トップのページへ 白神山地のページへ この記事のブログへ
笹内川を遡行して白神岳
(1231.9m)一等三角点

8月27日(金)晴れ:4人パーティ

<コースタイム>
笹内川・東北電力笹内堰堤06:00→06:26四ノ沢目合流点→06:52魚泊ノ滝07:00→08:10石門→10:05二股10:18→12:12標高960m付近(昼食)12:40→13:25標高1060m付近の20m程の滝→14:46登山道に出る→14:51山頂15:30→18:10登山口駐車場


毎日暑い日が続きうんざりの日々です。そんな時、nariyuki氏から沢登りの誘いがありました。
それも白神山地の世界遺産エリア内の指定ルート8番のコースだということでした。
メンバーは岩崎のガイド西口正司氏と塚本氏・nariyuki氏と私の4人。下山予定の白神岳登山口に私の車を置いて、nariyuki氏の車で笹内川の東北電力笹内堰堤に向かった。
笹内堰堤脇に車を駐車して6時出発。広い河原歩きから始まった。連日の暑さも感じることも無く気持ち良い!
四ノ沢目、双暗ノ沢等の枝沢を左右に見ながら進むと前方に魚泊ノ滝が現れる。この滝は技術があれば登れるのかもしれないが、我々高齢者隊は右手前の沢を少し登り、尾根越えをして滝の上流に下りた。この先の石門(ゴルジュ帯)でも少し苦労したが難なく突破。9時過ぎ沢が広くなって休憩。更に進むと二股に沢が分かれるが、この沢の選択が難しい。左の沢に大きな滝が見えたら戻って手前右の沢を登る。ただ、左の沢の直ぐ右に小さな沢があるので要注意!手前の水量の多い沢を選択!間もなく階段状の滝になり高度をどんどん上げていく。上部の稜線らしきものが見え、960m付近で昼食をとる。小滝を何カ所か越え、1060m付近の20m程の滝を右のガレ場から高巻いて沢に戻ると、沢は狭くなり枝沢がどんどん分かれていく。これを間違えると大変なヤブ漕ぎになる。我々は一度ヤブ漕ぎになり少し下って仕切り直しして、再度小沢を見極めながら登って14時46分白神岳主稜線上の登山道に出た。暑い山頂で靴を履き替えたり写真を撮ったりしながら休み、15時30分下山開始、ゆっくりマテコースを下り18時10分登山口駐車場に着いた。この後、笹内川へnariyuki氏の車を取りに戻らなければならなかった・・・早くアイスを食べたい!早朝4時に自宅を出て、アイスを食べて帰宅したら夜の8時になっていました。長い一日がようやく終わりました。

写真はすべてnariyuki氏のカメラで彼が撮った写真です。私はカメラを下山口駐車場に置いた車の中に忘れてしまい、1枚も写真を撮ることが出来ませんでした。nariyuki氏に感謝!感謝m(_ _)m
魚泊ノ滝の前で 石門(ゴルジュ帯)の核心部
小滝が続く ようやく山頂に着いて記念の写真を撮る