トップのページへ 白神山地のページへ Tの記事のブログへ  Uの記事のブログへ
白神岳・大峰岳・崩山
(1231.9m)一等三角点・(1020m)標高点・(939.9m)三等三角点

T・・・・・2011年 8月27日(土):能代工業高校山岳部に同行して

U・・・・・2011年 9月9日(金)〜11日(日):高校生の登山大会に同行して


T・・・・・8月27日(土)晴れ

コースタイム
<登り(マテコース)>

駐車場08:04→記帳所08:13→二股分岐08:38→09:05最後の水場09:13→マテ分岐09:42→大峰分岐11:07→11:25山頂(昼食)
<縦走路〜十二湖>
山頂12:13→大峰分岐12:26→14:17大峰岳14:31→15:34崩山15:50→大崩16:14→青池と鶏頭場の池の間の登山口17:05→17:25リフレッシュ村

月イチ白神岳へ行こうと考えていたら・・・前日(金曜日)夕方、電話があって能代工業高校山岳部に同行することになった。
コースは白神岳へ登り、縦走して十二湖へ下るコースだが、私にとっては久々のコースだ。2002年以来だ!
山岳部の生徒5名と顧問の先生1名、そしてOBが2名に私が同行した。うちOB1名は、前日白神岳へ登っているということで、車を回して十二湖のリフレッシュ村で待機。
8時4分8名で駐車場を出発して登山開始。駐車場には我々の車を入れて11台あったが、他県ナンバーがほとんど・・・!
登るにつれて暑くて汗が滴り落ちる。最後の水場で小休止。次第にペースは落ちる。重いメインザックを背負っている生徒は大変だ!11時7分大峰分岐を通過して11時25分山頂に着く。山頂手前でしばらくぶりでガイドに来ていた佐OO昇氏と会う。山頂では、ガイドの西O氏や地元の重鎮西Oとも会う。山頂は賑わっていた。昼食を食べ、記念写真を撮って12時13分出発。大峰分岐から大峰岳を目指して進む・・・が、ヤブが多く足元が見えない急な下りでは危険を感じる。行けども行けども大峰の登りにならず、ヤブの箇所が多くいささかバテてきた頃、大峰岳への急斜面の階段を喘いで14時17分大峰岳山頂に着く。少し休んで崩山を目指す。これから先はヤブが少なかった。崩山のベンチでも小休止。携帯電話でOBから連絡があり、大崩まで登って、その後下ったということだった。あとは下りだけなので辛いながらもどんどん下り、大崩を通過して17時5分青池と鶏頭場の池の間の登山口に着く。ここから車の置いてあるリフレッシュ村まで歩き、着いた時には力が抜けた。
久々の縦走路、少しコースがヤブになっていて残念に思った。特に、大峰分岐と大峰岳の間がひどかった。
白神岳山頂での集合写真 大峰分岐から大峰岳へ向かい1210m付近から大峰岳の尾根を見る


U・・・・・
9月 9日(金)晴れ時々曇り
9月10日(土)雨後晴れ後雨
9月11日(日)雨後曇り

いつものことながら、高校生の大会に同行させていただきました。
大会は、第39回県北地区高等学校新人体育大会登山競技大会ということで、秋田県の県北地域の高校生の登山競技大会です。
今回は、いずれも青森県深浦町にありまが、白神岳と十二湖を会場に行われました。

大会の日程は
9月9日(金)
開会式(十二湖エコミュージアムセンター)
十二湖エコミュージアムセンター→八景の池→キャニオン展望所→日暮の池→十二湖リフレッシュ村(泊)
9月10日(土)
十二湖リフレッシュ村〜車移動〜白神岳登山口→(マテコース)→白神岳山頂→大峰岳→崩山→大崩→青池→十二湖リフレッシュ村(泊)
9月11日(日)
十二湖リフレッシュ村〜車移動〜十二湖エコミュージアム
審査講評・閉会式(十二湖エコミュージアム)

初日の深夜と2日目のゴール直前は雨に当たり、最終日の午前中は時々豪雨のような雨でしたが、初日の行動中と白神岳から十二湖への縦走中は天気に恵まれ無事に大会を終えることが出来ました。年々参加する選手が減少傾向にありますが、今回は4パーティ14名の参加でした。
白神岳山頂から十二湖までの長い縦走路を選手は頑張って歩き通しました。大峰分岐から大峰岳は幾分ヤブ道になっていますが歩けないわけではありません。青森県自然保護課によると10月には刈り払いを行うということでした。
私はカメラをリフレッシュ村に忘れたので、nariyuki氏が撮った写真をお借りして載せさせていただきましたm(_ _)m
白神岳山頂で休憩する選手と役員
nariyuki氏が撮影
大峰岳山頂での審査委員とトップ誘導役員
nariyuki氏のカメラを借りて私が撮影