トップのページへ 白神山地のページへ
@の記事のブログへ  Aの記事のブログへ
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

@2012年10月 4日(木)単独行(登り:二股コース・下り:マテコース)

A2012年10月22日(月)単独行(登り:二股コース・下り:マテコース)



10月4日(木)晴れ時々曇り

コースタイム
<登り(二股コース)>
登山口駐車場07:44→07:50記帳所→08:12二股分岐→08:26一の沢→08:38二の沢→08:46三の沢→08:51二股→09:28(872m)標高点09:32→10:08白神岳山頂→避難小屋(昼食)
<下り(マテコース)>
避難小屋10:36→10:47大峰分岐→11:31マテ分岐→11:47最後の水場→12:09二股分岐→12:30記帳所→12:35登山口駐車場


台風19号の影響が出る前にと思って白神岳へ・・・ゆっくりでも良いのだが少し早めに出かけた。車の中で朝食を食べようとしたが、むかむかする。おにぎりは止めてサンドイッチだけにした。
登山口の駐車場に着いたらマイクロバス1台と乗用車が数台駐まっていた。準備をして7時44分出発。記帳所で記帳して進もうとしたら、二股コースが崩落のため通行出来ないという案内が・・・?どこが崩落したんだろうと思いながら・・・そのまま二股コースへ進む。マテコースよりは荒れているがいつもと余り変わりはなかった。もしかしてクレームがあったのだろうか?その対応で仕方なくこのような案内を出したのかも?
順調に二股の徒渉を終え急な登りになる。時々ザザーッ!と風が通り抜けていく。風があった方が気持ちが良いが風が無くなると暑い。山頂近くになったらガス(雲)がかかり視界が悪くなる。10時8分誰もいない山頂に着く。時々風が吹くので避難小屋に移動し、お湯を沸かして、おにぎりをカップラーメンの汁で落としてやった。まだむかむかする、何だろう?誰も登って来ない?あんなに車があったのに?10時36分下山開始。相変わらず視界が悪い。主稜線上で男性1人とすれ違う。大峰分岐から下ると段々視界が良くなる。やがてガイド付きの集団が登って来た。私はしばし待機!数人の人に握手を求められた?私よりは少し歳上のような気がしたが・・・?更に男性1人とすれ違ったら、標高1100m付近で男女2人が座って何か食べていた。「こんにちは〜」っと言ったら「早いですね!」っと返された。急いでいるわけでもないが、まだ午前中だったからだろう。標高1000m付近で女の人とすれ違って直ぐに男の人とすれ違いざま「ポン!」と肩をたたかれ?良く見たら、おおお!原田(恭)氏でないか!久し振りだった。「連れと一緒なので・・・」っと。ああ前にいたのが奥さんか!少し話をして分かれた。マテ分岐手前で猿の集団の遭遇。分岐に着いたら、山ガールが1人小屋泊のようなザックを背負って登って来た。コースを聞かれて案内した。水場まで来たら、山ボーイがでがいザックをドカッと置いてスマートフォンをいじっていた。私は水をガブガブ飲んで下った。その後はいつもの静かな山道だった。12時30分記帳所で記帳して、駐車場に着き靴を履き替えて、先ほど鳴った携帯を見たら、nariyuki氏からであった。タロンペ氏と無事に羽後朝日岳山頂に着いたという内容だった。下山は気を付けて!っと思いながら、残っていたおにぎりを食べながら一路コンビニを目指した・・・アイス!
二股の2度目の徒渉を前に上流側を撮す
右の沢が母沢、左の沢が種蒔苗代沢
少し右寄りを徒渉して中央部を登る
山頂に着いたが人影もなくセルフタイマーで・・・
かろうじて避難小屋が左手に見える
岩木山も向白神岳もガスの中では見えない!
大峰分岐から少し下った位置で山頂部を撮したが
左から右へ雲が流れ見ることが出来なかった
左の写真とほぼ同じ位置から日本海側を撮した
右手に岩崎の街と艫作岬が見える
何となく紅葉してきたような感じがするが?


10月22日(月)晴れ後曇り

コースタイム:場所によっては写真撮影に時間がかかり距離や傾斜と歩行時間が比例していません。
<登り(二股コース)>
登山口駐車場07:43→07:48記帳所→08:13二股分岐→09:10二股0919→10:08(872m)標高点10:16→11:02山頂(昼食)
<下り(マテコース)>
山頂11:30→11:48大峰分岐→13:01マテ分岐→13:28水場13:40→14:14二股分岐→14:39記帳所→14:45登山口駐車場


タロンペ氏から白神岳の紅葉情報が入った!そこで早速白神岳へ・・・
登山口駐車場に結構沢山の車が駐まっていた。私の車の隣は名古屋ナンバー、1台おいて所沢ナンバー・・・そこへ不老不死温泉のバスがやってきて、沢山の登山客が下りてきて準備体操を始めた。そんな中、私は7時43分出発。二股コースは崩落しているとの看板は相変わらずあったが、敢えて二股コースへ・・・二股分岐にはピンクテープが貼られていたが・・・その二股コースを歩いていたら青年が下山してきた。10月4日にもこのコースで歩いたが、ほとんど変わっていなかった。なぜ通行禁止にしているんだろう???理解出来ない!何か事情があるんだろうが・・・
二股を過ぎ、972mの標高点付近の紅葉が一番綺麗だった!せっかくデジイチを首から下げて登って来たので何枚も写真を撮る。11時2分誰もいない山頂に着いてゆっくりおにぎりを食べる。避難小屋周辺から1人下山して行ったが、もう1人の方が山頂に来て話しかけられた。巡視員の岩谷氏であった。「誰か登って来たようだけどこっちに来ないんだよな!」っと言われ、私もそう感じていた。お別れを言って下山開始。主稜線上にある祠に近づいたら、祠の前にしゃがんで一心不乱に拝んでいた?この後、岩谷氏と再度合流して聞いた話だが、数十分しゃがんで何かをやっていたようだ。不思議な感じを持った。
この後は、岩谷氏とともに山の話しをしながら登山口駐車場まで下り、挨拶をして別れた。駐車場の私の車の隣にはnariyuki氏の車が駐まっていた。同じことを考えていたんだ!自宅のある能代市が近づいたら携帯が鳴った!空は青空から薄く雲が覆い始めていた。

二股コースの尾根の872m標高点から見た山頂方面 二股コースの尾根の872m標高点付近の紅葉
山頂から見た避難小屋・向白神岳の尾根・岩木山 白神川にかかる国道の橋から見た山頂方面
ポツンと山頂トイレが見え、その右が山頂