トップのページへ 山行記録のページへ この記事のブログへ
岩手山(2038.2m)一等三角点
2011年8月1日(月)曇り時々霧雨:単独行

コースタイム
<登り>
登山口07:32→08:47第一噴出口跡08:58→09:32ツルハシ→10:23平笠不動避難小屋10:40→11:20山頂
<下り>
山頂11:37→12:21平笠不動避難小屋→13:07ツルハシ→13:25第一噴出口跡→14:35登山口

2011年8月1日(月)曇り時々霧雨
7月に行こうとして行けなかった岩手山へ、朝5時前に自宅を出発して日の出の太陽を前方に見ながら国道7号線・285号線を東進する。十和田ICから東北道へ乗って湯瀬PAが近づくと暗雲が空を覆い、時々霧雨が降り路面が濡れている。私のテンションがガクンと落ちて登山意欲がなくなる。岩手山が全く見えない。裾野すら見えず。登ろうか?迷いながら西根ICで下りて焼走り登山口(時々霧雨)に7時過ぎに着く。準備していたら登って行く人が1人。7時32分出発。天気が予想と違って悪い!テンションが上がらずスピードが出ない。それでも先程の人を追い越して進む。途中まででもと開き直っている。樹林帯の中は湿度が高くジトジト・・・また1人追い越して、ようやく噴出口跡に着くが、結構人が登っているようだ。噴出口の上で砂礫の斜面になりコマクサが沢山咲いている。さっき追い越した人も来て、お互いコマクサの撮影会!じゃあ!平笠不動避難小屋までっと思って進むが、噴出口から小屋までの間が辛かった。登山道脇の植物に触れるとズボンが濡れる。急な登りが2度ほど・・・小屋が近づくと何となくさわやかな風!地面も乾燥している!ラッキー!(*^_^*)!気分を良くして、小屋の階段に腰掛けておにぎりを食べるが、前方の山頂方面は霧のような雲の中。何度も立ち止まって植物の写真を撮りながら、砂礫の斜面を登り11時20分山頂に着く。残りのおにぎりを食べ終わったところに、一緒にコマクサの撮影会をした方が登って来た。お互いに山頂での記念写真を撮りあう。11時37分下山開始。植物の写真を撮りながらゆっくりと下る。小屋までは気持ちの良い下り。その後は同じくジトジト!それでも、第2噴出口跡から下方の溶岩流がなんとか見えた。登山口近くになって、大集団を追い越し14時35分登山口に着く。直ぐに近くの「焼け走りの湯」(500円)に入り汗を流しアイスクリーム(^^)/
天気が悪くて諦めかけていたが、やはり登って良かった!帰りは、のんびりと来た道を走り、18時半前には自宅に着いた。ヤレヤレ(^_^)v
砂礫のいたるところに咲いていたコマクサ 山頂でハイポーズ!
下りで撮った平笠不動避難小屋 平笠不動避難小屋周辺で見たオトギリソウ