トップのページへ 白神山地のページへ この記事のブログへ
白神山地大川(青鹿岳西側)の遡行

9月14日(金)晴れ:4人パーティ

ガイドの西口氏tukaken氏nariyuki氏・私
の4人で白神山地の青鹿岳の西側を流れる大川の遡行に出かけた。ここは、白神山地世界遺産地域に入り、指定ルート27番にあたる。事前届け出でが必要だ。
能代市を5時頃出発、途中で西口氏を迎え、鰺ヶ沢から岩木山周回道路・津軽ダム工事現場を通って大川林道に入った。nariyuki氏には大変ご苦労をおかけして3時間余りのロングドライブを楽しんだ。
林道終点で準備をして大川へ下り8時38分出発。同時に、業者の方が大川にセンサーカメラを設置工事に出発した。大川を25分程上って、業者の方が樹にハシゴをかけてカメラの設置工事を始めた。
我々はそのまま先へ進んだ。冷たい水の流れる大滝又沢が左に分岐して、我々は右へと進む。やがてタカヘグリのゴルジュ帯に入る。水深が深くなり進退を考えたが、私が右岸を泳いで渡ったら、tukaken氏が左岸側を腰上から胸下ぐらいの深さの所で進んできた。これで先へ行くことになった。時間がかかり目的のヨドメの滝やその先には行けそうもないので、12時頃オリサキ沢手前で昼食を食べて下ることになった。12時36分下降開始して、15時10分大川林道の車の所に着いた。暑い日であったが、涼しい沢歩きに満足して、岳キミを買ったり、日本海の夕陽を見ながら、長いドライブを楽しんだ。




大川林道からの下りの途中、下方に大川を望む
(下流方向)
広い河原を進む
折畳み式のハシゴを背負いセンサーカメラ設置工事の人が先に行く
ゴルジュ帯(タカヘグリ)に入り両岸が狭くなる
ここは左岸をへつれば何とかなる
ゴルジュ帯(タカヘグリ)の中には
日も差さない薄暗い所もある