を付けながら、GPSの中でバーチャル登山をしているようか感覚?うーここはナリユキさんがクマと会った所!ここは確かに1つ目のピーク。ここは良く向白神岳の写真を撮る所。山頂手前のコルへ少し下り、登ると祠があったよなぁ?その上を歩いているのかな・・・などと思いながら進んでいたら、突然目の前にトイレが見え、奥に何となく避難小屋らしきものが見えた。山頂に向かったが、白神岳の看板は埋まって見えず、ガスと吹雪いて見えない所で自分撮り!(タロンペさんのまね!)直ぐに引き返すことにした。私のトレースは吹雪で消え、主稜線の帰路は、GPS内でのバーチャル登山が際立った。標識に数mに近づくと見えた。この時にだけ、現実世界に帰ったような気分になった。不思議な感覚で進み、大峰分岐に付けた特別な標識を発見!そこから左折して下った。一部ササが出ていた急斜面は慎重に!この部分は、スノーシューを脱いで、アイゼンとピッケルの方が安全かもしれない!ピッケルは背負っていたが、アイゼンは持って来なかったので、そのまま下った。樹林帯に入ってもガスが晴れず、時々雪が落ちて来た。980m付近まで下った所で、大学生くらいに見える2人が登って来た。立ち話をしながら、装備が冬用でないのに気が付きアドバイスをした。つぼ足・アウターを着ていない・地図は無くスマホの地図とGPSだと言っていた。この先は少し危険な所もあるので、途中下山を勧めると伝えた。私のトレースも降雪で消えていた。上手く伝わったかわからなかったが、帰宅してからも心配だった。白神岳を「シラカダケ」と言っているところからも、この山は初めてで、この地域の人ではないと感じた。お二人と別れて順調に下り、蟶山で昼食を食べた。登りの時の蟶山と違って、ガスの中だった。天気は回復しなかった(-_-)残念!蟶山下部の急斜面で、歩きに難くてスノーシューを脱いで背負った。この辺からガスが晴れた。つぼ足になったら、ヅボヅボ良く埋まる!夏道が近づいてスノーシューを履いた。あとは記帳所で下山届を書き、車に向かった。車に近づいたら私の車以外にもう1台の車が・・・ナンバーは「北九州市」だった!昨年の11月20日に白神岳に登った際も、大阪から来たという大学生に会った。就職内定して・・・ということだったが、今回の大学生らしきお二人は、卒業旅行かな?っと勝手に考えてしまった<(_ _)>
車に着いて、なんだか昨年痛めた左足首付近に違和感があった?17日に七座山で転落した時に再度痛めたのかな?それとも今日の下りでかな?良くわからなかった。・・・ハタハタ館で温泉治療をしようっと車を走らせた。温泉から上がったら、足が軽くなった感じがした?でも、今晩は湿布をしてみよう!
何だか、本当に山頂に行ってきたのか?いつもの景色は見ていないし・・・主稜線上はバーチャルな登山だったような感じだし、すっきりしない登山になってしまった!・・・いつも思っていることだが、ちゃんとした標識を作ろうかな?っと思った・・・
樹林帯を抜け始めるとガスは益々濃くなり、見えにくくなる。
標高1080m付近
山頂の三角点の横にある看板に寄り掛かかり、
タロンペさんに見習って自分撮りをした!


A5月18日(月)晴れ後曇り

<今日のコース通過時刻>
(登り)
登山口駐車場08:22→二股分岐08:54→09:50二股(休憩)09:55→10:34(872m)ピーク(休憩)10:40→
11:21山頂(昼食)
(下り)
山頂12:02→大峰分岐12:22→蟶山分岐13:19→最後の水場13:37→二股分岐13:59→14:31登山口駐車場



昨日の好天は喪服を着ていたので、今日の好天は登山スタイルで、ご無沙汰していた白神岳へ・・・
登山口の駐車場に着いたら、ナリユキさんの車が!他に盛岡ナンバーの車だけ。
暑くなるという天気予報だったので、それなりの準備をしたのだが・・・
8時24分駐車場を出発。ナリユキさんは二股コースだろうと思って、私も二股コースにした。
崩壊している二の沢(フナイの沢)の所は、斜面が崩落している手前で沢に降り、荒れた沢の中(水量は少ない)を登る。やがて、沢が少し狭くなると左手(右岸)に、二の沢の名前を記入した案内の標柱が土砂に半分埋まって寝ている。この位置の左岸を見ると道がある。道がしっかり作られるのはいつになるのだろうか?それともこの道は廃道になるのだろうか?
(左の写真)沢に降りる途中、沢の上流を撮した写真。左の法面が崩壊した斜面。この沢の中を上流へ向け登る。
(右の写真)倒れて埋まりかけている二の沢の案内の標柱。
2回の徒渉も無事に通過して、急な尾根の登りになる。「息が切れるほど急ぐな!」と自分に言い聞かせ、ゆっくり着実に登るようにした。10時34分に872mの標高点に着き、ナリユキさんの携帯に電話をしたら、山頂でくつろいでいるということだった。「待っているから」と言われたが「まだまだ時間がかかるから、下山してください」とお願いした。11時21分息を切らして山頂に着いたら。山頂のベンチに柿ピーが入った袋が上がっていた。風に飛ばされないように石が上げられていた。
山頂はさすがに心地良い!ゆっくり自作の弁当とカップ麺を食べた。12時2分下山開始。大峰分岐までの主稜線は気持ち良い!タカネザクラ(ミネザクラ)やシラネアオイ、ミヤバキンバイ、スミレなどが咲いていた。標高1000m付近まで下った所で、残雪の中のブナの新緑が!しばらくシャッターを切り続けた!これだけでも来た甲斐があったと思えた。
後は順調に下った。風が程良くあり蒸し暑いとかは感じなかった。14時31分登山口の駐車場に着いたら、私の車だけがぽつんと取り残されたようにあった。さすがに車の中は暑かった。
この暑さでは温泉はイヤだなぁと思った。ハタハタ館に寄る予定を止めて、帰宅してシャワーを浴びることにした。前まで食べていたアイスクリームは止めて、プロテインを飲むようになった。
山頂から見た避難小屋・向白神岳の尾根・岩木山  蟶山コースの1000m付近のブナの新緑


B2015年7月7日(火)晴れ
<今日のコース通過時刻>
(登り)
登山口駐車場08:04→二股分岐08:46→最後の水場09:12→蟶山分岐09:37→田中陽希さんと遭遇10:05→
大峰分岐10:43→10:55山頂(昼食)
(下り)
山頂11:48→(グレートトラバーススタッフの方達と立ち話)→大峰分岐12:15→蟶山分岐13:03→最後の水場13:18→
二股分岐13:38→14:03登山口駐車場


右脚のふくらはぎの調子が良さそうなので・・・そろそろ白神岳か?っと思っていた。
天気も良さそうだし、今日かと思って出発。田中陽希さんの「グレートトラバース・日本2百名山ひと筆書き」の白神岳は9日だったよな!っと思っていた。
登山口駐車場に着いたら、いつもより少し車が多い!いっぱい登っているんだ!っと思って登り始めた。記帳所で登山届けを出して、登り始めたら、間もなく下って来た佐々木昇氏とバッタリ!「体調が悪い!」「寝不足だ!」と言いながら「田中陽希が来ているから・・・」っと言う!ので、会えるんだーっと少しワクワク!更に、「塚本氏が来ている・・・」?あれ〜腰が痛いと言っていたが・・・?二股を登って行ったらしい?「えー!?」っと思いながら、少し長話をした。その塚本氏も腰にピッケルを下げて元気に下って来た!その後に高齢のおばあさんを追い越した。「引き返そうと思ったけれど、行ける所まで行ってみる!」と言っていた。このおばあさんとは、下りで追い越すことになる。「しばらく振りだから・・・」「また来るよ!」っと言っていた。
この後は、順調に登って行き1000mピークの直ぐ手前で、突然田中陽希さんが現れた!ツーショットの写真を撮ってもらい、サインもしてくれた。「パタゴニアエクスペディションレース」に出るのか?と聞いたら、「また出ますよ!」と言っていたので、何だか良かったと思った。彼の入っているチームは、チームイーストウインドだ。
山頂近くで、3人の人が写真を撮っていた。その時は、そのまま通過したが、山頂で岩手県の葛巻町から来たという方と話しているうちに、3人の写真を撮っている人は田中陽希さんのグレートトラバースの撮影スタッフだということが分かった。昼食を食べながら、その男性と色んな話をした。千葉から単身赴任で来たが、東北の山をあちこち回っているようだ。ご両親が山好きで、小さい頃あちこち登ったが、余り面白くなかったようだ。社会人になって、また登るようになったと言っていた。私の息子はどう思っているのだろうか・・・?奥さんと子供は千葉に居ると言っていた。
白神岳の山頂で、色んな人と会うが・・・色んな話を聞くことが出来る良い場所だ!っということに気がついた(^^)/
彼が下って行ったので、私も準備して後を追った。主稜線上で、まだ3人がカメラを構えていた。次に森吉山を登るので、カメラを向けてねらっているが、なかなか雲間から現れず「ダメかな?」っと言っていた。写真を撮るのも大変そうだ!1000mピーク付近でも、ブナ林にカメラを向けていた。
この後は順調に下ったが、下るに従って暑くなってきた。更に、ご夫婦のような方と大峰分岐まで行くと言っていた女の単独行の方とすれ違った。記帳所に13時57分に着いたが、田中陽希さんは11時6分と書いてあった。どこまで歩いて行ったかなぁっと気になった。
下山後101号線を自宅の能代方面に車で走っていたら、青森県から秋田県に入った辺りをトボトボ歩いていました。今晩は、あきた白神温泉だそうです。明日、森吉まで歩いて、明後日、森吉山様田コースから登って、ヒバクラ側に行き、赤水沢から玉川に抜けるようです!
結局、私の右脚のふくらはぎは特に痛みを感じなかった。しかし、右脚の膝が少し痛かった・・・(>_<)要注意だ!
登りの1000mピークの手前で陽希さんが下って来た! 山頂の主稜線上はニッコウキスゲやイブキトラノオがまだ咲いていた。