トップのページへ 山行記録のページへ この記事のブログへ
早池峰山(1913.4m)一等三角点

2015年6月1日(月)晴れ :
単独行(握沢登山口より山頂往復)


<今回のコースタイム>
(登り)
握沢登山口06:52→五合目鳥居(垢離取場)07:39→六合目(平津戸コースの分岐)07:48→七合目08:12→
八合目(不動明王の石碑あり)小休止08:45→09:45山頂(昼食・展望・徘徊)
(下り)
山頂10:14→登ってきた男性と話す→八合目11:10→七合目11:32→六合目11:51→五合目12:01→
巡視員の方と話す→12:44握沢登山口

先週末は、用事があって動けなかったので,月曜日をねらっていた。
先日、本荘山の会慎哉さんの早池峰山の記録を見て、そうだった!っと思い出すものがあった。それは、早池峰山に登る度に、いつか国道106号線側(JR山田線側)からも登ってみたいな!っということであった。今週は藤里駒ヶ岳へ行こうと思っていたのだが、ナリユキさんの記録で、ハエが沢山いた!と書かれてあったので延期!早池峰山の登山道の状況も、おおよそ分かったので、早池峰山に行き先を変更!
深夜3時過ぎ、自宅の能代を出発。十和田ICから東北道へ・・・盛岡南ICで下りて宮古方面へ向かう。途中のコンビニに入って朝食と昼食を購入。6時前なのに、作業服を着た人達が次から次へと食料を買って宮古方面へ向かって行く!なんだこれは?っと思ったが、道を先へ進んで分かった。道路工事やトンネル工事など、災害復興工事が盛んに行われている。車も数珠つなぎだ!道路が完成した部分は立派な道路になっていた。
私は、国道106号線を宮古方面に向かい、門馬のトンネルを出て間もなく細い道路へ右折。御山川の橋を渡って約4.5km進むと、握沢登山口に着く。林道だが途中まで舗装されていた。登山口までは普通の乗用車でも十分通れるくらいの道であった。
準備して6時52分出発。沢沿いの道は整備されていて、遊歩道のようだった。30分ほど歩くと、徒渉して五合目の鳥居のある垢離取場に着く。この先は登りが山頂まで続く。道は比較的良く整備されていて、道を間違えるようなことは無いと思われる。八合目を過ぎると、少しずつ雪が増え、雪の斜面を登ることになる。雪が半端に残っているため、雪面から登山道に入る所を見失うと大変なヤブになる。見失わないように、ピンクテープの標識を探しながら、慎重に登った。山頂が見え、避難小屋横横を通って9時45分山頂に着いたら、5〜6人の登山者がいた。展望を楽しみながら、少し早かったがおにぎりを2個食べた。山頂部を少し徘徊して、10時14分下山開始。下りは、雪が消える八合目の上あたりから、登山道上の大きな岩で転倒しないよう慎重に下った。
八合目の少し上で、登ってきた男の単独行の人とすれ違い、少し長い立ち話をした。盛岡から来た方で、私の秋田ナンバーの車を確認してきたようだった。あとは下りに飽きてきた頃に五合目の鳥居に着いた。仮設の丸太の橋を渡り、沢沿いに下っていたら、一生懸命道の整備をしていた自然保護観察員?と書いた腕章をした人と会った。ここでは少し長い話をした。登山道整備のお礼を言って下り、12時44分登山口の車に着いた。思ったより良いコースで、満足の登山だった。
巡視員の方が、花の好きな人は小田越や河原坊から登れば良いし、こっちは山好きが登れば良い!と言っていた。話すことが沢山あって、話がなかなか終わらなかった。「登山道整備ご苦労様です!ありがとうございました!」お礼を言って立ち去ったが、まだ話し続けたいようだった。それだけこだわりがあって、登山道の整備をやっているようだった。
車に着いて、靴だけ履き替え、服装をそのままで帰路についた。途中にある兜明神岳に登ろうと思っていたのだが、面倒になってそのまま通過した。盛岡市内のスーパー銭湯に入る予定も止め、コンビニで飲み物などを買って、自宅へ向けて車を走らせた。エアコンをかけても何だか暑い!日差しが強い!山よりも疲れそうだ!それでも、夕方5時近くになって自宅に着いた。
(山頂から確認出来た山など)
八甲田・岩手山・姫神山・八幡平・森吉山・秋田駒ヶ岳・和賀岳・焼石岳・栗駒山・鳥海山・そして宮古湾
下る途中、山頂方面をバックにセルフタイマーで・・・ 握沢登山口。山頂まで6.2kmと書いてあった。