トップのページへ この記事のブログへ
岩手県・八幡平市
姥倉山・大松倉山・三ッ石山
(1517.1m)三等三角点・(1407.5m)二等三角点・(1466m)標高点
2015年10月7日(水)単独

10月7日(水)
車での移動
<往路>自宅(能代市)04:52→十和田IC→花輪SA05:20→松尾八幡平IC→06:24松川温泉駐車場
<復路>松川温泉駐車場→八幡平樹海ライン→アスピーテライン→花輪→自宅(能代市)

<登山>

松川温泉駐車場06:50→姥倉山登山口07:03→08:51姥倉山09:00→姥倉分岐09:08→犬倉分岐09:51→
大松倉山10:40→三ッ石山荘11:03→11:27三ッ石山11:30→11:55三ッ石山荘(昼食)12:32→
松川大橋分岐(松川大橋方面通行止)12:58→三石山登山口13:33→13:35松川温泉駐車場


<GPSデータ>水平距離17.054km  累積標高+1500.1m 歩数30728歩

10月7日(水)曇り・風が強い

6日に行きたかったが、野暮用で7日になった。天気予報では晴れとなっていたが、天気図を見ると晴れになるとは思えず!等圧線も混んでいる!・・・でも、一応期待して出発!
早朝の暗い東北道を走っていると徐々に明るくなる。安比高原から徐々に下って松尾八幡平IC近くになって岩手山が見えたらアレー!なんだあの雲は?不安になった(>_<)
松川温泉に着いて出発!姥倉山の登山口は、松川荘の横を通りキャンプ場へ舗装道路を登ると、キャンプ場近くにある。登山道は幅広く刈り払いされて快適だ!紅葉が綺麗だった。日差しもなく、少し肌寒い。登るにつれて風が強くなる。更に登るとガスの中に入る。視界が悪いが登山道がしっかりしているので道迷いはない。途中でで泥んこ道にすってんころりん(^^)/ザックとシャツの肘などが泥んこまみれ!落とすのに苦労した・・・出発して2時間ほどで三等三角点のある姥倉山山頂に着く。写真を撮って姥倉分岐へ進むが風が強い!裸地化した姥倉分岐では風を遮るものがなく身体が揺れる。ガスで視界も悪い!岩手山方面は中止して逆方向の縦走路を目指すことにした。この天気は、予想されたので地図なども準備していた。犬倉山へ向かう途中で数パーティとすれ違った。中には、何かの機材を背負い「火山・・・」と書かれたヘルメットをかぶった集団もあった。岩手大学の先生と学生だろうかと思った。犬倉山の下部をトラバースして、リフト乗り場への道との分岐を右折して大松倉山を目指した。途中で、「天気が悪いから戻ってきた!」と言うご夫婦とすれ違った。大松倉山の山頂ではどかっと座り込んで記録を書いている男の人がいた。私はそのまま三ッ石山荘を目指した。20分余りで三ッ石山荘に着き、山荘の中を覗いて三ッ石山を目指した。三ッ石山の山頂は風が強く、ガスで何も見えないが写真を撮って下ることにした。この先の大深岳や源太ヶ岳を目指しても良いが、地図の準備もなく時間も余りなかったので止めることにして、三ッ石山荘へ下った。山荘の中に入り、昼食を食べた。天気が悪いのに、登って来る人が予想以上に多い。昼食を食べ終わって外に出たら、三ッ石山が見えた。下り始めたら、徐々に天気が回復する様に見えたが、岩手山だけは依然として厚い雲の中だった。松川温泉付近の紅葉が綺麗だった。下山後、松川荘の温泉に入って十分身体を温めた。帰りは、八幡平樹海ラインを登り秋田側に抜けた。大沼付近の紅葉が綺麗だった。花輪の街を通り、道の駅で鹿角リンゴを買って帰った。温泉に入ったためか、眠気が・・・コンビニに寄ってカフェラテを買い、スピーカーをガンガン鳴らして無事に帰ることが出来た。
姥倉分岐の様子(網張からのコースが合流する) 三ツ石山荘での昼食後、外へ出たら三ッ石山が見えていた