トップのページへ 山行記録のページへ この記事のブログへ
火打山・妙高山
(2461.8m三等三角点   2445.9m北峰一等三角点・2454m南峰)
2011年10月8日(土)〜9日(日)
長男と2人パーティ


<コースタイム>
10月8日(土)
(メインザック)笹ヶ峰登山口08:43→黒沢の橋09:30→富士見台の分岐10:43→11:26高谷池ヒュッテ
(サブザック)高谷池ヒュッテ12:34→13:44火打山山頂14:14→15:20高谷池ヒュッテ

10月9日(日)

(メインザック)高谷池ヒュッテ07:24→07:54黒沢池ヒュッテ
(サブザック)黒沢池ヒュッテ08:38→大倉乗越08:56→09:28長助池分岐09:32→10:28妙高山山頂(北峰)10:31→10:39南峰11:03→
11:11北峰11:20→12:07長助池分岐12:09→大倉乗越12:44→12:59黒沢池ヒュッテ
(メインザック)黒沢池ヒュッテ13:25→富士見台分岐14:05→黒沢の橋14:57→15:28笹ヶ峰登山口

10月8日(土)晴れ
登山口の駐車場に着いたら広い駐車場(数百台)がほぼ満車!無理矢理キャンプ場内の敷地に駐車して、8時43分気持ちの良い好天の中を登山届けを提出して出発。登山客が多い!出来る限り追い越してドンドン登る。なぜならテント場確保が心配であった。富士見平の分岐を通過して進むと、やがて火打山と高谷池ヒュッテが見えてきた。小屋の屋根が白く光っていた。11時26分高谷池ヒュッテに着いたら案の定キャンプ地はテントが沢山設営されていて、我々のテントはテントとテントの小さな隙間に決め、邪魔だったテント場区域外の低灌木の枝を細引きで寄せて広さをかろうじて確保。当初は、高谷池ヒュッテにメインザックをデポして火打山を往復し、更に移動して黒沢池ヒュッテに移動して幕営の予定であったが・・・予定を変更して、高谷池ヒュッテのテント場に張ることにした。この後も続々と登って来る人!テン場を求めてウロウロ!設営後昼食を食べ、サブザックにして12時34分火打山に出発。13時44分山頂(三等三角点2461.8m)に着いた時には雲が湧き展望は良くなかった。前日は荒天で猛吹雪だったとか?あちこちに雪が残っていた。少し休んで下山開始。テント場に戻り、水は池糖から流れ出す水を使用することになっているので、ゼビオから買ってきた水濾し器を使用し、更に沸騰させた。、ヒュッテから飲み物(ビール・ワイン)を購入し、夕食(混ぜご飯と野菜たっぷりのベーコンスープ、牛タンなどのつまみ)を食べながら長い夜を楽しんだ。テント場は足の踏み場もないが、テントに入ると別世界!近所の関西弁の会話聞きながら、次第に眠くなってシュラフに入った。

10月9日(日)晴れ
早朝4時過ぎに起床。朝食は野菜炒めと思っていたが、昨晩のベーコンスープが残っていたので、野菜炒めの具材を突っ込んでウインナースープと卵ご飯、コーヒー。テント撤収をしてヒュッテに移動しトイレの行列に並ぶ!!!結局7時24分出発。茶臼山を越えて8時16分黒沢池ヒュッテに着く。途中、北アルプスの山並みがはっきりと見えた。ヒュッテ前でサブザックに詰め替えて、メインザックはデポして8時38分出発。大倉乗越を越え、長助池分岐をから急坂にあえいで、一等三角点のある妙高山山頂(北峰2445.9m)には10時28分に着く。更に、南峰(2454m)に移動して昼食を食べる。北アルプスの展望は最高であった。白馬岳はもちろん、それからの連なりと槍ヶ岳や穂高岳の連なりもくっきりと!11時20分下山開始。下りの長助池分岐をから大倉乗越の間で長助池が見え、燕温泉へ下る人達が休んでいる姿が見えた。黒沢池ヒュッテに戻り、少し休憩して、デポしてあったザックにサブザックを入れ13時25分下山開始。間もなく黒沢池付近の木道を気持ち良く下る。富士見台の分岐に着きノンストップで下りを急ぐ。急ぐのには訳があった!何人追い越したか?定かではないが、とにかく急いで15時28分登山口に着いた。この後の行動は?・・・ブログの方を!
下山後、あれこれやって、結局、長男を湯沢におろして能代の自宅には10日の午前4時過ぎに着いた。長距離運転のためか、なかなか眠りにつくことが出来なかった。
富士見平分岐から高谷池ヒュッテへの途中で
右から火打山・影火打・焼山・右端にヒュッテの屋根が見える
火打山からの下りで
高谷池と高谷池ヒュッテと天場のテント
高谷池側から黒沢池側への下りで
黒沢池の湿原の向こうに薄く槍・穂高が見えた
妙高山山頂にて