トップのページへ 白神山地のページへ この記事のブログへ 
白神山地天狗岳
(957.6m)二等三角点

2011年10月13日(木)単独行
10月13日(木)晴れ

コース通過時刻(○○kmという表示は案内板に書いていた天狗岳までの距離・時刻はデジカメに記録されている時刻です。)
※同じ距離間隔なのに通過時刻がそれぞれなのでおもしろいと思って詳しいところまで載せました。当然、写真を撮ったり景色を眺めたりした時間も含まれています。
<登り>

登山口(天狗峠)09:23→5.0km09:26→4.5km09:33→4.0km09:41→3.5km09:49→3.0km09:59→2.5km10:09→2.0km10:19→1.5km10:27→
1.0km10:36→0.5km10:48→11:02天狗岳山頂
<下り>
天狗岳山頂11:17→0.5km11:31→1.0km11:44→1.5km11:57→2.0km12:09→2.5km12:20→3.0km12:30→3.5km12:42→4.0km12:50→
4.5km12:59→5km13:06→13:09登山口(天狗峠)
10月13日(木)晴れ
nariyuki氏に影響されて天狗岳へ行くことになった。このエリアは白神山地のコアエリアになっているし、クマも出そうな気がして(小心者なんです)行くのを躊躇していたところだ。天気も良さそうだ!紅葉はどうかな?朝7時頃能代市の自宅を出発。約1時間で深浦町岩崎地区の白神ライン(私は弘西林道と呼んでいたのだが)入口交差点。更にそこから約1時間で天狗峠にある天狗岳登山口。この峠は深浦町と鰺ヶ沢町の境界にもなっている。着いたら、既に3台の車が駐まっていた。1台が名古屋ナンバーで後の2台が青森ナンバー。
準備をして9時23分出発。登山口には「天狗岳まで5.154m」という案内板があり、更に0.5km毎に天狗岳までの距離を示した案内板がある。秋のさわやかな空気と紅葉が始まった尾根歩きは気持ちが良い。ぬかるみは最初の部分に少しあるだけで、他は乾燥した尾根歩きだ。アップダウンを繰り返しながら進んでいたら、戻ってきたご夫婦とすれ違った。その後、間もなく胸にクマ鈴を下げた単独行の男性とすれ違う。余りにも山々の紅葉が綺麗で何枚も写真を撮る。あと1kmという所を過ぎると徐々に登りになる。793mの標高点からは斜度がきつくなり、一気に標高差150mを登ることになる。登りの途中にある「天狗岳まで0.5km」という案内板付近で単独行の男性を追い越して11時2分山頂に着く。山頂には二等三角点の標石もあった。展望は南と西側は良いが、登って来た北側と北東が良く見えない。歩いてきた尾根を目で確かめたかったのだが・・・残念。おにぎりを食べ、写真を撮り、男性を待ったがなかなか来ない。11時17分下山開始。間もなく男性とすれ違う。下りも紅葉の写真を撮りながら清々しい空気を胸一杯に吸って歩いた。登山口に戻ったら、私の車と青森ナンバーの1台だけになっていた。車に乗り紅葉を眺めたり、写真を撮ったりしながら砂利道の白神ラインを走った。「1987年2月下旬にnariyuki氏と2人で白神岳から向白神岳を越えこの林道に下りたよな〜!」っと思いながら、尾根から林道に下りた場所を探したがはっきりわからなかった。当時は林道も荒れていたが今は比較的良くなった。あの時、林道に出てから岩崎の集落手前の憩いの家に置いてあった車に着いたのは21時20分であった。事情があって、空腹を我慢して先を急いだ辛さは未だに覚えている。霞んだ白神岳を何度か眺めながら国道101号線を能代の自宅へ向かった。
登りの途中の尾根から見た天狗岳だと思う
天狗岳だかどうだかは自信はないが・・・
天狗岳山頂
右の尾根が向白神岳の尾根、左の霞んでいる山並みが秋田県側の山々