トップのページへ 山行記録のページへ しょうすけのブログへ
青森県櫛ヶ峯・駒ヶ峯(南八甲田)
二等三角点(1516.5m)・?等三角点(1416.3m)


2011年5月16日(月)晴れ
3人パーティ


5月16日(月)晴れ
<今回のコースタイム>
睡蓮沼駐車場09:04→駒ヶ峯の先の尾根(1375m)10:39→11:28櫛ヶ峯山頂11::50→駒ヶ峯12:48→13:38睡蓮沼駐車場

23年ぶりの櫛ヶ峯へ!本当に久し振りです・・・hontaka氏も私も1988年に登って以来なのです。
今回も、いつまでもテレマーク初心者の私(ウロコ板)と今季初心者(シール装着)のhontaka氏とtukamasa氏の3人で!私はフリーだが2人は今日が代休だった。
大館に集合し、7時半出発。黒石を通り睡蓮沼に着いて準備。数台の車が駐車している。晴れの少し暑い天気の中、準備して9時過ぎ出発。まだ雪の中の沢を左下に見ながら、緩い尾根の上を登り1250m付近からオオシラビソの緩くなった斜面を右寄りに駒ヶ峯下部の湿地の雪面を目指す。駒ヶ峯のピークからの雪に覆われた斜面が見え、北側の下部(1330mのコンター付近)をトラバースして駒ヶ峯の先の尾根(1375m)を越えて櫛ヶ峯下部へ下る。途中、1人のつぼ足で歩くトレースを何度も見る。櫛ヶ峯の下部に着いて、ボードを背負って上部を登る人を発見!つぼ足の人は彼だった!標高差200m程の大雪面の登りを喘ぐ。11時28分スキーを脱いで雪のない山頂に着く。ボーダーの男性と挨拶する。昼飯を食べていたらボーダーは下って行った。我々も11時50分下山開始。大雪面の滑走!気温が高く雪が重い!何とか下り駒ヶ峯を目指す。もう一度櫛ヶ峯の斜面・・・と思ったが、登る気力無し!それに、天気予報は「夕方、雷雨」とあったので先を急いだ。確かに遠く秋田寄りに雲が増え、積乱雲も発達している。駒ヶ峯の斜面を楽しみオオシラビソの樹林帯を下って沢の中を睡蓮沼にダラダラと・・・13時38分下山。ボーダーの彼が車で出発するところであった。手を振ったので私も手を振る!
雪の残る睡蓮沼で写真を撮り、車に戻ったら、2台の車が着きボーダーが下りてきてスコップとボードを持って近くの斜面へ・・・!雪の斜面で午後の一時を楽しむのだろう(*^_^*)!
我々は、下山が早かったので青森のグリーンハウスへ・・・コーヒーを飲んでから、雨がポツポツ落ち始めた東北道を帰路についた・・・
櫛ヶ峯の重い雪の斜面を下るふたり。
下山時、櫛ヶ峯をバックに駒ヶ峯の尾根を進む。
(登りの時は北側の下部をトラバースする)