トップのページへ 白神山地のページへ
@の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ
Cの記事のブログへ  Dの記事のブログへ  Eの記事のブログへ 
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

@2014年3月 1日(土)単独行

A2014年6月21日(土)単独行

B2014年8月27日(水)単独行

C2014年9月6日(土)単独行

D2014年9月17日(水)単独行

E2014年9月27日(土)単独行・途中から2人パーティ

@3月1日(土)曇りのち晴れ

通過タイムの記録
<登り>
三叉路(駐車場所)07:27→07:58記帳所→09:20蟶山09:28→10:50大峰分岐→11:05山頂(避難小屋に入り昼食)
<下り>
山頂11:57→12:13大峰分岐→13:11蟶山13:24→14:15記帳所→14:37三叉路(駐車場所)


さーて、天気も良さそうだし、土曜日はどこへ行こうか?あ!そういえば今シーズンは白神岳へまだ行っていなかった・・・ということで白神岳へ・・・
国道101号から車で車道を登って、間もなく三叉路で雪に阻まれ、車道脇に車を駐める。スノーシューを履いて、7時27分に出発。車道のカーブの所から左の造林杉の林の中へ、かつて岩崎小学校のスキー場があった所を通って、さらに先で左の林に入り記帳所のある登山口を目指す。7時58分記帳せず記帳所を通過。今朝か?前日の遅い時間帯?に登ったと思われるしっかりしたトレースがある。今朝だとすれば少しおかしい?やはり昨日か!そのトレースは、しっかりと冬道を辿りマテ山へ向かっている。9時20分マテ山(841m)に着き、ひと休み。ここで、デジカメの時間が11分早いことに気が付き修正する。さあ!っと立ち上がって出発。雪は気温が低かったからか、しっかりしまっている。少し厚いモナカ状態の所もある。10時50分、急斜面で喘ぎながら、ようやく大峰分岐に到着。標識があり、見たら弘前大学探検部と記入されていた。何となく向白神側の尾根を見たら、向白神側の尾根に取り付いたばかりの4人の姿が小さく見えた。きっと弘大の学生だろう!頑張れ!歳のせいか?若者が頑張っていると、何も出来ないが、応援したくなる。避難小屋を通過して11時5分山頂に着く。看板の頭が少し見える、ピッケルを持っていたので掘ろうかと思ったが止めた。寒い!手袋が汗で濡れたためか、手の指がジンジンしてきた。まだ感覚はあるので・・・小屋に戻り、中に入ってラーメンを食べた。彼らのシュラフなどがあったが、少し雪が入って寒そうだった。もう一度山頂に戻って、写真を撮り11時57分下山開始。大峰分岐まで来たら、向白神岳の山頂に黒い点が見えた。きっと彼らが登頂したのだろう!バンザイ!おめでとう!写真に撮って、向白神岳と反対側へ急斜面を下った。標高1000m以上にある樹木に付いていた霧氷がそのまま落ちずに残っていた。霧氷が桜の花が咲いたかのように見えた。幻覚だろうか?・・・下るにつれて雪が腐り始めていた。13時11分マテ山に着いて、ドカッと腰を下ろしておにぎりを食べた。午前中は曇っていたのに、徐々に天気が良くなってきたようだ。時々日が指し始めた。14時15分腐った雪に足を取られながら記帳所を通過、14時37分車に着いた。散歩中なのか?女の人が通って少し立ち話・・・なんであんなに顔をかくして歩いているんだろう?そういえば、以前ここで会った人も同じように顔をかくしていた・・・
雪にハンドルが取られながら、ようやく国道に出て、日射しを感じながら、青森県から秋田県に入った。能代市内に入り、米代川に架かる橋を渡っていたら、森吉山が霞んでいたが良く見えた!
主稜線を山頂へ進み、山頂トイレと避難小屋が近づいた
手前の建物がトイレ、その直ぐ左奥が避難小屋、右が山頂

小さく赤く見えるのは弘大探検部の標識
山頂から見た寒々とした風景
マテ山への下降地点は写真左の稜線の奥、
写真右に向白神岳の稜線と岩木山の裾野が見えた


A6月21日(土)晴れ、山頂部は時々ガスの中

通過タイムの記録
<登り:二股コース>
登山口駐車場所)08:40→記帳所08:45→二股分岐09:10→大峰分岐一の沢09:30→二の沢09:47→
三の沢09:59→二股10:10→872m標高点10:58→11:49山頂(昼食・休憩)
<下り:マテコース>
山頂12:10→大峰分岐12:28→蟶山分岐13:31→最後の水場13:52→二股分岐14:17→記帳所14:45→
14:50登山口駐車場

今月上旬の高校生の大会で、森吉山のコメツガ山荘から山頂往復した。下山後、故障していた脚が少し痛かったが、数日後回復した。復活できるのか?と思って白神岳へ登ってみることにした。ただし、過信は禁物!ゆっくり確実に歩くよう心がけようとした・・・が?
登山口駐車場を8時40分出発。怪我した方の脚のくるぶしが登山靴にあたって少し痛い程度だった。二股分岐から先は、なんとなく二股コースを進んでしまった。駐車場の車が多かったので、多くの人とクロスするのがイヤだったからだが・・・急斜面の登りで脚は大丈夫だろうか?っという心配もあった。・・・登りの途中で3人パーティの人を追い越したりして11時49分無事に山頂に着いた。ガスって岩木山は裾野の一部だけ、向白神岳も時々見えなくなる。腰掛けておにぎりを食べ終えたら、追い越した3人の方が登ってきた。12時10分蟶コースを下山開始。故障した脚は、下りで慎重に歩かなければならない。結構、登って来る人が多い。土曜日だからだろうか・・・ほぼ同じ頃に駐車場を出発したマイクロバスで来たパーティと標高1100m付近ですれ違う。山頂泊なのか?ザックは大きい。そこから少し下った所で、突然犬が現れ、登山道の下から私に向かって吠える!犬に弱い私は立ち往生!しばしにらみ合いが続いたが、しばらくして犬がヤブに入った瞬間、ドドドーっと登山道を下って犬をかわした。しかし、今度は上から追いかけてくる!心臓がバクバク!男の人が一人休んでいる所まで下ったら、犬はそこで止まったが吠え続けた。白神岳で犬に出くわしたのが、これで3回目だ!何とかしてほしい!男の人は、私を見てニヤニヤしていただけだった(>_<
その後は順調に下って14時50分駐車場に着いた。途中、山頂小屋泊のような方々(全部で16人くらいかな?)とすれ違った。今夜の小屋は賑やかだろう。若い男女(男1人女3人)のパーティは装備も服装もバリッと決まっていて頼もしい感じだった。
下山後、脚は少し痛いが、これも徐々に和らぐであろう(希望)っと思うことにした。 
下では晴れていたが上部はこの通り
ガスが湧いて視界は良くなかった 
この季節、山頂の主稜線付近はニッコウキスゲなどの
花が咲いている 


B2014年8月27日(水)晴れ時々曇り

今回の通過タイムの記録
<登り:マテコース>
登山口駐車場07:09→記帳所07:17→二股分岐07:41→最後の水場08:08→マテ山分岐08:35→大峰分岐09:41→
09:55山頂
<下り:マテコース>
山頂10:18→大峰分岐10:36→マテ山分岐11:30→11:51最後の水場11:57→二股分岐12:19→記帳所12:44→
12:50登山口駐車場

6月21日からご無沙汰の白神岳だった。少し早めに自宅を出発。登山口駐車場に着いたら、沢山の車と沢山の人が!パトカーもいる?何だ?近寄ってきた人に「何かあったんですか?」っと聞くと、パンフレットを渡されて「安全登山を!」っと・・・
車を駐めて準備していたら、色々聞かれ、塚本健一さんの話が出て、更に勤労者山岳会の秋田支部について色々・・・私は話を聞いているだけ・・・
準備が出来たので、7時9分出発。記帳所で登山届けを書いて郵便受けのようなボックスに入れる。天気が良いのだが日が差さない。二股分岐では二股コースが崩壊しているとの掲示があり、マテ山コースへ進む。マテコースを登るのは久しぶりだ!何パーティか追い越しながら、順調に登り大峰分岐に着いたら、東側が晴れていて展望も良い!気持ち良く尾根の上を進み9時55分山頂に着く。東京から来たという若い人がいて、山の話をする。白神岳へは世界遺産だから来たと言っていた。展望も良く岩木山は当然のごとく八甲田や白神山地の奥の方まで見渡せる。しかし、海側から雲がわき海側はよく見えない。パンを食べて10時18分下山開始。何パーティかとすれ違って記帳所で下山届に名前を記入。誰もいない駐車場に12時50分に着く。下りの途中から、右足に履いているマインドルの登山靴のつま先が数cmほどパタパタして靴底が剥がれ始めている。こりゃーダメかな?またお金がかかる!
車に乗って昼食のおにぎりを食べながら、久々にハタハタ館に向かった。 
山頂部にある避難小屋周辺もすっかり乾燥している。 向白神岳や岩木山もすっきり見える。


C2014年9月6日(土)曇りのち晴れ

今回の通過タイムの記録
<登り:二股コース>
登山口駐車場07:29→記帳所07:38→二股分岐08:06→一の沢08:29→二の沢09:04→三の沢09:17→二股09:25→
872m標高点10:17→11:12山頂(昼食)
<下り:マテコース>
山頂11:50→大峰分岐12:05→マテ山分岐12:58→最後の水場13:15→二股分岐13:36→記帳所13:55→
14:02登山口駐車場

8月27日の白神岳でマインドルの靴底が少し剥がれたので、修理と靴底の張り替えに出した。そのために購入したスカルパのミラージュを今回試し履き。本当はシャルモが欲しかったが合うサイズがなかった。
今回の目的はもう一つあった。崩壊しているとされている二股コースの確認だった。
青森県自然保護課では「二股コースは登山道の一部が崩壊しており、現在通行できません。マテ山コースをご利用ください。」という案内を示してある。一方、地元警察の大間越駐在所では「(二股コース)危険防止のため現在コースを閉鎖しています。(マテ山コース)分岐点から最後の水場までの間に崩壊箇所があります。崩壊箇所にはロープを設置してありますので注意して通過してください!」っとある。これをどう理解すれば良いのか?前回は素直にマテコースを往復した。今回は、タロンペ氏ナリユキ氏のブログにあるように、それぞれ二股を歩いている。タロンペ氏は調査のあと二股経由で山頂に登っている。じゃあ私も良いのかな?っと思って二股経由で登ってみることにした。
率直なところ、斜面や沢の崩壊は仕方が無いのかと思った。前から、非常に崩壊しやすいところだと思っていたし、沢や斜面もそうした自然の営みで出来たものだから、今回もその1つだと思えば当然なことであろう。それと1000m〜1100m付近では、一部登山道がわからないほどヤブに覆われ始めている。人が通らなくなればヤブがもっと濃くなりそうな気がする。今日は、期待に反して天気が良くならず、雨の後だったのか?ヤブの中をもがきながら登ったので山頂に着く頃には、全身びしょ濡れで寒かった。
さて、新しい登山靴だが・・・一の沢に着く前に踵に違和感を覚えた。山頂まで我慢したが、山頂で靴を脱いだら、踵の皮がめくれていた。大きめのカットバンで覆い、何とか下りは順調だった。ただ、帰路の途中、ハタハタ館に寄り、入浴した際は痛くて、慣れるまで顔をしかめていた。ご褒美にサルナシのソフトクリームを食べた。 
一番崩壊が激しかった二の沢の斜面
赤い線が従来の登山道、黒い線が今回歩いたコース
いつものような山頂
一瞬ガスが晴れたのでシャッターを押した


D2014年9月17日(水)曇り

今回の通過タイムの記録
<登り>
登山口駐車場07:53→記帳所08:00→二股分岐08:30→最後の水場09:00→マテ山分岐09:30→大峰分岐10:39→10:53山頂(昼食)
<下り>
山頂11:24→大峰分岐11:41→マテ山分岐12:32→最後の水場14:49→二股分岐13:10→記帳所13:30→13:38

歳とともに体力の衰えを感じていた・・・今日はそのチェックのために白神岳へ出かけた。
ザックは今春準備したオスプレイのケストレル。エクソスにしようかと迷ったが・・・冬のことを考えると、少し無理かな?っと思ったので、無難なケストレルにした。
そのケストレルにテント一式やシュラフ、1泊2日分の食料など・・・日帰りで白神岳へ登るには、全く無駄な装備で頑張ることにした。
更に、自分に条件を課した。登りも下りも途中で休憩はとらない。ヒー!ヒー!呼吸が乱れない程度のスピードで歩き続ける。Slowly but surely!
水分・行動食を補給する時や写真を撮る時に少し立ち止まるのはOK!でも、なるべく歩き続けるように!そのために、チェストバックにペットボトル、行動食、カメラなどを入れて取り出しやすいようにした。チェストバックのLサイズは本体裏側でザックのウエストベルトに通すようになっているが、足を高く上げた時にぶつかるので、ザックの上の方からつり下げて、ゴムでウエストベルトに固定するように工夫した。
苦しいだろうなーっと思っていたが、意外に順調だった。なぜかはわからないが・・・以前より装備が軽くなりコンパクトになったからだろうか?思ったほど重いとは感じなかった。更にビールなどを背負えるような気がした・・・

登りで何名かとすれ違ったが、山頂小屋泊や早朝出発した人達だろうと思った。同じ頃登った人達もいた。山頂でカップラーメンを食べていたら登ってきた方は、2年ぶりだと言っていた。その方が先に下っていった後に、男の若者がひとり登ってきた。スニーカーにCHAUMSのデイパックを背負っていた。挨拶したが・・・?突然ぶっきらぼうに「水は?」っと言うので・・・???っと思って躊躇したが、丁寧に水場を教え、少し急で危険なので気を付けるように!と大腸菌も多分大丈夫だと思うが・・・っと付け加えた。無言だった!
全面曇り空だが、森吉山や岩木山がしっかりと見えていた。能代の街は日が当たっているようだった。山頂は少し寒いくらいだったが、ブレーカーを着るほどでは無かった。
私は下山開始。滑って転倒しないようにゆっくり、いつもより幾らか歩幅を小さくして下った。マテ分岐を過ぎて山頂で一緒だった人を追い越した。更に下で、登る時に駐車場に着ていたご夫婦が下っているのを追い越した。時間がかかり過ぎて途中から引き返したと言っていた。最後の水場を過ぎて、私の気配を感じたのか若い男の人が道の横に避けて立っていた。「すみません!どうも・・・」っと言ったが無言だった。そういえば登る時に上の方ですれ違った人だ!っと服装で気がついた。その時も無言だったな!下ってから分かったが、湘南ナンバーのアクアで男二人で来たが、先に一人が下り、置いて行かれて意気消沈していたのかもしれないなぁっと感じた。
他人の人間模様を勝手に想像するのもおもしろい。
帰路の途中、十和田観光のバスの後になった。その前は国際興業のバスだった。十和田観光のバス数台ともすれ違った。私の前を走っていたバスは、1台がハタハタ館へ、もう1台が峰浜の道の駅に入っていった。

 
山頂での自分撮り(暗い!)  マテ山への稜線と右手の艫作岬 


D2014年9月27日(土)晴れ時々曇り

今回の通過タイムの記録
<登り>
登山口駐車場06:55→記帳所07:03→二股分岐07:25→最後の水場07:52→マテ山分岐08:18→大峰分岐09:21→山頂09:33(昼食・休憩)10:05→
<大峰岳方面>
大峰分岐10:21→1122mピーク11:00→11:36大峰分岐
<下り>
大峰分岐11:45→マテ山分岐12:40→最後の水場13:05→二股分岐13:27→記帳所13:50→13:56登山口駐車場

今月3度目の白神岳!何かバリエーションをっと思って、大峰岳方面へ少し行ってみようかと思って予定を立てた。
大峰岳まで往復を考えると9時間行動かな?っと思い、7時出発だとすると下山は午後4時で薄暗くなりかけるかなっと少し心配だった。
駐車場に着いて車の多さにビックリした。その中に見覚えのある車があった。ナリユキさんの車だ!
出発時点で、私の車を入れて15台の車があった。6時55分駐車場を出発。次から次へと多くのパーティの人達を追い越しながら登り続けた。大峰分岐付近でナリユキさんに電話をしたら、二股コースを登っていて1020m付近だと言っていた。山頂で合流することにして、私は9時33分山頂に着いて、おにぎりを食べながら待った。岩手山やうっすらと鳥海山が見えるほど展望は良い。間もなくナリユキさんが到着。相変わらず速い!一緒に、大峰岳方面に行こうということになって出発。大峰分岐から直進した。ナリユキさんに何度も大峰から「十二湖へ下れ!俺は戻って車で迎えに行くから・・・」っと言われたが。、それだけ甘えるわけにはいかない!っと断り続ける。結局、大峰岳まで行くこともなく、11時ちょうどに1122mピークまでで戻ることになった。私としてはこれで十分満足出来た。ナリユキさんはどうだったか?
大峰分岐で少し休み、下山開始。紅葉にはまだ少し早いが、あちこち少し紅葉した所を写真に撮る。マテ山分岐で残りのおにぎりなどを少し食べて下る。最後の水場、二股分岐などを通過して13時50分記帳所、13時56分登山口駐車場に着いた。ナリユキさんが日陰に車を寄せ、お湯を沸かしてカップ麺を食べようとしたので、私も一緒した。久しぶりにいろんな話が出来た。それも今日の収穫であった。新潟の柏崎から来たというご夫婦に、白神岳のことを聞かれたので地図をあげて説明させていただいた。今日は道の駅に泊まり、明日登って、明後日は森吉山へ行くと言っていた。
帰路につき、ナリユキさんがハタハタ館に寄っているのを見て、私はそのまま自宅へ向かった。
自宅へ着いたら、TVのニュースで御嶽山の噴火のニュースをやっていた!来週行くか行かないか迷っていたが、これで行かないことに決まった!残念!!! 
登山者で賑わう山頂  1122mピークから大峰分岐へ向かうナリユキさん