トップのページへ 白神山地のページへ
6月の記事のブログへ  7月の記事のブログへ 10月の記事のブログへ 12月2日の記事のブログへ 12月14日の記事のブログへ
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

2011年 6月22日(水):単独行(登り:二股コース・下り:マテコース)

2011年 7月11日(月):単独行(登り:二股コース・下り:マテコース)

2011年10月19日(水):単独行(登り:二股コース・下り:マテコース)

2011年12月 2日(金):3人パーティ(マテコース往復)


2011年12月14日(水):単独行(マテコース往復)



6月22日日(水)曇り時々晴れ後霧雨
コースタイム
<登り(二股コース)>
駐車場08:53→記帳所09:00→二股分岐09:21→10:09二股10:19→872m標高点11:03→11:52山頂
<下り(マテコース)>
山頂11:54→11:55避難小屋(昼食)12:20→大峰分岐12:33→マテ分岐13:17→最後の水場13:33→二股分岐13:53→記帳所14:13→14:18駐車場

月イチ白神岳の6月は梅雨の晴れ間の夏至の日に!ローソンコーヒーを飲みながら、曇り空なの中、国道101号線を秋田県から青森県へ向かう。ポイント予報では曇りだったが、少し北の鰺ヶ沢は晴れることになっていた。少しは期待して・・・登山口駐車場に着いたら秋田ナンバーの車が2台あった。私のを入れて3台になった。空はどんよりとしていたが時々薄日も差していた。来る途中の白神川河口付近からは、山頂がうっすらと見えていた。
準備して8時53分出発。ロングスパッツは暑くなるかも!っと思ってザックの中に入れて装着せず。思ったより暑くもなく風があるのでまずまずのコンディション。今日は、登りが二股コースで下りがマテコースと考えていた。今年初めての二股コース。二股から先の急登では何度も喘いだ。花の写真を撮る度に少し休憩出来た。山頂には11時52分に着いたが何も見えず写真を撮って、避難小屋へと向かう。避難小屋前のベンチに腰掛けて女の人が食事をしていた。私は小屋の中に入って食事をする。やがて女の人が下って行ったようだった。私も食事を終えて片付けて出発。展望も出来ないので植物だけが楽しみ。風が強く主稜線上に咲いていた花を撮るのは苦労した。順調に下って最後の水場近くになった所で山頂に居た女の人を追い越してしまう。私と同じ能代市の方だということであった。記帳所で下山した旨を記帳して駐車場に着いた頃には霧雨が降り出してきた。
一路ハタハタ館へ向かい入浴(400円)してソフトクリームを食べる。美味〜い!少し遠回りをしてアクロスのイトクで買い物をして帰宅したが、少し脱水気味だな〜と感じて水分を補給した。苦手な季節になってきた(>_<)
今回のレーヤードは、上がジオライン3Dメッシュロングスリーブ(モンベル)にウイックロンのTシャツ(モンベル)、下がCW-Xのロング(ワコール)にカーゴパンツ(フェニックス)。帽子はメッシュクラッシャーハット(モンベル)、靴はマインドルの革靴。手袋は園芸用の物(200円程か?)。この手袋は重宝している。しばらくジトジトした天気が続きそうだ。
二股では2回徒渉するが、写真は最初の徒渉地点
前方から手前に渡る
いつものように山頂でのセルフタイマーによる写真
いつもなら私の後方に向白神岳の尾根と岩木山が写るのだが・・・


7月11日(月)晴れ
コースタイム
<登り(休憩を含む)二股コース>
登山口駐車場08:48→記帳所08:55→二股分岐09:20→二股10:09→10:59(872m)標高点11:12→12:06山頂
<下り(休憩を含む)マテコース>
山頂避難小屋12:50→大峰分岐13:03→マテ分岐14:17→14:26最後の水場14:35→二股分岐14:59→記帳所15:20→15:25登山口駐車場

昨日が64歳の誕生日!だが家族は誰も祝ってくれない。忘れているんだろう。あ!高齢の母だけがお祝いしてくれました。っということで今日は白神岳へ?・・・誕生日とは全く関係ないですね・・・
月イチ白神岳です。天気予報は曇りでしたが、自宅を出るときは快晴!(*^_^*)!天気予報もあたらないね!
登山口駐車場に着いたら仙台ナンバーの車が駐まっていて1人登って行く人が見えました。
私も準備して8時48分出発。アスファルト舗装の道で汗をかく。暑い!記帳所で記帳して樹林帯に入る。それでも何となく暑い。二股分岐前で汗がポタポタ・・・二股コースをたどり二股に着いた時には汗で全身ビッショリ。何だろう?体調が悪いのだろうか?脱水にならないように水分補給しながら急な登りで喘ぐ。下半身まで汗で濡れている。いつもは山頂まで500mlあれば大丈夫だったのだが、872mの標高点手前で無くなった。標高点に着いてハイドレーション(ソースのコンバーチューブ)のペットボトルを入れ替える。汗が全身から湧いてくるようだ。暑い季節の登山は不得意だったんだよな〜!(>_<)
今日は山頂まで3時間を切るのは絶対無理!暑いんだか?体調が悪いんだか?それとも両方なのか?わからない(>_<)12時06分ようやく誰もいない山頂に着く。天気が良いだけに展望は良い!岩木山の頭が少し雲の中・・・写真を撮って避難小屋へ行き昼食を食べる。食べていたら若い女の人が「こんにちは!」とひとり登って来た。山頂に行った彼女の何やら感動の声が聞こえてきた。昼食を終え私も再度山頂へ・・・いろいろお話をして(京都の方・リゾート白神で来たようで、今晩は五能線に乗って弘前まで行って泊まるということだった!この辺を公共交通機関だけで移動するのは大変だよな〜!特に登山する場合は!遠いところ本当にご苦労様ですm(_ _)m)・・・12時50分私は先に下山、彼女は小屋で昼食。3本目のペットボトルにハイドレーションを切り替える。主稜線上は少しは風がある。ニッコウキスゲも沢山咲いている。下るにつれて段々暑くなり、風も止む。最後の水場で水をガブガブ飲んで、ボトルに補給!二股分岐とマテ山への冬道の分岐の間で、突然!私の鈴の音を聞いたのか?「ドッ!ドッ!ドッ!ドッ!ドッ!」っと左下の斜面を下って行く黒い大きな動物が!動きが止まって、立ち止まって見たが良く見えなかった。真っ黒な色をしていたのでカモシカではないだろうし、結構大きかったので、もしかして!?!?あ〜イヤだな〜考えたくない!そのまま通過してきた。
記帳所に着いたら15時20分!ずいぶん時間がかかった。記帳したのを見ると何組か入山したようだが会わなかったということは、途中下山したのだろう?駐車場に着いたら黒い車が下りて行った。水分を補給しながら八森地区のコンビニに!アイスとペプシコーラを買って帰路につく。ようやく汗が落ち着いてきたようだった。
二股コースの山頂直下
ニッコウキスゲやエゾイブキトラノオが咲いていた
山頂でのいつものポーズ
背後にある岩木山は山頂部が雲の中だった


10月19日(水)曇り後晴れ

コースタイム
<登り(二股コース)>
登山口駐車場08:19→記帳所08:28→二股分岐08:51→二股09:37→標高点(872m)10:19→11:01山頂
<下り(マテコース)>
山頂11:27→大峰分岐11:40→マテ山分岐12:54→最後の水場13:26→二股分岐13:49→記帳所14:10→14:17登山口駐車場

今月の白神岳は紅葉ねらいで・・・いつものコンデジの他にデジ一眼も持って出掛けた。国道101号線を北上するが空には重たそうな雲が?天気予報は晴れ!だったのだが・・・
登山口駐車場に着いたら車が沢山!私の車と作業車を入れると19台!そしてヘリコプターも!山頂トイレから屎尿を運搬するのだそうだ!!!
バタバタとヘリコプターが発着する中、8時19分出発。記帳所で記帳し、二股コースを進む。上木戸沢(一の沢)を通過して間もなく3人パーティ(男2人・女1人)に道を譲ってもらう。紅葉はイマイチ!日も余り指さない!二股の徒渉をしてそのまま急斜面に取り付く。呼吸が乱れない程度にのんびりと登り、少しずつ紅葉が見られるようになる。立ち止まって写真を撮りながら標高点(872m)に着いたが、この高さでは紅葉は終わっていた。山頂を目指し11時1分山頂に着く。5人ほどの人がいたが、いつものようにセルフタイマーでパチリ!立ったまま、おにぎり2個を食べ野菜ジュースを飲む。あちこち写真を撮り、11時27分下山開始。トイレ前で作業員の方々にお礼を言って先を急ぐ。主稜線からの下りで、先ほど山頂にいた千葉から来たご夫婦と一緒になり、山の話しをしながらマテ山分岐近くまで一緒する。ご主人の携帯が鳴って、私は先に下ることになる。最後の水場で水を飲み、二股分岐を過ぎ、「登山路」と書かれた小さな看板のある冬道への分岐を過ぎた辺りで登山道上にサルが!私を振り向いてヤブの中へ・・・そこを通過したらサルの群れが私の周囲の樹の上やヤブの中に!木の上から赤い顔がジーッと私を見ている。少したじろぐが平気なふりをして通過。通過してホッとした(*^_^*)!14時10分記帳所で下山を記入して駐車場に下りたら、屎尿の入ったタンクをトラックで運搬していた。本当にご苦労さまである。
マテ山分岐から少し下った斜面の紅葉 岩木山もくっきり見え、ヘリも一緒に撮した山頂


12月2日(金)曇り後晴れ

コースタイム
<登り(マテコース)>
駐車場08:53→記帳所09:01→二股分岐0925→最後の水場09:52→マテ分岐10:20→大峰分岐11:23→11:36山頂
<下り(マテコース)>
山頂12:36→大峰分岐12:53→マテ分岐13:53→最後の水場14:11→二股分岐14:38→記帳所15:09→15:16駐車場

月イチ白神岳は、残念ながら11月は野暮用が多く行けませんでした。そこで、今日は11月分として行ってきました。国道101号線を秋田県から青森県に入り、大間越の駅前を通過したら、自動販売機の前に見覚えのあるセーター(登山用)を着た人が!そのまま通過して登山口駐車場で準備をしていたら、間もなくnariyuki氏と同乗してきたtukamoto氏がやって来た。準備して出発!2人はスノーシューを背負っているが、私は持ってこなかった(>_<)
登山口付近は全く雪は無いが、最後の水場からマテ山分岐への急登を登るにつれて雪が徐々に増えた。積もっている雪は数cm〜10cm程だが、登山道脇の笹などに積もった雪が、触れると落ちて冷たい!スノーシューが必要ないとみたお二人は、標高1000m手前にしてザックをおろしてスノーシューをデポすることにした。依然として空は曇っている。徐々に高度が上がると樹木の霧氷がきれいだ・・・主稜線への急斜面で喘いだ・・・ようやく大峰分岐に着いて向白神岳を拝む。稜線上を山頂に向かう。曇り空だがほぼ無風・・・静かなたたずまい。11時36分山頂に着き写真を撮る。岩木山は山頂部が雲の中、近くの山並みは何とか見えるが、田代岳などは雲がかかっている。やがてお二人がやって来て3人の写真を撮る。ゆっくり昼食を食べる。一時、日が差し眩しい!そして暖かい!最後にコ−ヒーをいただき、下山開始。写真を撮りながらのんびりと下る。徐々に空の雲が取れ青空が広がってきた。気持ちの良い天気の中の下りだ。15時を回って駐車場に着く。この時期は日没が早い。靴を履き替えそれぞれ帰路につく。いつものようにアイスを食べたくてローソンに寄る。今日は良い汗をかかせてもらった。感謝!感謝m(_ _)m

この日の山行の・・・・・ この記事のtukamoto氏のブログへ   この記事のnariyuki氏のページへ

主稜線への急登でマテ山方面を振り返る
ブナの枝に付いた霧氷がきれいだ!
山頂での3人
後ろに、避難小屋・向白神岳の尾根・岩木山の裾野が見える


12月14日(水)曇り時々晴れ

コースタイム
<登り(マテコース)>)
駐車場08:05→記帳所08:13→二股分岐08:42→水場09:20→10:05マテ山分岐10:21→大峰分岐12:19→12:55山頂
<下り(マテコース)>
山頂12:58→大峰分岐13:27→14:31マテ山分岐14:45→水場15:05→二股分岐15:29→記帳所15:51→15:59駐車場


12月2日に月イチ白神岳の11月分を実施したので、今回は12月の月イチ白神岳でした。
14日の天気予報は、後半崩れるということだったので出来るだけ早めにと思って出かけました。先日の田代岳の雪の量を想像して出かけたのですが・・・
登山口駐車場が雪で覆われていて真っ白でした・・・アレ〜?っと思いながら出発。スノーシューはザックに固定!
快調に登るも、二股分岐を過ぎて水場が近づくと次第に雪が増え結構な積雪量!しかし、空は青い。水場で水を一口。マテ山分岐を目指すが雪がドンドン多くなる。所々デブリが発生していて大丈夫かと思ったが、大規模なものは無かったのでそのまま登る。このルートもそろそろ終わりだろうか?冬道を登る季節かな?マテ山分岐に着いて、休みながらスノーシューを履く。次第に高度を増し標高1000m近くになると雪の深みに足を取られもがいて脱出。埋まったスノーシューを引き上げるのには脚力勝負!低灌木が行く手を遮り、無理矢理突破しようとすると、枝に付いた雪が全身に降り注ぐ!急斜面では安定しない雪に、転倒してもがくことしばしば!次第に空は鉛色になる。何度断念しようかと思ったことか・・・大峰分岐までと頑張ってヘトヘトになって着く。オーバーミトンをしていなかったのでフリースの手袋は濡れて冷たい。予備の手袋に替える。天気が悪化してきた。迷ったが身体が先へと進んでしまった。これで、更に天気が悪化したら・・・と思って少し心配になる。主稜線上も雪が深く、最後は山頂トイレ直ぐ手前で、雪の付いた低灌木にブロックにされ、横のヤブに入ったら雪の積もった笹藪の中に埋まってしまった。悪戦苦闘して山頂に着いたら、登り始めて4時間50分後の12時55分であった。昼のおにぎりは、下ってからと思い写真を撮って直ぐに引き返す。
ところが、主稜線上を引き返していたら、にわかに空が明るくなり青空が!雲が音を立てて通過していく。立ち止まってカメラのシャッターを切りまくった。ご褒美をもらったような気分!下って、標高1000m付近で、また空が暗くなった。
この後は、ただひたすらに下った。マテ山分岐でスノーシューを脱ぎ、おにぎりを1個食べる。駐車場に着いたら15時59分(午後4時)で大幅に予定時間を過ぎていました(>_<
用事があったので、コンビニ(いつものアイス)にも寄らず、残りのおにぎりを食べたりしながら、ひたすら能代市へ向けて車を走らせた。
今回、ベースレイヤーとして能代のユニクロで買ったウォームドライハーフジップT(2990円)を着て登ってみました。もしものことを考えてモンベルのジオラインのアンダーシャツをザックに入れて持って行きました。汗をビッショリかいたのにもかかわらず、冷たさをほとんど感じませんでした。これは使えるなっと思いました!店頭には、まだ沢山ありました。タイツがないのが残念です!
いつものように山頂での記念写真
風雪模様で視界が悪い
大峰分岐へ引き返していたら、急に雲が取れ視界が良くなった
写真奥の黒っぽいピークが山頂