トップのページへ 山行記録のページへ この記事のブログへ
岩手山(2038.0m)一等三角点

2015年10月21日(水)晴れ 松川温泉から山頂往復:単独行

能代(自宅)03:17⇒(十和田IC〜東北道〜松尾八幡平IC)⇒05:34松川温泉姥倉山登山口

<今回のコースタイム>
松川温泉姥倉山登山口06:02→姥倉山山頂07:47→(黒倉山下部を巻く)→切通し(休憩)08:22〜08:25→
大地獄分岐08:34→御花畑(分岐)08:55→不動平09:51→岩手山山頂(薬師岳)(写真撮影など)10:18〜10:31→
不動平避難小屋(昼食@)10:58〜11:16→鬼ヶ城分岐11:22→切通し12:41→黒倉山(昼食A)12:54〜13:03→
姥倉山13:28→14:38登山口

<GPSデータ>
今日歩いた水平距離21.589km、累積標高+2083.570m

 
先日の10月7日同じコースを狙って来たが、期待した天気が最悪だった!仕方なく無難な縦走コースを楽しんだが・・・何としても同じ登山口から岩手山山頂を歩いてみたかった。
今日の天気予報では前半が良いと言っているが・・・前半に賭けてみることにして早朝?深夜?に自宅を出発!東北道を松尾八幡平ICから出る時点で、まだ暗かった!松川温泉の登山口に着いて、少しゆっくり準備して、明るくなって6時2分出発。季節が季節だけに、日の出が遅く、日の入りが早い!
前回(10月7日)もそうだったが、姥倉山までの登りが辛い!気温が低く、登山道は霜柱で白くなっていた。歩くとカサカサ音が出る落ち葉も白く霜が付いている。2時間ほど登り、姥倉山山頂を通過して、ようやく岩手山方面を拝むことが出来た。まだ太陽が逆光になっているため、岩手山はシルエットの様に見えた。西側の八幡平方面は朝日が当たりキラキラと輝いていた。黒倉山は下部をトラバースする道を選んで、切通しから大地獄分岐に下り、御花畑コースを登った。樹林帯の中の道を不動平を目指したが、樹林帯なので周りが見えない。ちょっと辛いコースだった。9時51分不動平に着いて山頂を目指した。風が出てきて寒い。10時18分山頂(薬師岳)に着いて写真を撮る。行動食を食べるが、北西風が強く寒い。鼻水が出てくる!お鉢の反対側を回って下った。久々に不動平の避難小屋に入り、昼食のおにぎりを1個食べた。下りは、御花畑コースではなく鬼ヶ城を通ることにした。快晴の空の下には大展望の山々が!楽しみながらゆっくり安全に下った。雫石や盛岡の街がキラキラ光っている。切通しから、登りで通らなかった黒倉山に登った。山頂には、岩手大学(私の予想)の学生や先生が、もうもうと湯気を上げる黒倉山の北東斜面を見ながら、機材を広げ、何やら話し合いをしていた。私は、2個目のおにぎりを食べて、姥倉山に向けて下った。帰りは、アスピーテラインを通って帰る予定だった。そのアスピーテラインは先日の積雪以来、17時で閉鎖されることになり、その前に余裕を持って通過したかったので、少し急いだ。急な下りでは、足腰に疲れを感じた。14時38分ようやく登山口に着いて、下山届をポストに入れた。
時間的には余裕だったが、安全のために入浴は止めて、汗まみれのまま帰路についた。報道では八幡平は紅葉が終わったかの様に言われているが、アスピーテラインの大沼から下は最高の色合いであった!大型観光バスも沢山見た。そのために、スピードを出すことも出来ず、ゆっくり八幡平の街まで下った。汚い格好で、乾いた鼻水がへばり付いた顔のまま、道の駅に寄り鹿角リンゴを買った。
来年の紅葉の時期にでも、七滝コースから岩手山を目指してみようかな?そうすると岩手山の全コースを歩いたことになる・・・でも、疲れるな(・ω・)
いよいよ山頂だ!青空が眩しい! 下りで黒倉山から山頂を望む!