トップのページへ 白神山地のページへ Tの記録のブログへ  Uの記事のブログへ Vの記事のブログへ
    白 神 岳(1231.9m)一等三角点

T・・・・・2011年 2月22日(火):単独行

U・・・・・2011年 4月15日(金):単独行

V・・・・・2011年 5月19日(木)単独行


T・・・・・・・・・・2011年2月22日(火)
コースタイム
<登り>
登山口記帳所07:44→マテ山山頂09:10→11:02山頂(しばらくあちこち散策)
<下り>
山頂付近13:26→14:30マテ山山頂14:46→15:32登山口記帳所


2月22日(火)快晴・微風
高気圧が移動してきて、晴天が続く!これは逃されない!特別、予定の無かった22日(火)に白神岳へ!
6時過ぎ自宅を出発し、県境を越え、国道101号線から白神岳登山口への道で前にランドクルーザーが!パワーでどんどん雪道を進む。その後を緊張しながら付いて行く。登山口駐車場に着いてしまった!何とランクルの主は白神山地世界遺産センター藤里館の斉藤氏であった!!!「どうも!」っという事でお互い出発の準備。「山頂に居るカメラマンに食糧を届けて・・・!」っという話し・・・まだ彼が居たんだ!2月14日(月)に入り、まだ山頂に頑張っているという事は、今日で9日目!驚きだな〜(^^)/斉藤氏が準備しているので、私は先に7時38分出発。雪が硬くしまっていて歩きやすい。9時10分マテ山頂に着く。なんと!マテ山に登った15日や19日よりもはるかに早い。朝の気温低下で硬くしまった雪の上を順調に歩く。いよいよ主稜線への急斜面っという所で、ツボ足を止め、スノーシューを履く。低灌木の周囲の下の雪が溶けズボッと埋まる。そうかと思うとガチガチの斜面もある。スノーシューのクランポンが良く効く。11時2分快晴微風の山頂に着く。鳥海山・森吉山・八幡平・岩手山・八甲田・岩木山などの山々が展望できる。一点の曇りも無く、気温も高くなった!2月にこんな天気があるんだ!っと少々驚き!カメラマンの人を探したら向白神岳の尾根との中間地点にポツンと見えた。写真を撮っているようだった。ゆっくり展望を楽しみながら少し早い昼食。全く寒くない!どうなっているんだろう?のんびり寝そべっていたい気分だった。
少し向白神側に下ったが向白神岳まで行くには時間が遅い、山頂部に戻って大峰岳へ伸びる尾根を進み、大峰岳から西に伸びる尾根が見える所(1210mのピーク)まで進む。写真を撮ってから山頂方面に戻って歩いていたら、私を発見したカメラマンの方がホイッスルを吹く。山頂小屋近くまで行って挨拶をする。府瀬川秀司氏という方であった。そうえん社から「ブナ林の四季〜白神山地〜」という写真集を出版しているそうだ。埼玉の方で明日下山するという事であった。明日で10日目である。12年間これを続けているという事であったが・・・真似できませんm(_ _)mでかいザックにカメラ機材。何と半袖のポロシャツ???
府瀬川氏は、私を斉藤氏と思ってホイッスルを吹いたらしい。残念!斉藤氏はまだ着かない?しばらく立ち話をして13時26分下山開始。下るにつれて雪が柔らかくなっている。気温上昇のためだろう。ブナの木に乗っかっている雪が時々ボタッと落ちる。危険なので避けるようにして歩く。それにしても斉藤氏は来ない?戻った足跡があった。14時30分マテ山山頂に着き、残っていたおにぎりとバナナを食べながら休憩して14時46分出発。結局斉藤氏とは会わないまま、15時32分記帳所に着いてノートを見たら、斉藤氏は15時下山と書かれていた。戻ったのだ!どうしたのだろう?急用でも出来たのだろうか?山頂で府瀬川氏が待っていたのに・・・!車に乗り、慎重に運転して国道に出た。傾きかけた太陽がまぶしい!今日はコンビニにも寄らず、帰宅して汚れていた車を水洗いした・・・本当はアイスを食べたかったが・・・(-_-)
山頂のいつもの所でハイポーズ!左に岩木山私の左腕の陰に八甲田連峰
山頂の看板は足元にある
向白神岳へつながる尾根、過去に3回向こうに渡ったが、今回は断念
左の写真同様、左に向白神岳の尾根と岩木山、奥に八甲田連峰


U・・・・・・・・・・・・・2011年4月15日(金)
コースタイム
<登り>
駐車場08:57→記帳所09:05→二股分岐09:33→10:03最後の水場10:10→尾根の上10:55→大峰分岐12:13→12:26山頂
<下り>
山頂12:55→大峰分岐13:09→登りで尾根に取り付いた所13:51→マテ山頂14:02→登山道14:42→記帳所15:02→15:09駐車場


4月15日(金)晴れ・強い南西の風
2月以来の白神岳。どれくらい雪解けが進んでいるだろうか?
冬靴を履きスノーシューを背負って登山口駐車場を午前9時前に出発。先日の田代岳の時と同じレイヤーで登り始めたが暑い!記帳所で記帳したら昨日から入山している方が2名いるようだ。色々考えたが、夏道のマテコースを進む。最後の水場で休み、直ぐ先の登りの所から全面雪になりスノーシューを履く。どうせだからということで尾根に向けてほぼ直登する。途中、沢状になった所にデブリが!上部の急斜面で喘ぎ10時55分尾根に上がる。下り方面に2人のパーティがいるが私には気がついていない。私はそのまま尾根の上を歩いて山頂を目指す。雪が腐りかけて歩きにくい。風が強く、雨具の上だけ着る。南西からのぬるい風だ。最後の急斜面で一歩進んで半歩ずり下がり喘ぐ。時々強風にあおられながら12時26分誰もいない山頂に着く。
写真を撮り、風の無い場所を探してマットを敷き、ドッカと腰を下ろしておにぎりを食べる。向白神岳や真瀬岳、二ツ森、日本海、付近までは良く見えるが遠くの山は霞んで見えない。岩木山は目をこらして、ようやく確認出来た。のんびりしてから、12時55分さあ下ろうか!っと出発。登って来たルートを下り1000m付近で雨具を脱ぐ。暑い!尾根を進んだが、登って来た所は通過してマテ山頂を目指していた。何となく2人(西口氏のパーティのようだった)が下った道を進んでいたのだ。マテ山頂からも雪の上を快調に下った。ところが・・・やがて雪は次第に少なくなり600m付近から下は雪なし!!!人が通った道らしきところを探しながら下るが、急なうえに汚い!ヤブ漕ぎというわけでないが汚い!それに暑い!汗をかいてようやく夏道に出てホットする。下りの道の選択に失敗した。15時2分記帳所に着いて下山を記帳。身体が汚れていたが入浴せずにコンビニにも寄らず帰宅。帰宅後、靴・スノーシュー・スパッツ・ストップを水洗いする。衣類は洗濯、そしてシャワー!
マテコースの最後の水場のすぐ先で雪になり、その雪を尾根までつめる
登る途中、沢状になったところにデブリが!標高650m〜700m付近
山頂でのいつもの写真、岩木山は霞んで良く見えない。風が強くカメラが
安定しなく苦労した。看板の高さを上の写真と比較してみてください


V・・・・・・・・・・・・・2011年 5月19日(木)
コースタイム
<登り>
駐車場09:53→記帳所10:00→10:24二股分岐→10:50最後の水場→11:16マテ山分岐→12:17大峰分岐→12:28山頂
<下り>
山頂12:56→13:10大峰分岐→14:10マテ山分岐→14:34最後の水場→14:57二股分岐→15:22記帳所→15:30駐車場

5月19日(木)曇り・上部は強い西南西の風
こんなに晴れの日が続くと黙ってはいられない!今日は、曇り後晴れの予報で昼前から晴れる予定であった。
朝ゆっくり出発!登山口駐車場に着いたら名古屋ナンバー・岐阜ナンバー・秋田ナンバー(2台)の4台が駐まっていた。そこへ私の秋田ナンバーが追加・・・
9時53分駐車場を出発して木製の階段を上った所で下山者が!記帳所で記帳して曇り空の中を進む。先日(16日)八甲田から青森への下りの道で見た「雪の中のブナの芽吹きの風景」が忘れられず、今回は重いカメラも背負った。マテ分岐まで上がったが雪が無い!!!ブナは芽吹いていない!!!ここで望みは絶たれた(-_-
仕方なく淡々と咲いていた花を観賞しながら登る。途中、2人目の下山者とすれ違う。登るに従って風が強くなる。主稜線への登りで喘いで大峰分岐に着いたら3人目の下山者が・・・。少しだけ残っている雪を踏みしめて12時28分山頂に着く。山頂部は意外に風当たりが弱いので昼食を食べる。遠くは霞んでいる。天気は一向に回復しない。
12時56分下山開始。下りはじっくり花の写真を撮りながら下ることにする。風が強くて花が揺れ、シャッターを切るのがなかなか難しい!コンデジのマクロ機能を使ってアップで花を撮ろうとするが、焦点がなかなか合わない。使い方が乱暴だからな・・・仕方なくザックからデジ一眼を出して撮った。下のミヤマカタバミの写真は何とかコンデジで撮ることが出来た。マテ山分岐までの尾根の上はシラネアオイとミヤマカタバミ、キクザキイチリンソウが咲いていた。そこから下るとスミレ(何のスミレかな?)やエゾエンゴサク、オオカメノキの花が咲いていた。最後の水場を通過してからは先ほどのスミレがずーっと咲いていた。二股分岐の直前で大峰分岐ですれ違った人を追い越す。更に下るとニリンソウやキバナイカリソウが咲いていた。15時22分記帳所に着いて記帳。過去の記録を見たら私が2月22日に登った際の記帳が訂正されてあった。私はいつも「関根章平(しょうすけ)」と名前の後に(しょうすけ)というハンドルネームを書いてる。そのハンドルネームが赤ペンの二本線で消され(しょうへい)と書き直されていた。誰が訂正したか?だいたい予想は出来た。翌日に登った彼だろう!15時30分駐車場に着いた。追い越した人の車と私の車がポツンと残されていた。山で会った人は3人。私の車以外に車は4台あったんだが?おかしい?この後ハタハタ館に寄って入浴(400円)。従業員のキヨシ君と立ち話をして、駐車場に戻ったら隣に登山口駐車場にあった岐阜ナンバーの車が駐車していた!運転席には若い女性が・・・山ガール風ではなく、車内に山道具もなく、雑然とした荷物の中にマンドリンでも入っていそうなケースが!それだけが目に付いた。車内を見てごめんm(_ _)m見たのは一瞬です。勘弁!後は不思議な気持ちのまま、途中のコンビニに寄っていつものアイスとオハヨー乳業から女性向けに新発売の「Hanakoとコラボしたスムージー ベリーミックス」を飲んでみた・・・!少し山ガール気分!うふっ(*^_^*
今度はどこへ行こうかな?大先輩の荘司氏は100名山に挑戦中。あと10座余りとか・・・今野(幸)氏(100名山完登)に続けとばかりか!羨ましい!
ミヤマカタバミの花 少しピンク色の部分があってかわいい! 山頂での私 いよいよ冬の装備・レイヤードから春の装備・レイヤードに!