トップのページへ 能代山本地方の山へ しょうすけのブログへ
羽後 焼 山(常盤林道経由)
途中で断念!
(963.1m?等三角点)
2014年3月17日(月)単独行
3月17日(月)曇り

<コースタイム>
能代市常盤大柄滝入口バス停07:58→常盤林道→林道から尾根へ10:44→12:00標高600m付近の尾根12:28→
尾根上でトラブル→尾根から林道へ13:31→15:58能代市常盤大柄滝入口バス停

3月17日(月)
羽後焼山へは、主に水沢山ルート、二ツ井の窓山からのルート、そして常盤林道からのルートの3コースが考えられる。
今回は、このうち未踏の常盤林道コースを歩いてみようと考えた。しかし、出発時間が遅く、途中敗退は明らかだった!
それでも様子も見たかったので、大柄の滝入口を7時58分出発。スノーシューでなくステップ板のスキーを履いた。理由は林道が長いからだった。それが、後でトラブルの原因になる・・・
林道は沢を巻いてうねうねと続く。やがて、岩のゴツゴツした山が両側から迫る場所をしばらく進む。それを過ぎると林道の両側が平たんな造林杉の地帯に入る。そこをしばらく進み地図を見て、適当な左の尾根に取り付けば良い。ここまで林道上を約2時間半以上かかった。10分以上休んでから尾根に向けて登った。旧峰浜村との境界の尾根に上がると西風が冷たい。天気予報より雲が多く日も指さない。寒い!痩せ尾根が続く急斜面あり、緩斜面あり、この辺でバテてきた。12時頃668mピーク手前の600mくらいのピークで断念することにした。少し手前で、左足のスキーに違和感を感じて調べてみたら、スキーのクライミングサポートの金属部分が破断していた。クライミングサポート無しで急斜面を登るのは辛かった・・・第一のトラブル
カップラーメンを食べて、羽後焼山のピークを確認して、12時28分下山開始。下りの途中、痩せ尾根の急な所で立木に衝突しそうになって、左足のエッジを立てたら、左のスキーが雪の段差に靴の所まで刺さって、それを回転軸にして右後方に回転して転倒。左足は動かなかったのであおられて、くるぶしの所と膝の内側で身体の回転を吸収!激痛が走った!叫びたかったが、唸りながら体勢を戻そうと頑張った。衝突しそうになった樹に捕まって恐る恐る立ち上がった。立てる!っということがわかってホッとした。でも、痛い!・・・第二のトラブル
必死で尾根を進み、ようやく林道に出た。左足に負担をかけないようにして、林道を歩き15時58分車に無事着いた。単独行(おひとり様)のリスクは重々感じていたが、こういうこともある。歩くことが出来たのは幸いだった。GPSデータによると、今日歩いた距離は21km余り、活動時間は8時間余りだった。左足をかばって歩いたためか?右脚の靴にあたる所が数カ所皮がむけていた。
帰宅してシャワーを浴び、直ぐに向かいのかかりつけ医(内科が専門)に行ったら、右と左を比べて左の足のくるぶしの周りと膝の内側が腫れているよっと指し示されて、改めて確認した。明日はもっと腫れるよっと言われ、整形外科に行くことを勧められた。しばらく山はダメかな???っと思わざるを得なかった。
翌日、痛みに耐えかねて、整形外科医院に行った。骨はひどい損傷はないが、靱帯がやられていると言われた。くるぶし周辺は、湿布してからギプスシーネという方法で固定、膝周辺は湿布して包帯でグルグル巻きにされた。2〜3週間はこのままのようだ。
このコースで歩いて登頂した記録はナリユキ氏タロンペ氏の記録をご覧ください。
車を駐めたバス停で、
左へ行くと大柄の滝、常盤林道は前方右の橋を渡って進む
最高到達地点の標高600m付近から
直ぐ目の前のピークが668m、矢印のピークが羽後焼山