トップのページへ 白神山地のページへ この記事のブログへ
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

2012年 2月22日(水):2人パーティ(登り:マテ山経由冬道・下り:白神川対岸の尾根)


2月22日(水)曇り

コースタイム
<登り(マテ山経由冬道)>
登山口手前の工事現場07:26→09:28マテ山→11:14大峰分岐→11:32山頂
<下り(白神川対岸の尾根)>
山頂11:40→12:331025mピーク13:00→17:10国道101号線(門沢川の橋)→17:20下山予定地に駐車してあった車→17:32登山口近くに置いてあった車


nariyuki氏に誘われて今季初の白神岳へ!下りのコ−スは特別に白神川対岸の(南側)尾根を下ることにした。
nariyuki氏は1月に山頂往復している。私は今季初。天気良いだろうと今日にしたが・・・どうだろう?
朝7時に下山予定の位置(白神川河口付近)に集合。1台をここに置いて1台に乗って登山口へ・・・登山口手前の工事現場最奥に車を駐めて出発。期待した天気は?空一面に雲が!時々薄日がさす。途中から冬道に入りマテ直登コースの急斜面で喘ぐ。9時半頃マテ山頂に着いて看板を見たら雪に埋もれる寸前!雪が多い!
時々日がさし雪景色が綺麗だ。マテから主稜線への尾根を進んでいたら標高900m付近にテントが?テントから先へワカンで登って行く踏み跡が・・・主稜線への急斜面手前で追いつく。昨年2月に山頂でお会いして、しばらく立ち話をしたカメラマンの府瀬川秀司氏であった。ご挨拶をして追い越す。11時14分大峰分岐を通過。山頂方向は見えたり見えなくなったり激しく変化していた。11時32分山頂に着いたが、寒くて写真を撮って前方の尾根へと向かった。これから先は初めてのエリアだ!緊張感と楽しさが入り交じった気持ち・・・急斜面では転げ落ちるように下り、小ピークの登りでは喘いだ。1025mピークに着き昼食を食べることにした。ここまで下ると風も弱く気持ち良い。一時山頂が見え写真に撮る。これから先はルートファインディングのために地図とGPSを見て下山ルートを探しながら慎重に下った。尾根が分かれていく時は、なるべく白神川に近い方の尾根で下りやすい方を選びながら歩いた。ブナからヒバになり、造林杉になったり、雑木になったり・・・16時半を過ぎて林道らしき所に出てその道をたどる。車を置いた場所へ近い所に下りようとするがブッシュや沢にはばまれ、結局林道を下り17時10分国道101号線に出る。スノーシューを脱いで車まで10分ほど歩く。更に登山口に置いた車まで移動。帰路についた時には空が薄暗くなっていた。長丁場の登山ご苦労様でしたm(_ _)m
山頂主稜線への登り(標高1130m付近)
相棒のnariyuki氏
山頂を越え南から西へ延びる尾根の1025m標高点から山頂を振り返る
前方にnariyuki氏、山頂は右から2番目のピーク
今回歩いたコースを赤線で示しました。歩いてみた結果、下りのコースはお勧め出来ません!(左端が国道101号線です)
ルートファインディングをしながら、下りに5時間半かかりました。登り4時間ほどですから、いかに大変な下りかがわかるかと思います。