トップのページへ 山行記録のページへ この記事のブログへ
岩木山(1624.6m)一等三角点

2016年3月27日(日)晴れ 百沢スキー場から・途中で断念2人パーティ

<今回のコースタイム>
百沢スキー場駐車場09:10→ゲレンデトップ10:57→1140m付近(昼食)11:50〜12:28→1230m付近12:47(断念)
下山開始13:02→ゲレンデトップ(休憩)13:25〜13:42→14:21駐車場

<GPSデータ>
今日歩いた水平距離8.976km、累積標高+1117.520m

hontakaさんと二人で、かなり前に嶽温泉から2度ほど登ったのだが、百沢のスキー場からは初めてであった。事前に情報を集めて、二人で挑戦することにした。大館で落ち合い、それぞれの車で矢立峠を越えアップルロードを走って百沢のスキー場に着いた。スキー場は終了していたのだが、ゲレンデ下部でスノーモービルの大会が行われていた。爆音を鳴らして走り回るスノーモービルに、ちょっと違和感を感じながら、9時10分車道を歩いて沢を越えてゲレンデ右端の方へ移動して、ゲレンデを登り始めた。気温の上昇したためかゆるんだ雪だった。呼吸が乱れて、何度も立ち止まる。スノーモービルの爆音は、下山して車で帰るまで続いた。
ゲレンデ最上部に着いた時には11時少し前だった。風が強く少し寒かったがアウターの上は脱いだままだった。低灌木のヤブの尾根から、細めのブナ林になり、痩せ尾根になるあたりから樹林帯から抜けた。左手の方には焼止りヒュッテがあるはずだが見えない。夏道が沢の中になるあたりから斜度が増す。そこで上部から下って来た単独の人と会った。「上部はガリガリで危険なので途中で諦めた!」とアドバイスを受けた。その頃、左の鳥海山の下部を巻いて登って行く4人のグループが見えた。「あの方達はスノーシューだ!」ということだった。我々2人は行ける所までということにして、登り始め1140m付近で昼食を食べることにして大きな樹の所で、しばしくつろいだ。昼食後登り始めたが、高度感が増し少し怖い!雪質は、硬めのモナカ状態。スキーでは沈まないが、つぼ足になるとバリッと表面の雪が割れて沈む。厄介だ!更に、hontakaさんのシールが滑り始める。古いシールを持って来たらしい!私の下方で手こずっている。これ以上登るのは危険と思い、1230m付近で断念することにした。シールを外すような安定した場所までつぼ足で下り、シールを外した。この後は、刻々と変わる雪質や低灌木の間をすり抜けるアクロバットのような、苦難の下りだった。ゲレンデトップに出てホッとしてゆっくり休んだ。ザラメに近いゲレンデの雪に、少しは気持ち良く滑ることが出来た。同時に、爆音が近づいた。スノーモービルの大会会場を迂回して、車道を歩いて回り込み、14時21分ようやく車に着いた!岩木山を仰ぎ見たら、雲が切れて山頂まで綺麗に見えていた。
hontakaさんシールが滑り苦戦! ゲレンデトップに下りて山頂方面を振り返る!