トップのページへ 山行記録のページへ @の記事のブログへ Aの記事のブログへ
岩手山(2038.2m)一等三角点

@2009年4月18日(土)晴れ 下部(焼走りコース)上部(直登):
単独行

A2015年4月25日(土)晴れ 下部(焼走りコース)上部(直登):単独行

@4月18日(土)

能代(自宅)05:30⇒08:00岩手山焼走り登山口08:19→09:55第1噴出口跡付近(標高1220m)10:07→
外輪(標高1960m)12:11→12:26岩手山山頂12:34→12:46外輪(標高1970m)昼食13:09→
13:44第1噴出口跡付近(標高1220m)13:56→14:45岩手山焼走り登山口⇒焼走りの湯⇒18:00頃能代(自宅)

<登山時間の分析>
雪質や気象条件・ザックの重さ・体調など諸条件は異なると思いますが、歳のせいか10分遅くなった。立ち止まって休んだりした時間は入れてあるが第1噴出口跡や外輪で休んだ時間は除外した。
2006年4月
登山口→1:23→第1噴出口跡→2:02→外輪→0:20→山頂 <合計>3:45
2009年4月
登山口→1:36→第1噴出口跡→2:04→外輪→0:15→山頂 <合計>3:55

 
@4月18日(土)
アイゼン歩行をしばらくしていなかったので久々に岩手山へ!雪の量を読めなかったので、スキー・スノーシュー・アイゼンと3種類を車に積み午前5時30分自宅の能代を出発。北秋田空港前を通り十和田インターから東北道を走り西根インターで下りる。焼走り溶岩流の登山口へ8時頃到着。駐車場には車が2台駐車し、エンジンがかかり中には人がいるようだった。直ぐに溶岩流の上に登り雪の量を観察したが、溶岩流の上にはほとんど雪が無く、溶岩流上の歩行は無理と判断しスキーでの登降は諦めスノーシューを背負うことにした。ツボ足だと、登りの時点では雪が締まっているが下りで緩んで埋まるだろうという判断だ。準備をしようと車に戻ったら、2台の車からそれぞれ男の人が1人ずつ出てきた。直ぐ横に駐車していたエスティマの人が話しかけてきた。「山頂まで行くのですか?」と聞かれ「ハイ!そうです」と私が応え、「私は無理かな?」と言われ「イヤー大丈夫でしょう!」と応えた。何だか無責任な会話だった。準備が先に出来たので8時19分「お先にー!」と言って出発した。登山届けを出し雪の無い夏道を進む。もう1台の人はスノーボードを出して準備をしていた。1km程進むと徐々に雪が残っていて、(焼走りまで2.2km頂上まで4.5km)と書かれた標柱の所では雪上歩行となっていた。雪がまだ締まっていて歩きやすい。スノーシューは背負ったまま登る。9時42分下の第2噴出口跡を通過。9時55分上の第1噴出口跡の所にある火山活動の注意についての案内板(以前警報装置があった)の所に着く。行動食を食べ水分を補給。スノーシューはここにデポすることにして鉄製の標柱に細引きで縛る。思ったより雪が硬かったのでここでアイゼン(12本爪)を履く。このアイゼンは、2度のアンデス遠征で使用したものだがバックルが壊れ、ICI石井の群馬太田店の店長さんに無料で修理していただいたものだが、それから初めての使用だ。10時7分出発。これからは長い長い雪面の登りになる。外輪までの標高差は740m程である。ピッケルは背負ったままストックを突いて登る。いくら登っても雪面の風景は変わらず外輪部の岩も遠く上部に見えるだけだ。何度も喘いでは止まり、喘いでは止まった。外輪の岩が徐々に近づき、下を見下ろしたら遠く下の方にポツンと人影が見える。もしかしてエスティマの人か?外輪が近くになったら例年より雪が少ないように思えた。溶岩流の上もそうだったが、今年は雪が早く無くなりそうだ。もっと外輪近くまで急斜面の雪面が残っているはずだったが、不安定な砂礫と岩のミックスした斜面になり、右(山頂方向)に斜めに登ることにした。不安定な赤い砂礫の部分をトラバースして比較的安定した岩場に取り付いて直登する。12時11分外輪に着きアイゼンを外し、下降地点が分かるようにアイゼンを目印に置く。風が強い!外輪を山頂まで標高差80m程登り、12時26分山頂の一等三角点に着く。風が強く吹いて寒いが展望は良い!鳥海山は見えないが早池峰・秋田駒・八幡平・岩木・八甲田・森吉が見える。外輪をズーッと眺めたが人影は無い。写真を撮り12時34分外輪を下って外輪からの下降地点付近の風が当たらない場所を探し、展望を楽しみながら昼のおにぎりを食べ、春の気配を感じながらのんびりと過ごす。登りで外輪にたどり着くまでの岩場はは不安定だったので、山頂寄りの少し残っていた雪面を下ることにしてアイゼンを履く。13時9分下山開始。急斜面の雪面はアイゼンが良く効いて気持ちが良い。アイゼンを引っかけて転倒すれば奈落の底だが、そこは慎重に重力に逆らわないように確実に下る。徐々に右へと登ったコースの方へ斜めに下り、13時39分登りのトレースに合流。13時44分スノーシューデポ地点(第1噴出口跡付近)に着く。アイゼンを外しひと休み。スノーシューを履く。人影は無い。13時56分下り始めるが、スノーシューのアイゼン部分に雪の塊が付き制動が効かず斜面を滑るように下る。第2噴出口跡を過ぎ標高930m付近まで来たら前方を高校生らしき集団が下っている。挨拶をして話しかけたら平舘高校山岳部の顧問の先生と生徒達だった。練習登山だということだったが上部にはトレースも無く、どこまで登ったんだろう?と思いながら追い越して下っていた。雪が少なくなりスノーシューを手に持って14時45分登山口駐車場に着いた。車が7台程駐車しており、今朝の2台もまだあった。2人は下りでは見なかったがどうしているんだろう?着替えて車に乗り、直ぐ近くの「焼走りの湯」に向かう。入浴(350円)してアイスを食べる。至福のひととき!あとは来た道を帰るだけ!十和田インターと西根インター間の高速道路料金も土曜日とあって千円!午後6時頃には自宅に着く。久々の岩手山だが、あっけなく登り少し拍子抜けだが、高度感のある斜面のアイゼン歩行を楽しませてもらった!
山頂でまたもセルフタイマー! 右の方から巻いて下って来て登りのトレースにたどり着いた。直登しているトレースが良くわかる。ここから外輪までの標高差が600m余り、下の第1噴出口跡までが150m程である。 


A4月25日(土)

<今回の通過タイム>
焼走り登山口07:38→09:14第1噴出口跡(アイゼンとヘルメット装着)09:42→外輪12:12→12:17山頂(写真撮影など)12:35→
12:40外輪直下の岩陰(昼食)13:03→13:43第1噴出口跡(アイゼンとヘルメットを外す・お二人の方と会話)13:59→14:58登山口


朝5時前に自宅を出発。天気は良いはずだ!自宅を出た時は朝焼けだったが、二ツ井町付近からは霧の中だった。それでもライトも付けず突然霧の中から飛び出す車もいる!何を考えているんだろう?霧は大館を過ぎるあたりまで続いた。東北道から岩手山がくっきり見えてホッとした!焼走り登山口の駐車場に着いて準備した。スキーも考えたが、山頂に行きたかったのでアイゼン歩行にした。間もなく札幌ナンバーの車が2台やって来て、八戸ナンバーも!皆さんスキーのようだ。
私が一番最初に出発することになった。7時38分登山届けを出し、雪が消えた登山道を登る。途中から雪が出始め良く埋まるがやがて安定して雪の上を登ることになる。焼走り溶岩流の上はほとんど雪が消えていた。上の第1噴出口跡でアイゼンを履く。以前は真っ直ぐ外輪を目指したが、今回は最も上部まで雪の残っている右寄りのコースを登ることにした。噴出口では見えないが、登山口駐車場で確認した。長い長い雪面の登りで何度も喘いだ。雪面から外輪へのガレ場に着いた頃には疲労困憊だった。山頂には12時17分に着いた。風が強く寒い!3人の人が不動平の方から外輪を登って来る。登って来るのを待ってお互い写真を撮った。この3人の方は馬返しから登ってきたと言っていた。余りにも寒いので、直ぐに下山すると言う。私も反対の方向に下り、ガレ場の途中にある岩陰で昼食を食べた。
急斜面の下りは、アイゼンの踵部分しか雪面に刺さらないので、慎重にジグザグに下った。長い下りの後、噴出口跡に着いたら、お二人の方が休んでいた。札幌と八戸の方だった。7人が山頂を目指していると言っていた。札幌中央勤労者山岳会の人達だそうだ。明日は秋駒、その次は岩木山・・・1週間ほど居るんだとか?すごい人達だ!
私は、アイゼンとヘルメットをはずして、お別れを言って下った。登山口は沢山の観光客がいた。若い男の人が近づいてきて、岩手山のいろいろを聞かれた。山を振り返ったら、私の歩いたトレースが見えていた!ビックリした!
この後は、いつものように焼走りの湯に入り、久々に安いアイスを食べた!東北道は良いが、一般道のノロノロ運転には参った(>_<) 
山頂での写真
ヘルメットは落石対策
外輪直下の下りでの写真
登りは直登したが、下りでは安全のためジグザグに下った 
今回登ったコースを写真に赤線で示してみた。いつもは黒線で示した噴出口跡から真っ直ぐ登る、直登コースを登るのだが、雪が少なく、なるべく雪の残っている赤線のコースにした。赤線の上部はかなり急斜面なので緊張が強いられる。
2009年4月18日の登りは黒線のコースだったが
下りは赤線のコースにした。