トップのページへ 山行記録のページへ 記録(8月8日)のブログへ 記録(8月9日)のブログへ
南アルプス鳳凰三山
(薬師岳・観音岳・地蔵岳)
2015年8月8日(土)〜8月9日(日)2人パーティ
8月8日(土)晴れ
昨年の夏に計画をしたが、感染性胃腸炎で行けなくなり、ガッカリだった。下山後、御嶽山に登る予定だったが、その御嶽山が9月下旬に噴火して、その後登れなくなってしまった。
感染性胃腸炎が少し良くなり、福島の吾妻山へ行った。その吾妻山も、火山活動により通行止めや入山規制が続いている。
そこで今回は、昨年計画した鳳凰三山と乗鞍岳へ行くことにした。御嶽山に登ることが出来ないので、乗鞍岳へ変更した。
8月7日(金)午前7時、しょうすけジュニアと秋田県能代市の自宅を出発。新潟経由で山梨県の韮崎を目指した。ロングドライブの後、韮崎ICを下りて、近くのオギノ韮崎店で買い出し、同じ敷地内にあったデニーズ韮崎店で夕食を食べた。その後、鳳凰山の登山口になっている夜叉神峠を目指し、21時に着いた。100台駐車出来る駐車スペースは、幸い空いていて駐車することが出来た。登山準備をして、車泊した。
8月8日(土)朝、軽く朝食を食べて6時7分登山届けを出して出発した。カラマツ林の気持ちの良い登山道をジグザクに登ると夜叉神小屋に着いた。多くの登山者が休んでいた。杖立峠・苺平と進み、予定より早く進んだ。しょうすけジュニアと相談の結果、宿泊予定の南御室小屋には早く着きそうなので、更に先にある鳳凰小屋まで行くことにした。南御室小屋ではトイレタイムなどを含めて40分ほどゆっくりした。それまでの樹林帯から突然白い砂と岩の砂払岳に着いて、展望が良くなった。少し下って薬師岳小屋を通過して、少し登ると12時2分薬師岳山頂に着いた。気持ちが良く広い山頂部だった。次に、鳳凰三山の最高峰観音岳に登り少し休憩。観音岳から下って、尾根上の分岐から樹林の中を標高差320m下って14時10分鳳凰小屋に着いた。
幕営の手続き(1人800円)をして、疲れた様子のジュニアのために、直ぐにテントを張り、テント内で休ませた。10分ほど休んだら、元気そうに起き上がったので、テント内を整理して、鳳凰小屋横のテラスに移動して2人で楽しい宴会タイムになった・・・

8月9日(日)晴れ
朝起きたら今日も晴れ!前日、尾根から鳳凰小屋まで350m余り下ったので、それを登り返さなければならない。体調もまずまず(^^)/
6時28分に小屋前を出発して、樹林帯を登る。やがて砂地の急斜面になった。空は青く気持ち良い!やがて地蔵岳と書かれた看板前に到着。その直ぐ近くが賽の河原と呼ばれている場所で、お地蔵さんが沢山並んでいた。子供の欲しい夫婦が沢山並んでいる石地蔵「子授け地蔵」の一体を持ち帰り、家に祀っておくと子宝に恵まれるという。子供が授かったらそのお礼に石地蔵を二体にして賽の河原に返すという風習があったようだ。不思議な雰囲気の場所だった。背後には北岳が凜としてそびえ、脇には地蔵岳のオベリスクが天を突き刺していた。
空身でオベリスクに挑戦してみた。一緒に登ってきた京都から来た高校生が最後の岩のところで断念した。我々もほぼ同じ所から下ることにした。下ってアカヌケ沢ノ頭(尾根の上の分岐)に登り、広河原を目指すことにした。下る前に高峰を超えなければならない。他の登山客と相前後しながら、9時14分高峰に着いて休むことにした。ここからは、広河原まで標高差1200mをひたすら下ることになる。先程オベリスクで会った高校生とは別の高校生達が我々を越して、アサヨ峰の方へ縦走して行った。高峰から標高330m程を下って、白鳳峠に着いた。だんだん暑くなってきた。白鳳峠から広河原までは標高で920m程を下らなければならない。上部は岩が折り重なったガレ場を下ることになる。途中から樹林帯に入り、徐々に傾斜がきつくなる。鉄梯子の部分もあった。上部を下りながら、奥穂高岳の白出のコルから白出沢を下った時のことを思い出した。少しだけ似ている。12時21分脚をカクカクしながらようやく車道に下りた。車道を10分余り歩くと広河原のバスターミナルに着いた!12時45分発のバスに間に合ったぁ!並んでいたので、我々も並び乗車。甲府行きのバス3台が連なって出発。時々対向車とすれ違うのに苦労しながら、45分ほどで夜叉神峠に着いた。下りたのは我々だけのようだった。駐車していた私の車にザックを積み、芦安温泉までジグザグの道を下り、韮崎ICから中央道に乗った。諏訪湖SA内の温泉で汗を流して着替えた。気持ち良くなったところでスターバックスのコーヒーを飲みながら、Wi-Fiを利用して乗鞍岳のバス時刻の確認をした。タブレットをいじっていたジュニアが、「ご来光バス」というのがあるよ!乗鞍高原の観光センター発が午前3時40分だということだった。どうせなら「ご来光バス」にしようということに決まり、SA内で夕食を食べた。
その後は、松本ICで一般道に出て、乗鞍高原を目指した。松本に7年も住んでいたしょうすけジュニアに、ここだけは運転してもらった。コンビニで買い出しをして、暗い道を登って乗鞍高原観光センターに着いたら広い駐車場に車が沢山あった。エンジンをかけたままのキャンピングカーもあり、センターの広いテラスで飲み会をやっている人達もいた。これって、もしかしてご来光バス待ちの人達?少し不安になって、車の中でうたた寝をした・・・
宿泊予定だった南御室小屋 砂払岳と薬師岳の鞍部にある薬師岳小屋
広々とした薬師岳山頂・背後には北岳がドカッと座っていた 泊まった鳳凰小屋・テント場は小屋の右後ろにあった
地蔵岳の賽の河原オベリスクは写真の右手にある 地蔵岳のオベリスク・賽の河原は写真左下の人の左手にある