トップのページへ 白神山地のページへ この記事のブログへ
白 神 岳 ・ 向 白 神 岳
(1231.9m)一等三角点
・(1243.0m)?等三角点

2012年 4月20日(金):2人パーティ)快晴


コースタイム
<登り>(総距離10.50km)・・・GPSデータによる

駐車場05:37→05:43記帳所→06:13二股分岐→06:44最後の水場→07:29大峰分岐まで1.8kmの標識→08:38大峰分岐→08:51白神岳09:08→11:18向白神岳
<下り>(総距離10.25km)・・・GPSデータによる
向白神岳12:00→14:01白神岳避難小屋横14:09→14:22大峰分岐→15:15最後の水場→15:49二股分岐→16:18記帳所→16:25駐車場
※登りと下りの距離が違うのは、下りで白神岳山頂には寄らなかったこと、尾根から水場へのルートが違ったからだと思います。

4月20日(金)快晴
前日の19日、向白神岳へ行くための買い出しにイトク能代南店で買い物していたら、突然目の前にnariyuki氏が!今メール出したんだけど、ここにいるなんて・・・っと?「明日、向白神岳へ行かない?」「え!俺も行くんだよ!」「だったら一緒に!」っということで・・・登山口に5時半で!っと分かれる。・・・こんな偶然もあるんだ!?
私は世界遺産に指定されてからコアエリアには入山出来ないのだと思っていた。しかし、先日、白神山地世界遺産センターの入山手続きのページを見たら、既存の歩道は入山出来ると書いてありました。無知だった!世界遺産に指定される前に3回登っているが、指定されてからは入山を控えていた。直ぐに向白神岳へ行く準備をした。

早朝101号線を黒崎へ向かっていたら、雲ひとつ無いスッキリした空が次第に明るくなってきた。登山口に着いたらnariyuki氏がいた。コンビニに駐まっていた私の車を見て通過してきたようだ。登山口駐車場には青森ナンバーの車が1台。小屋泊まりかな?
準備して5時37分出発。スノーシューはザックに固定して背負った。冬道の分岐地点まで来たが雪が無い!仕方なく夏道を進む。二股分岐を過ぎてマテコースへ。最後の水場で小休止。ここからの登りでスノーシューを履く。この先は私のサイトにある地図のB〜Cのコースをたどる。実際にはCではなくかなり手前の尾根(858mピーク付近)に上がった。雪の状態を見て良いコース選択をした方が良い。雪もしまっていて順調に登り白神岳山頂には8時51分に着く。写真を撮ったり、行動食を食べたりして休憩。9時8分向白神岳へ向けて出発。天気が良く気持ち良い。気温が上がってきて雪が腐り始めていた。突然携帯が鳴りwakky氏から電話が・・・彼も山へ行きたいだろうな!特にこんな天気だからな・・・玄関岳はピークの少し下をトラバースした。向白神岳側の尾根が近づいてきたら人が下って来るのが見えた。結局すれ違うこともなく通過。なぜ?彼が尾根の南側にある1122mピークに足を伸ばした間に我々は通過して先へ進んだ。徐々に向白神岳が近づき、登りの度に喘ぐ。ようやく11時18分向白神岳山頂(1243.0m三角点)に着く。写真を沢山撮りながらのんびり昼食を食べる。私は4度目、nariyuki氏は3度目の向白神岳だ!「あとは来ることもないかな?」っとお互いいに!のんびりした後、12時丁度、白神岳へ向けて出発。下りはまあまあだが登りになると辛い!アップダウンを繰り返し、玄関岳はピークを踏んで、白神岳への最後の登りでは喘いだ。14時1分山頂小屋の横に着く。小休止して下山開始。雪が腐りドボドボに埋まる所もある。急斜面では、表面の雪が流れ滑ってしまう。途中でメインザックを背負った男の人とすれ違う。明日、向白神岳へ行くというのでコース状況を教える。雪解けが進み、数日後にはヤブが出てくるだろうが、明日はギリギリ大丈夫だろう!という内容だったかと思う。マテへ伸びる尾根を下り途中(858mピークのかなり手前)から左の斜面を下る。登った時のコース(858mピーク付近に登った)の方が良かったような気がする。水場で少し休み、スノーシューをザックに固定する。二股分岐を過ぎて下って行くとカタクリ・フクジュソウ・キクザキイチリンソウ・エンレイソウなどが咲いていた。2人ともシャッターを何度も切る。16時18分記帳所で下山を記帳し、16時25分駐車場に着いた。「アー疲れた!」っと言いながら、3月16日の焼山よりは楽だったな!っとお互い感じた。私はアイスを買いにコンビニに急いだ!

今回歩いた最後の水場と尾根の間を赤線で地図に示してみました

登りでは朝早く雪が硬かったので急でも登りやすかったと思います。
下りで使ったルートの上部は比較的緩い斜面で歩きやすかったのですが、740mから710m付近が急で、雪が腐り下りにくく感じました。
雪の状況を見てルートをどうとるのか判断した方が良さそうです。
大峰分岐から白神岳山頂への途中、向白神岳側の尾根を撮す。岩木山がかろうじて少し見える。
向白神岳のピークはこの写真では確認しにくいが、最も高そうに見えるピークの左にポチッと小さく見える。
1250mの標高点があるピーク手前のピーク(ここで尾根が少し曲がる)から望む。
三角点のある向白神岳のピークは、写真ほぼ中央のピークになる。
向白神岳山頂に着き記念写真を撮る。後方に岩木山が見える。
向白神岳から白神岳へ戻る途中、白神岳のある尾根を撮す。
白神岳山頂は尾根の左端の方にある。