トップのページへ 白神山地のページへ @記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

@2014年10月12日(日)単独行

A2014年11月 1日(土)単独行

B2014年11月20日(木)単独行


@10月12日(日)快晴

<今日のコース通過時刻>
(登り)
登山口駐車場08:00→記帳所08:07→二股分岐08:32→最後の水場08:58→マテ山分岐09:27→大峰分岐10:30→10:47山頂
(下り)
山頂11:17→大峰分岐11:55→二股分岐13:43→記帳所14:10→14:16登山口駐車場


台風が来るし、紅葉の頃だし、家族にも見放されたし・・・まあ白神岳でしょ!っと思って出かけたが・・・
どうなっている?駐車場の奥の方まで車が!数えたら50台ほど!秋田・青森ナンバーが多いけど西日本のナンバーも・・・全国区だぁ!
なんだかテンションが上がるぅ!更にアミノバイタルプロ(顆粒)をスポーツドリンクでゴクンと飲んで出発!チェストバックにはデジイチ(重い!)とコンデジを無理矢理入れて、デジイチは紅葉の写真用、コンデジは時間記録用とした。ところが、マテ山分岐を過ぎた所で、コンデジの「メモリーがありません」の表示?ふたを開けてみたらメモリーが入っていない!帰宅してみたら自宅のパソコンに差したままだった(^^;)仕方なく、重いデジイチで記録もすることに・・・面倒な時はパスした!
最後の水場を過ぎたあたりから少しずつ紅葉が・・・マテ山分岐を過ぎた頃には紅葉のトンネル!大峰分岐への急斜面の途中で、大峰岳の尾根とマテ山へのびている尾根を撮す。先日、私が、「この場所の紅葉が好きだ!」っと言ったら、ナリユキ氏が「撮れなかった!」と言っていた部分を写真におさめることが出来た。写真を撮りながら山頂の避難小屋に着いたら小屋前で沢山の人が休んでいた。山頂には6人ほどがいた。二股コースの入り口の所にマットを敷いてどかっと座りローソンおにぎりとサッポロ味噌のカップ麺を食べる。雲ひとつ無い天気に展望がすばらしい。気温が少し高いのに雲ひとつ無いのは不思議だ。あの山は?っと聞かれたので、ぐるっと山並みを見渡しながら、少し「オベタブリ」(能代弁?)をしてしまった。・・・恥ずかしい(^^;)
下りの大峰分岐付近で、能代の塚本さんとすれ違った。私のことを良く覚えてくれていたm(_ _)m私が怪訝な顔をしたためか「田代岳で出会った塚本です!」と・・・私の認知症化が進んだ証拠を読まれてしまった(^^;)近頃恥ずかしいことばかりだ(>_<)
今朝、宮城県松島から来たという方と、下りで一緒になった。どうも山頂で一緒だったらしいが・・・記憶に無い?やはり歳かな?その方が「下から山頂は見えないのか?」というので「白神川河口に架かる橋の上から良く見えるよ!」っと話したので自分でもこの写真を撮った。ここで写真を撮って車に乗ったら、さっきの方が着いて写真を撮ろうとし始めた。手を振っていたので、私も車の中から手を振った。これから松島へ帰ると言っていた。こんなに遠い所まで、日帰り登山ご苦労様ですm(_ _)m
下りも立ち止まっては写真を撮り、立ち止まっては写真を撮り・・・を繰り返して14時16分に駐車場に着いた。私が車を駐めた所よりも更に奥に少し車が増えていた。
帰りの運転は、保冷バックに入れてきたローソンで買った「カスタードエクレア」を食べながら「カフェラテ」を飲んで、国道101号線を青森県から秋田県へ入った。
あ!その前にアミノバイタルゴールド(顆粒)を飲んだ!飲むと疲労を残さないのだそうだ・・・?ホントかな?
山頂に着いたらこんな感じだった。
この後着いた方と展望の話になった。
男の方が五所川原、女の方が青森だっと言っていた。
「青森県の山だけど、遠いんだよなー!」っと言っていた。
確かに!
山頂の避難小屋前には沢山の人が休んでいた。
写真には余り写っていない。奥の山は向白神岳の尾根。

A11月1日(土)曇り

<今日のコース通過タイム>
(登り)
登山口駐車場05:54→記帳所06:03→二股分岐06:26→最後の水場06:52→蟶山分岐07:16→
大峰分岐08:12→08:21山頂(展望を楽しみ・行動食を食べる)
(下り)
山頂08:41→大峰分岐08:54→蟶山分岐09:39→最後の水場09:54→二股分岐10:13→記帳所10:28→10:33登山口駐車場


11月の山はじめを白神岳にした。特別な意味は無い!
ただ、午後から天気が崩れるというので早めの出発にした。出来れば昼には下山したかった。雨に当たるのはイヤだった。
日の出前の暗い101号線を青森県・黒崎の登山口に向かった。準備していたら少し明るくなってきたが、ヘッドランプを付けて5時54分登山口駐車場を出発した。記帳所を過ぎて少し過ぎたらヘッドランプはいらなくなった。木々の葉が落ち、ずいぶん明るくなった。
朝食は牛乳1本とパン半分、更にドライブに欠かせないカフェオレ!これではエネルギーが出ない!登りながらミニッツメイドの朝バナナ(バナナ2本分のエネルギー)ゼリーを飲んだ。登りながら蒸し暑いなーっと思っていたが、蟶山分岐からの尾根の上は少し風があって心地よくなった。空は見える範囲の全面が高層雲に覆われていた。冬期の尾根の地形が理解しやすくなるかと思って、地形図とGPSを見ながら現在地確認をしながら尾根の上を登った。大峰分岐に着いたら向白神岳の尾根と岩木山が目に飛び込んできた。こんなに展望が良いとは思っていなかった。8時21分に山頂に着き、思いがけない展望を楽しむ。寒いので避難小屋に入り、パンの残りを食べて、アクエリアスを飲む。
十分展望を楽しんだので、8時41分下山開始。9月上旬に購入したスカルパの靴を履くと踵が痛い。案の定、下山後脚を見たら両方の足の踵の皮がめくれていた!帰宅後シャワーを浴びたら飛び上がりそうなくらい浸みた!
大峰分岐から急斜面を下って間もなく、青森から来たという男性とすれ違った。「寝坊した!」っとぼやいていた。まだ天気はもちそうだった。間もなく若い男女とすれ違った。あと1時間半かな?っと言ったら「ファイトー!一発!」っという勢いで登って行った。若い人はうらやましい!蟶山分岐まで500m位の所で、小学低学年くらいの女の子とご両親のパーティとすれ違い、蟶山分岐の下ではベテラン風の男女3人パーティとすれ違った。10時頃、最後の水場より下では単独行の男性とすれ違ったが、時間的に大変なような気がした。二股分岐を過ぎた所で携帯が鳴った!出てみたらソニックプラスセンター新潟の三浦さんだった。車のスピーカーのグレードアップとサブウーファー設置の件で、少し話をする。近々、再度新潟へ行かなければならない。
記帳所に近づいたら、鈴の音が聞こえ・・・?やがて白いスニーカーを履いた男の人が鈴を鳴らしながら空身でやって来た!ちょっと?な雰囲気だったので、何も言わずにすれ違った。
10時33分駐車場に着いて靴を履き替えて帰る準備をしていたら、大間越の駐在所の警察官(多分?)がやって来た。登山者の様子などを話している所に、例の鈴を鳴らしていた人が降りて来た。自分の車近づいたが、北九州ナンバーだった。車のバックドアだけで無く、窓などにもいろんな事を書いた紙を貼っていたが・・・日本G5国家・藤本稔プロジェクト・・・とか、良く意味が理解出来なかったm(_ _)m
警察官がその人と話し始めたので、私はその場を離れ帰路についた。途中、八森付近からポツポツと雨が落ちてきた。八森の小入川に架かる橋からの紅葉が綺麗に見えた。一眼カメラを持って来ていなかったので、そのまま通過して能代に入った。
山頂の様子(セルフタイマー)。
写真の左側、避難小屋・向白神岳の尾根・岩木山
写真の右側、遠くに八甲田連峰
山頂の避難小屋
避難小屋前には、先日降った雪が残っていた。


B2014年11月20日(木)晴れ時々曇り

<今日のコース通過タイム>
(登り)
登山口駐車場08:21→記帳所08:29→二股分岐08:52→最後の水場09:17→蟶山分岐09:42→
大峰分岐10:47→11:04山頂(展望を楽しみ・おにぎりを食べる)
(下り)
山頂11:34→大峰分岐11:47→蟶山分岐12:33→最後の水場12:54→二股分岐13:17→記帳所13:35→
13:41登山口駐車

今日は小さいけれど日本海から高気圧が移動してくる。これは逃されない!近場の白神岳へ行くことにする。
登山口に着いたら福島ナンバーの車が1台。この時期に福島から・・・っと思いながら、準備をして出発。
気持ちの良い天気だが、少し厚着し過ぎたか?暑い!この季節は、下着などのレイヤーが難しい。秋でもないし、冬でもない!下では秋だが、上へ行くと冬になる。
最後の水場を過ぎ、急斜面を徐々に登って行くと雪が少しずつ増える。そして、先行者の足跡が雪面に見えるようになる。メレルの靴だな!っとわかるパターンが・・・。蟶山分岐直下で、下ってきた2人パーティ?雪が多くなり不安になったと言っていた。私が登る後を付いて行くことになり、同行する。大阪の大学生だということだった。就職が内定し、世界遺産を回っているとか・・・確かに白神山地も!でもこの時期に・・・っと思ったが、私も学生時代に、この時期に友人と登山をして、遭難しかけて山にハマったので・・・気持ちは良くわかる!
途中から、笹や低灌木に付いた霧氷や雪で登山道を塞ぐように垂れ下がっている。その間をくぐりながら、雪をかぶり身体が濡れた。雨具を着れば良いのに!面倒だった・・・
彼らより少し先に山頂に着き、濡れた手袋を交換。彼らが着いて、一緒に写真を撮った。大阪から仙台に飛行機で来て、レンタカーで来たということであった。世界遺産でなければ彼らも来なかっただろうな?っと思いながら、この地域はそういう人達の、観光については余り一生懸命でないような気がした。昨晩は、能代市のルートインに泊まったということだったが、白神岳の情報はなかっただろうな?っと思った。
日が差すと暖かいが、寒くなって下ることになる。お二人と主稜線上で少し離れる。大峰分岐からは、後ろに気配を感じないまま下り続ける。1000m付近でブナの木に日が差し、一斉に霧氷がバラバラと音を立てて降ってくる。思っても見なかった状況にしばし立ち止まって見取れていた。蟶山分岐近くになると、冷たかった手もポカポカしてきた。11月中旬にしては穏やかな天気だ!下山を記帳し、駐車場に着いて靴を履き替えて30分ほど経過したが、彼らは下りて来なかった。伝えたいことがあったのだが、会えないまま能代へ向け出発した。1時間ほどの気持ちの良いドライブで自宅に着いた。さすがソニックデザインのスピーカーは音が違う!再生した音の情報量が全く違うような気がする。だから、ガンガン好きな音楽を鳴らしての独りドライブが楽しくなった! 
大峰分岐に着いて向白神岳と岩木山が目に飛び込んできた 下りで蟶山への尾根と岩崎方面を見る
大阪から来た大学生と共に写真を撮る!