トップのページへ 能代山本地方の山へ しょうすけのブログへ
羽後 焼 山(岳林道・四十八滝林道経由)
(963.1m?等三角点)
2012年3月16日(金)2人パーティ
3月16日(金)晴れ後曇り

<コースタイム>
能代市二ツ井町窓山の駐車地点06:08→林道から尾根へ07:45→12:08焼山山頂12:53→尾根から林道へ16:35→17:53能代市二ツ井町窓山の駐車地点

<GPSデータによる歩いた水平距離>
登り:10.30Km(林道を一部ショートカット)
下り:10.69Km(急斜面では大きく回り込んだりジグザグに下り、林道はショートカットしなかった)

3月16日(金)
2月29日(水)に到達することが出来なかった焼山へリベンジ!
前回より出発を30分早くしたので、自宅を暗い中での出発となった。前回同様、能代市二ツ井梅内の窓山を目指した。林道入口に着いたら相棒のnariyuki氏はもう着いていた。
準備して午前6時8分出発。nariyuki氏はアルペンスキー、私はテレマークスキー。岳林道を所々ショートカットして登る。ようやく明るくなって日が差し出した。途中から四十八滝林道になる。数カ所、法面の雪が崩落して大きな雪の塊が林道をふさいでいた。2011年3月7日に長場内岳へ登った時に比べると雪がはるかに多く、案内の看板がほとんど雪の下になって見えなかった。1時間半余りの歩行の後ようやく林道から606mピークへの登り地点に着く。ここからが本当の勝負だ!この尾根は570m付近の西斜面をトラバースした。その先は尾根を何カ所も超え、2月29日に小滝山から登って来たコースと合流し、長場内岳への尾根が分かれる所を通過して、午前11時に前回の到達地点910mピークに着いた。更に尾根が連なる先へと足を伸ばす。アップダウンを繰り返し、12時8分ようやく焼山山頂に立つ。私は3度目の山頂だが、nariyuki氏は4度目となる。相変わらずブナが視界を遮り展望は悪い。数本のダケカンバもある。前に通ったことがある次郎左衛門岳が大きく見える。世界遺産の核心エリアの境界なので行くことが出来るのだが、そんな余力はない!比較的展望の良い山頂尾根の南東端で昼食を食べることにする。展望を満喫し腹ごしらえもして12時53分下山開始。硬い雪の上に重い雪が20cm程乗っかっている。短い急斜面のアップダウンが続くのでシールを付けたままの下りとなった。910mピークから下って、更に下部になると雪質が変わった。硬雪の上にザラメに近い雪が20cm程乗っかり、表面はクラストしていた。硬雪との間が弱層になり、力を入れると表層がザーッと流れてしまう。やっかいな雪だった。急な登りや下りで力を入れると筋肉が悲鳴を上げていた。nariyuki氏はシールに雪が付着して苦労をしていた。シールを外せるような斜面は無かった。16時35分やっとの思いで林道に下りた。行動食を食べ水分補給をした。林道は数カ所登り返しがあったのでシールは付けたまま進んだ。最後の登りが終了し、シーを外して滑走した時の気持ちよさは格別だった。17時53分車が見え、到着した。ヘッドランプを使わなくても良かった!と、お互い安堵の言葉が出た。お互いの車に乗り暗くなった梅内の集落を走り、自動販売機(前回同様)でコーラを買って飲みながら帰路を急いだ。全身に水分が染み渡るような気がした。

<コース地図については>
@出発地点の窓山から606mピークを通り778mピークまで
      → 長場内岳へ行った時のコースとほぼ同じ・・・こちらを参照

A林道から尾根に上がった606mピーク付近から焼山まで
      → 2012年2月29日の
地図参照
910mピークを越え山頂へ向かう途中で、写真を撮るnariyuki氏
左に長場内岳が見える
焼山山頂尾根の南東端で昼食を食べながら登ってきたコースを眺める
2人のスキー板は、左が私のカルフのステップ板のテレマーク、右がnariyuki氏のアトミックのアルペン
西や北は樹林で視界が悪い。写真のギリギリ左端から岩木山・小岳・冷水岳の尾根・藤里駒ヶ岳(右端)
左端から藤里駒ヶ岳・田代岳(奥の方)・長場内岳
山頂から少し下った尾根の上から、右に伸びた大きなピークが910mピーク
左に長場内岳が見える