トップのページへ 山行記録のページへ この記事のブログへ
乗鞍岳
(剣が峰3025.7m)
2015年8月10日(月)2人パーティ
8月10日(月)晴れ
深夜、乗鞍高原観光センター駐車場の車の中でうたた寝していても、次から次へと車がやって来てうるさくて寝ていられない。午前2時半頃、しょうすけジュニアが「並んでいるよ!」っと言うので起き上がって見てみたら、確かにバス停のテントの所に並ぶ人達がいた。慌てて起き上がって、トイレに行ったりして準備!サブザックを背負い、我々も行列の一員になった。やがて大型バスがやって来た。我々は2台目に乗ることになった。「6台準備したけど、4台で良さそうだな!」っというアルピコの社員の声が聞こえた。その後どうなったか?分からないが、定刻の午前3時40分にバスは動き出した。
ここから標高で1200mをバスで登ることになる。空が白み始めた頃「県境で下りますか?」という運転手のアナウンス。何人か下り始めたが、つられたように下り始める人が増え、予定では終点の畳平まで行くつもりだった我々も下車した。更に、小高いピーク目指して登っていく人の波に飲まれた我々も息を切らしながら登った。気が付いたら標高差110m程を登り、富士見岳山頂に立っていた。太陽はまだ昇っていない!間に合わないと判断した人は途中の斜面でカメラを構えていたようだ。やがて東の空が赤く染まりだして、真っ赤な太陽が少しずつ山並みから姿を現した。私は、太陽より北アルプスの方が気になった。北アルプスの山並みが手に取るように見える!以下は下の写真を見てください・・・
完全に太陽が顔を出すと、少しずつ剣ヶ峰(乗鞍岳最高峰3025.7m)の方へ移動を始める人がいた。我々も後れて出発。コロナ観測所のある摩利支天岳下部を巻いて、肩ノ小屋脇から標高差250mの登りになる。喘いでようやく山頂に着いたら、噴煙を上げる御嶽山が見えた。コーヒーを飲んだりして、山頂で至福の時間を過ごすことが出来た。バス時間のこともあり、重い腰を上げて下ることにした。乗鞍バスターミナルに着きバス時刻を見たら9時5分発がちょうど良かった。このバスターミナルで2009年の9月にクマ騒動があったが、こんな所にもクマが現れるんだと思った。やがてバスに乗り、乗鞍スカイラインを下る。自転車で登って来る人が多いのにビックリした。
乗鞍高原観光センター駐車場に着き、近くの「湯けむり館」で乳白色の温泉に入り、車で少し下って「そば処中之屋」でそばを食べて、松本ICを目指した。
松本ICからは、途中のSAでお土産を買い、眠い目をこすりながらロングドライブを楽しんだ・・・
東の空からのぼり始めた太陽 のぼった太陽と北アルプス(左)
剣ヶ峰に着いたら噴煙を上げる御嶽山が見えた 北アルプス方面(前穂高岳・奥穂高岳・槍ヶ岳が目立つ)