トップのページへ 白神山地のページへ @の記事のブログへ Aの記事のブログへ
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

@2013年4月13日(土)単独行

A2013年7月 2日(火)単独行



@4月13日(土)曇り時々晴れ
コースタイム
<登り>
登山口駐車場08:06→08:13記帳所→08:40二股分岐→09:17最後の水場→09:59標高850mの尾根→11:04大峰分岐→
11:18山頂(避難小屋に入り昼食)
<下り>
山頂避難小屋12:02→12:20大峰分岐→13:09標高850mの尾根→13:25最後の水場→13:56二股分岐→14:22記帳所→
14:27登山口駐車場

個人的な事情でなかなか思い切って山へ行くことができず・・・と言っても1月から3月に何とか8回は出掛けているが、すべて田代岳と森吉山へBCスキー!
今日は白神岳へ!と家を飛び出したら雨が降ったのか?路面が濡れていた。遠くに白く白神岳が見えたのでホッとして国道101号線を北上した。朝食を食べながら、いつもとは違う自分があった。何となく気が重い・・・なんで朝早くから山へ向かっているんだろう?どうせ苦労して登っても、いつもの山頂といつもの風景があるだけなのに・・・少し鬱かな?
登山口で準備していたら青森ナンバーの旧フォレスターが着いた。2人の男性が車を降りて準備を始めた。私は先に8時6分出発。記帳所に着いたら横に車があった・・・?ゆっくりゆっくり歩いて冬道はパスして二股分岐のある夏道に進んだ。二股分岐と最後の水場の間は7割ほどが雪上の道になっていた。時々ズボッと穴が開いて落ちるので歩きにくい。でも1週間ほどすると消えるだろう・・・最後の水場を通過したら全面雪だった。夏道を辿らず、上部の尾根目指して斜め右方向に登って標高850m付近の尾根に着いた。
私の先を行くつぼ足の人が・・・1100m程の所から主稜線直下の急斜面を登る姿が見えた。記帳所横にあった車の主のようだ。風が強く寒いので、ここで雨具上下を着込む。一部ガリガリの凍った斜面をスノーシューのクランポンを効かせて登って大峰分岐に着く。向白神岳や岩木山が見えて寒々とした風景の白神岳山頂へ向かった。11時18分山頂で写真を撮り、先客のいる避難小屋に入った。昼食を食べながらポツリポツリと会話をして先客は下山して行った。少し遅れて避難小屋から出たらもう姿は見えなかった。速い!風が強くなり、時々雪煙が舞っていた。手がかじかむのを我慢して写真を撮り、主陵緯線を進む。今季は踏めなかった向白神岳に何度も何度もカメラを向けた。この頃は今朝の鬱状態のことは忘れていた・・・
あとは下るだけだ。氷化しているところは慎重にクランポンを突き刺して・・・1000m付近を下っていたら登山口で一緒になったお二人が登ってきた。メインザックを背負い、明らかに小屋泊まりと分かる。少し会話するが、要は避難小屋の状態確認だった。
暑くなって雨具上下を脱ぎ、850m付近の稜線から下る場所ではスノーシューも脱ぐ。気温の上昇で雪の表面が少し腐りかけ急斜面でもキックステップで十分安全になっていた。快調に下り最後の水場に着き、登りでも歩きにくかった道を二股分岐まで進んだ。福寿草の群落で気持ちを和ませ14時27分登山口に着いてホッとした。記帳所横の車は無かったが、駐車場に車が4台も駐まっていた。前にもそう思ったが記帳しないで入山する人が多いようだ。いったい記帳は何の目的に使われるのだろうか?とても一般に行われている遭難対策とは縁遠いような気がするのだが?であればあえて記帳する必要は無いのかも・・・
標高1100m付近の登り
霧氷が着いた樹木の間を進む先行者の足跡がある
山頂から見た寒々とした風景
山頂の標識の後方に避難小屋とトイレ
最後の水場から尾根までのコース(GPSデータによる)
登りで歩いたコースより下りの方が緩やかで安全であった


A7月2日(火)晴れ時々曇り
コースタイム
<登り>
登山口駐車場06:46→06:54記帳所→07:19二股分岐→07:36一の沢→08:04二の沢→08:04三の沢→
08:09二股徒渉(1回目)→08:11二股徒渉(2回目終了・休憩)08:15→08:55標高点(872m・休憩)09:05→
09:48山頂(休憩・早めの昼食)
<下り>
山頂10:12→10:27大峰分岐→11:13マテ山分岐→11:30最後の水場→11:51二股分岐→12:14記帳所→
12:20登山口駐車場

しばらくぶりに白神岳へ・・・6月は千メートルを超える山に行っていなかった!まとまった時間が無く日々のジョギング(15回で総距離130km余り)と七座山のみになった。私にとってはあり得ないことだった。
まあそういうことだったが、今日は登山口を6時46分に出発した。秋田・青森・関東エリアの車が駐車していた。
記帳所から直ぐ先の所に靴の泥(他地域の植物の種子)を除くブラシ状のマットが敷かれていた。どれほど効果があるんだろう?でもやらないより良いのかもしれない。鳥などの動物が運ぶのはどうしようもないが・・・
空は雲が移動して雲間から日も指していた。山頂部は見えるがすっかり夏の空になった。久しぶりだったのでゆっくり歩き始めた。
二股分岐では予定通り二股コースへ進む。一の沢を通過してからザックのウエストベルトに付けていたボトルがゴロンゴロンと沢の方へ!止まれー!っと思いながら眺めていたがヤブの中へ入り見えなくなる。仕方なく急斜面を下り、幸いにもヤブの中から拾った。登り返しが大変だった。こういう失敗を何度繰り返しただろうか・・・装着位置を変えてザックに固定した。
三の沢を通過して、1つ目の徒渉地点に細い丸太が2本!かえって怖いかな?落ちても深くないから丸太橋の下を渡りたいが、恐る恐る丸太の上を歩いてみた。2つ目の徒渉はいつもの通りであった。大股で岩を渡っていたらヌルヌルの岩でツルン!そしてドボン!冷たくて気持ち良かった!負け惜しみか?歳と共にバランス感覚が???少し休んでから急斜面取り付いて喘いだ。872m標高点でひと休み。最後の急斜面を登っていたら下ってきた男の人とすれ違った。最後の斜面で苦戦して視界が開けたらニッコウキスゲが咲いていた。間もなく山頂に着いた。山頂には女の人が1人ポツンと休んでいた。東京から来たと言っていた。その後大館から来たという若い男の人が到着。そういう中で昼食を食べながら過ごして10時12分下山開始。山頂トイレから大峰分岐の先までニッコウキスゲとイブキトラノオのお花畑だった!
あとは下るだけ・・・下るにしたがって暑くなる。途中登ってきた男の人2人とすれ違った。12時20分駐車場の車に着きドアを開けたら熱気があふれ出した。シートは熱くて触れなかった。山行中に補給した水分は1.2リットルほどだった。帰路の途中、近くの自販機に寄ってコーラをがぶ飲みした!いつものアイスは帰宅後冷凍庫からみぞれのアイスをいただいた!
相変わらずの山頂からの眺め 主陵線上にはニッコウキスゲとイブキトラノオが咲いていた