トップのページへ 山行記録のページへ この記事のブログへ7/307/31前半7/31後半8/1完結
後立山連峰爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五龍岳・唐松岳

2012年7月30日(月)〜8月1日(水)
2人パーティ

2012年7月30日(月)扇沢→種池山荘→爺ヶ岳→冷池山荘
65歳の記念!さあ夏合宿に行こう!長男が都合ついたということで・・・二人でGO!
友人の結婚披露宴だということで28日から軽井沢に行っていた長男と29日夕方、大町市で合流。長男の車を下山予定の八方尾根の黒菱平に置いて下る。
豊科のイオンで買い出しをして、とんかつ屋で夕食。閉店ギリギリで豊科のモンベルで不足の装備を購入。翌日の朝食のおにぎりなどをコンビニで買って扇沢の登山口に向かう。22時頃着き駐車スペースが十分ありホッ!パッキングと車泊の準備をしたら24時になっていた。
5時前に起きて出発の準備。登山口で届けを出して5時50分出発。柏原新道は整備されていて歩きやすい。何パーティかを追い越して順調に登り8時42分種池山荘に着く。ここで我慢していたトイレを借りる。爺ヶ岳への緩やかな登りに呼吸を整えながら登り爺ヶ岳南峰に着く。続いて三角点のある中峰に登り休憩、展望はあるが空はスッキリしていない。北峰は巻いて11時41分種池山荘に着く。テン場申し込み(2人で1000円)をしたら、テン場は8分程登った所にあるという!もうひと汗かいてテン場に行き、新品のモンベル製ステラリッジテント2型を張る。標高2420mだというのに蒸し暑い!
早速山荘に下り、キリンの生ビール(900円)でカンパーイ!昼食を食べ午後のゆったりした時間で、寝不足の長男はテントの外にマットを敷いて爆睡していた。夕食を食べる頃には、あちこちで雷が鳴り出した。幸い近くではなかったので、ホッとして更に深い眠りにつく。翌日のコースの厳しさを考えていたためか、二人とも辛い夢を見たようだった・・・

<コースタイム>
扇沢登山口05:50→08:42種池山荘09:15→09:50爺ヶ岳南峰10:01→10:21爺ヶ岳中峰10:37→11:28冷乗越(つべたのっこし)→11:41冷池山荘(つめたいけ)


2012年7月31日(火)冷池山荘→鹿島槍ヶ岳→キレット小屋→五龍岳→五龍山荘
3時40分起床。豪華なつもりの朝食(山用棒ラーメンに野菜と生卵、チャーシューを入れるのを忘れる)食べる。テント撤収して5時18分出発。布引山の登りで身体が目覚め、7時8分鹿島槍ヶ岳南峰(2889.1m)に着く。すばらしい展望に気持ちが震える!思いっきり目に焼き付けて、吊り尾根を通って北峰を目指す。30分程で北峰に着きキレット小屋を直下に見下ろす。これから行く五龍岳へのコースが一望出来る。ここからが、いよいよ今日の難コースの始まりだった。ハシゴや鎖場を何度か通過して8時58分キレット小屋に着いて、ここでトイレを借りる。両側がスパッと切れ落ちていている所に山小屋を良く建てたものだ!
キレット小屋前のベンチで休憩し9時22分出発。更に不安定な危険な道は続く。10時24分口ノ沢のコルに着いたら、千葉の方が濡れたテントやフライを広げて乾かしていた。10時50分北尾根ノ頭に着き休憩していたら千葉の方が着いた。昭文社の山と高原地図には、ここから五龍岳山頂まで2時間30分とある。さあ頑張るぞーっと気合いを入れG5・G4と岩峰を越え、今にも崩れそうな小さなコルを通過して五龍岳の岩壁を捩り、傾斜が緩やかになったら山頂が見え、2時間を少し切って五龍岳山頂に着いた。ここから急に人が増えた。5分程遅れて長男がバンザイをして着いた。しばらく休み、昼食のパンを食べようとしたが喉へ落ちていかなかった。富山から来たというおばさん達からいただいたマスカットは美味しかった!あとは下るだけ・・・五龍山荘に着きテン場の手続きをして、テントを張り、さあ生ビールと思って山荘に行ったらここでは売っていなかった。仕方なく缶ビールで乾杯した。そこで新たな出会いがあった。この方も千葉の方だった。この話は後でまたブログに載せましょう。

<コースタイム>
冷池山荘キャンプ場05:18→06:06布引山→06:53鹿島槍ヶ岳(南峰)07:08→07:37鹿島槍ヶ岳(北峰)07:45→08:58八峰キレット小屋<コースタイム>
八峰キレット小屋09:22→10:24口ノ沢のコル→10:51北尾根ノ頭11:06→12:34小さなコル→13:04五龍岳山頂13:30→14:23五龍山荘


2012年8月1日(水)五龍山荘→唐松岳→八方尾根黒菱平
ようやく最終の下山日。6時出発だったが少し遅れて6時22分五龍山荘を出発。今日も最高の天気だ!遠見尾根分岐まで少し登り、大黒岳手前の鞍部(2310m)まで下りになる。大黒岳を通過すると徐々に登りになり、辛抱して歩みを進める。岩場を登り回り込んだ所で目の前に唐松岳頂上山荘が現れる。山荘の日陰で休憩する。長男は唐松岳が初めてだったので山頂往復することにして、ザックをデポして軽装備で15分程の登りで山頂に着く。白馬岳への厳しいルートが見える。山頂では多くの人が展望を楽しんでいる。写真を撮って山荘に戻り、9時54分八方尾根の下りに入る。登って来る人が沢山いて賑やかになる。中学生や幼稚園の集団が登って行く。家族連れが多い。丸山ケルン下の雪渓上で休む。下るに従って、人は多くなり気温も上がってきた。八方池付近は混雑していた。八方池山荘に着いてザックをおろしてソフトクリームをほお張り、グラードクラッドリフトに乗って下り、更に黒菱第3ペアに乗って黒菱平に降り立ち、無事に今回の山行を終えた。長男の車が無事にあったが、ドアを開けたら強烈に暑かった。カフェテリア黒菱で昼食を食べるか迷ったが、下って白馬のガストでドリンクバーのがぶ飲みをした。その後、扇沢へ私の車を取りに向かい、この日はファインビュー室山に泊まることにした。宿泊者専用の温泉に入り、夕食を食べながら生ビールをグビグビと飲み干した。翌朝、長男は用事があって松本市内へ、私は長野道を山並みを見ながら秋田へと向かった。

<コースタイム>
五龍山荘06:22→06:28白岳(遠見尾根分岐)→06:54大黒岳→08:36唐松岳頂上山荘08:52→09:08唐松岳09:24→09:39唐松岳頂上山荘09:54→10:31丸山ケルン→11:38第3ケルン(八方池)→12:13八方池山荘12:23→(リフト2つ)→12:40黒菱平
7/31布引山から爺ヶ岳を振り返る(手前から北峰・中峰・南峰)
左奥の雲海の上に八ヶ岳(左)・南アルプス(右)の間に富士山も見えた
鹿島槍ヶ岳山頂に着いて2人そろって撮した。
私(右)の背後の山が劔岳
鹿島槍ヶ岳北峰から南峰を望む
右奥が劔岳
鹿島槍ヶ岳北峰から五龍岳を望む
直下に小さくキレット小屋が見えた
五龍岳山頂付近から鹿島槍ヶ岳を望む
左手前が北峰・右奥が南峰
五龍岳山頂付近から唐松岳と白馬岳(奥の雲の中)を望む
右に八方尾根が伸びる