トップのページへ 白神山地のページへ
@の記事のブログへ  Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

@2012年 6月15日(金):途中から5人パーティ(登り:二股コース・下り:マテコース)

A2012年 6月25日(月):単独行(登り:二股コース・下り:マテコース)

B2012年 7月18日(水):単独行(登り:二股コース・下り:マテコース)



@6月15日(金)晴れ

コースタイム
<登り(二股コース)>
駐車場08:20→記帳所08:28→二股分岐08:55→二股09:52→10:40(872m)標高点10:48→11:35山頂(昼食)
<下り(マテコース)>※写真を撮りながらゆっくり下った。
山頂13:00→大峰分岐13:19→マテ分岐14:41→最後の水場15:24→二股分岐15:58→記帳所16:24→16:30駐車場


天気の良いうちにっと昨日の森吉山に続いて白神岳へ行く予定だった。nariyuki氏から同じ日に数人で行くよ!って聞いていた。
登山口駐車場に着いて準備。駐車場には多摩ナンバーのマイクロと山形ナンバーの乗用車。nariyuki氏の車は無かった。8時20分出発。記帳所で記帳して、登りは二股コース、下りはマテコースと決めた。
二股分岐から二股コースに進み、2度の徒渉をして二股に着いた。水量は特に多くもなく問題無かった。いよいよ急登になる。じっくり登ることにしていたので、一歩一歩確かめるように歩みを進めた。やがて下の方から鈴の音と人の声らしい音?が聞こえた。その後、鈴の音も聞こえなくなって872mの標高点で休んでいたら、また鈴の音がして塚本氏が現れた。nariyuki氏の一行(3人)はマテコースを登っているという話しであった。その一行とは?っと聞いたら、能代市にあるスポーツ施設のインストラクターのOさんと館長のHK氏だと言う!エッ?っと・・・ちょっと驚いて山頂に向けて辛い斜面を登り始めた。採石のような石が転がる溝の急坂を登ると、展望が開けてチシマフウロやハクサンチドリが咲く斜面になる。間もなく11時35分山頂に着いた。男の人がひとりいたが、やがて下って行った。塚本氏と昼食を食べ終わったら12時16分頃マテコースを登ってきた3人が着いた。一緒に休んで13時5人で下山開始。沢山の花やブナ林の風景を写真に撮りながらゆっくり下り、16時30分暑い登山口駐車場に着いた。ご苦労様でしたm(_ _)m
駐車場に居た長岡ナンバーの車の人に「アイゼンの必要性」について聞かれたが「全く必要ない!」ことを伝えた。私の地図をあげて二股コースについて説明した。明日登ると言っていた。天気に恵まれますように!
4人はnariyuki氏の車に乗り、私は代車のヴィッツで乾いた身体を潤すべく、コンビニに直行!あ〜美味かったぁ(*^_^*)!
山頂に着いて1枚目の写真。霞んでいたが岩木山も見えた。
マテコースの下りでのブナの新緑


A6月25日(月)晴れ

コースタイム
<登り:二股コース
登山口駐車場08:28→記帳所08:36→二股分岐09:00→09:46二股09:50→10:30標高点(872m)10:35→11:15山頂
<下り:マテコース>
山頂11:39→大峰分岐11:53→マテ山分岐12:40→12:58最後の水場13:03→二股分岐13:21→記帳所13:46→13:52登山口駐車場

天気予報が山へ行こう!と呼んでいる!15日に行ったばかりだけどニッコウキスゲがそろそろかな?っと思って出かけた。スキッとした青空!県境付近のチゴキ灯台で鳥海山をカメラでとらえた。海が青い!
登山口の駐車場に着いたら車が沢山、前日に行事があったらしく深浦町の白いイベント用テントがあった。雨が降ったのか駐車場は水浸しになっていた。
いざ出発!登山道が少し濡れていてぬかるんでいる所もあったが大して問題無い!ズボンの裾が汚れる程度・・・順調に二股コースへ進む。二股は少し増水していたが徒渉には差し支えなかった。二股の急坂の登りは、いつも標高点(872m)までの前半が辛い!なぜだろうか?気持ちのせいかも・・・
11時15分山頂に着いたら4人パーティの方々が休んでいた。話を聞いたら東京から来たということだった。昨日は八甲田、今日は白神岳、明日は岩木山に登り、飛行機で帰るということだった。遠い所からご苦労様だ!彼らも二股を登って来たようだった。前方の尾根を下って行く人達が見えた。昼のおにぎりを食べて、お別れを言って私は下山開始。ニッコウキスゲやエゾイブキトラノオ?、チシマフウロなどの花が咲いていた。単独行の女の人、4人パーティの同世代の人達(今晩山頂小屋に泊まるので水場は?っと聞かれた)とすれ違い、ご夫婦、男女4人パーティを追い越して、暑い記帳所で下山の記帳をして、駐車場に着いた。車の中は蒸し風呂状態だった。この天気だもんな〜!いつものようにコンビニに直行した(*^_^*)
二股の徒渉地点。いつもより少し水量が多いかもしれない。前日までの雨による増水かと思われる。
山頂に着いてセルフタイマーで!東京から来たという方々が手前に写っている。清々しい空だった!


B7月18日(水)晴れ
コースタイム
<登り:二股コース>
登山口駐車場07:52→記帳所08:00→二股分岐08:24→09:13二股09:21→10:01(872m)標高点10:10→10:57山頂
<下り:マテコース>
山頂11:13→大峰分岐11:29→マテ分岐12:21→最後の水場12:41→二股分岐13:06→記帳所13:26→13:32登山口駐車場



天気が良さそうだったので白神岳へ・・・
登山口駐車場に着いたら、姫路ナンバーの車が1台だけ。駐車場は水浸しになっていたが、1カ所だけ乾いていた所があったのでそこへ車を駐める。
準備して8時に出発。暑い!記帳所で記帳して樹林帯に入る。日差しは遮られるが、無風で蒸し暑い!二股分岐から二股コースに入る。順調に進むが、全身汗びっしょり!一ノ沢も二ノ沢も水量がいつもより多め・・・二股の徒渉地点もいつもより多かった。もうこの時点で全身汗でずぶ濡れ(>_<)いよいよ急斜面・・・昨日見た「山と渓谷」の8月号にはこのコースが「日本の名急登100」に選ばれていた。二股〜山頂間の平均斜度が14.0°と書かれていた。
登りがいつもより苦しい・・・体調が悪いのか?蒸し暑いのか?両方か?帽子のつばから汗がタチタチと落ちている。いつもは山頂まで500mlのスポーツ飲料が余るのに、今回は872mの標高点で2本目に手が付いた。苦しい登りだった!誰もいない山頂に着いた時には脱水状態だったのか?グッタリ!山頂も無風!暑い!少し休んで、早かったので昼食は後にして下ることにした。下りはマテコース。ニッコウキスゲやイブキトラノオはそろそろ終わりかけていた。ただただ水分を補給しながらゆっくり下った。マテへの尾根に下り始めたら少し風が出てきた。最後の水場でガブガブ水を飲み、二股分岐を過ぎて下っていたらでかい犬を連れた夫婦に会った。ちょっとビックリしたが〜多分この時間から山頂に行くのではないでしょう!下山を記帳して駐車場に着いたら、私の車の隣に福井ナンバーの車が、少しは離れた所に習志野ナンバーの車が駐まっていた。姫路ナンバーの車はもう無かった。車の窓を全開にして着替えて帰路についた。我慢出来ずに近くの自動販売機でジュースを買ってガブ飲みした!暑い時の山は不得意だな〜!もっと高い山へ行くべきだったかな?nariyuki氏塚本氏は鳥海山のようだった。

山頂を独り占め!手には新しくシナノのトレッキングポールDL135。岩木山は霞んでいた。
山頂から大峰分岐への尾根の上で・・・イブキトラノオやニッコウキスゲがそろそろ終わりか・・・