トップのページへ 白神山地のページへ @の記事のブログへ  Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ
蟶山(マテ山)(841.1m)
@・・・・・2011年2月15日(火)単独行

A・・・・・2011年2月19日(土)能代工業高校山岳部に同行して

B・・・・・2015年1月5日(月)単独行


@2011年2月15日(火)曇り
<登り>
駐車した所10:17→12:50蟶山山頂
<下り>
蟶山山頂13:20→15:00頃駐車した所(途中30〜40分立ち話)
白神岳はどうなっているんだろう?マテ山への冬道は、相変わらずスキーで行くには困難だろうか?と偵察に行くことにして、能代市の自宅を朝食後、9時過ぎに出発。
国道から少し車で上り、雪で行けなくなった所に駐車して10時17分出発。いつも車で登る道をとことこ歩いて駐車場、記帳所と過ぎて登山道に入る。ワカンで歩いた跡がある。そのトレースに従って歩く。途中からスノーシューを履く。夏道と分かれマテ山への直登ルートに入り登りが続く。ザクザクと雪は硬い。急斜面になり、灌木も多くこれではスキーはおもしろくないだけでなく、困難だ!かなり前にスキーで登ったことがあるが何だか信じられない。
それよりも何よりも、カメラを取り出して唖然とした。バッテリーを家の充電器にさしたままにしてきたから、カメラは起動しない(>_<)仕方なく携帯のカメラを使うことにした。
雪質が良くなって、ブナの木も大木になって、12時50分マテ山山頂に着く。ワカンのトレースが山頂方面に続いている。登った跡はあるが下った跡がない?ドッカと腰を下ろして昼食を食べる。風はそれほどでもないが寒い。この辺はスキーだと楽しいだろうな〜!と思いながら13時20分下山開始。雪が軽いうちは快適な下りだったが、硬くなるに従って下りにくくなる。夏道に合流し、記帳所を過ぎて、久々に昔歩いた道(広い駐車場を通らず杉林に入る)を下る。かつての岩崎南小学校のスキー場は、植林されたスギが大きくなり面影はない。スキー場の小屋もない。杉林を抜け車道にドンと降りた所で散歩に来た女性とバッタリ!立ち話が始まる。能代市二ツ井町から嫁いできたらしく、能代から来たという私にいろいろ話しかけてくる。ワカンのトレースの主は埼玉からいらした方で、山頂小屋に1週間ほど滞在予定だとか・・・!いろんな人がいるものだな〜!立ち話は30分以上にわたって続き車に戻ったら15時にならんとしていた!やはりスキーでなくスノーシューの方が良いな!残念! 
マテ山山頂 車を駐めた所に戻ってマテ山を振り返る


A2011年2月19日(土)曇り後晴れ
<登り>
駐車した所10:05→10:47記帳所(ワカン装着)10:54→12:48蟶山山頂
<下り>
蟶山山頂13:55→記帳所14:55→15:17頃駐車した所

能代工業高校山岳部に誘われて同行させていただきました。
前回(15日)、車を駐めた所に車3台を駐める。私を入れて10人で10時5分出発。車道を通らず杉林内を通り駐車場の上の道に出る。10時40分頃記帳所に着きワカンを装着。10時54分出発。雪が硬く歩きにくい。先日入山したというカメラマンの方はまだ下山していないようだ。11時23分マテ山への冬道に入る。雪が硬く急斜面で度々ワカンが外れる。雪質が良くなりブナも太くなり12時48分マテ山山頂に着く。
早速ブルーシートを広げお湯作りカップラーメンを食べながら・・・男10人で昼の宴!徐々に天気が回復し、山頂の稜線や大峰のピークが見え出す。
集合写真を撮り13時55分下山開始。上部は雪が柔らかく快調に下るが、徐々に雪が硬く(特に表面がクラストしている)なり下り難い。途中で何人もワカンが脱げ、ツボ足で下る。14時55分記帳所を通過。傾いた日がまぶしくなって15時17分駐車場所に到着。生徒と顧問の先生は八森のハタハタ館の温泉へ向かった。途中、五能線をリゾート白神号が北上して行った。徐々に春の気配を感じながら、自宅へと向かった。明日は田代岳だ・・・
マテ山山頂での集合写真 下山後、国道101号線白神川に架かる橋の上から白神岳
マテ山はこの写真の左側手前にある


B2015年1月5日(月)曇り 
<今回のコースタイム>
車の駐車場所(三叉路)11時20分→記帳所(登山口)11時56分→夏道から冬道へ12時12分→13時31分蟶山山頂13時43分→冬道から夏道へ14時11分→記帳所(登山口)14時22分→14時46分駐車場所 
5日は天気が良さそうだ!っというナリユキ氏からのお誘いが!・・・しかし、午前に用事があり無理だった(>_<)
当日、10時前に用事が終わったので、慌てて準備をして出発。ナリユキ氏はきっとタロンペ氏と白神岳だろう?・・・と白神登山口へ向かった。私は、出発が遅かったので蟶山までを目標にした。
国道101号から登山口へ向かって登って行ったら、冬に良く車を駐める場所にナリユキ氏の車とタロンペ氏の車があった。予想通り!私もそこへ車を駐めて準備をしていたら、青森ナンバーのエクストレイルが来て、車から犬を降ろし、鉄砲を担いで、登山の道とは別の方向へ出かけて行った!
スノーシューをザックに固定して、11時20分つぼ足で出発。雪は少ないが、やはり歩きにくい。登山口駐車場に着いてスノーシューを履く。気温が上がっているためか?汗をかき、身体が濡れ始めた。夏道から冬道に入る頃にはびっしょり濡れていた。急斜面を登り、呼吸が乱れ、足が重い。標高540m付近で休み、おにぎりを1個食べる。下半身はアウターを着ていたが、上半身はシャツとミッドレイヤーだけだった。そのまま登り始める。蟶山山頂が近づいた標高790付近で前方から、下山してきた人が?先頭はタロンペさんだが、2人目はメインザックを背負った若い女の人が・・・?ナリユキ氏は少し遅れて来た。若い女の人は、1人で昨日登って途中にテントを張って泊まり、今日ホワイトアウトの中を強引に2人に連れられて山頂を踏んだということらしい!何と、秋田高校の山岳部OG!顧問は柘植先生だったと言う。さすが柘植先生!教え子がしっかり山登りを続けている!恩師も教え子も立派ですm(_ _)m
挨拶をして、私は蟶山山頂へ向かった。アウターを着て、蟶山山頂のブナの霧氷の中で残りのおにぎりを食べて休んだ。13時43分下山開始。下りは一気に!登山届けを出さなかったけど、記帳所で下山を記帳して、駐車場所に近づいたら、タロンペさんの車が動き始めて下って行った。私の車1台だけ残っていた。
コンビニで買った、胃に優しいドトールの「ふんわりラテ」を飲み、John LegendのAll of Meを聞きながら自宅へと向かった・・・
蟶山山頂の看板  蟶山山頂付近のブナの樹の霧氷