トップのページへ 白神山地のページへ この記事のブログへ
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

2012年11月16日(金)単独行(登り:二股コース・下り:マテコース)



11月16日(金)曇り後雨

コースタイム
<登り>二股コース
登山口駐車場08:31→08:38記帳所→09:01二股分岐→09:42二股徒渉終了地点09:52→10:33(872m)標高点10:42→11:35山頂11:41→11:42山頂避難小屋
<下り>マテコース
山頂避難小屋11:56→12:08大峰分岐→12:45マテ山分岐→13:03水場→13:21二股分岐→13:31記帳所→13:35登山口駐車場


しばらく家を空けることも出来ずイライラが続いた。我慢出来ず、エイヤーっと家を飛び出した。まあ近場の白神岳へ・・・天気はどうでも良かった!
登山口駐車場に着いたら「民宿しちのへ」と書いたRV車が1台あった。新品のORのスパッツをはいて出発。
記帳所で記帳して登り始めるが、ジョギングで痛めた右足のふくらはぎが少し違和感がある。木々の葉が落ちて見通しが良くなった。二股分岐で迷わず二股コースへ。順調に歩いて少し水量が多い二股で徒渉して休憩。エネルギー補給。急な尾根を登り872m標高点が近づいたら雪が結構積もっている。雪が多くなって標高点に着き雨具の下も履く。更に雪が多くなり、笹や枝に付いた雪が落ちてくるので雨具のフードもかぶる。園芸用手袋はビショビショに濡れている。手も冷たい。標高1000mを越え溝状になった登山道は最悪だった。雪が積もり穴になったり、登山道両側の笹や灌木が雪の重みでかぶさり、道をふさいでいる。膝をついて進んだり、かき分けながら登った。11時35分ようやく山頂に着く。まずは濡れた手袋を冬用の手袋に交換。それからカメラを構えた。避難小屋の方から人の声がする。避難小屋へ移動したら、何とタロンペさんがいた。他に男女2人の方がいたが、この時はタロンペさんの仲間だと思った。記帳所に着いてから、駐車場にあった「民宿しちのへ」の方達であった事がわかった。寒い寒いと言いながら、3人そろって下山して行ったので、小屋の中に入りおにぎりを食べ、私も後に続いた。小屋を出たら、雲が徐々に下りてきて先ほどのような展望はなかった。マテ山への稜線への下りでは結構雪が滑る。いよいよ雪のシーズンだ!間もなく男女2人の方を追い越す。マテ山分岐で雨具の下を脱ぐ。水場近くなったら雨がポツリポツリと落ちてきた。水場の水をゴクリと飲んで先を急いだ。二股分岐が近くなり、何となくトレランのように走ってみたくなり、ゆっくりであったが足場の良い所だけジョギングしてみた。なかなか良い!二股分岐通過後も所々ジョギング状態で下った。トレランも楽しそうだと感じて記帳所に着いた。タロンペさんが直ぐ前に記帳したようだった。13時35分駐車場に着いたらタロンペさんも着いたばかりのようだった。雨と汗で濡れた身体だったが、着替えもせず、車のヒーターを強めにして帰路に着いた。山頂部は雲の中で見えなくなっていた。
二股の2度目の徒渉を終え下流側を撮す
前方下流で右から左へ徒渉する
手前木に白い看板がある所で前方から手前へ徒渉する
地形図上872mの標高点のある所
結構雪が多く予想以上だった
山頂に着いていつものようにセルフタイマーで
後方の向白神岳の尾根に日があたっている
岩木山は後方に黒くシルエットになってすそ野が見えた
大峰分岐からマテ山への尾根を少し下って前方を撮す
かなり先まで雪が付いている
日本海の一部に日が差して、まずまずの天気のようだ