トップのページへ 能代山本地方の山へ しょうすけのブログへ
羽後 焼 山(小滝山614.2m経由)
(963.1m?等三角点)
2012年2月29日(水)2人パーティ:快晴
途中で断念!
下にコース地図が1枚あります
2月29日(水)快晴
能代市二ツ井町窓山06:40出発→滝ノ沢に架かる橋07:09→09:00前後に小滝山下部500m付近をトラバース→11:54(910m)ピーク(昼食)12:38→15:12小滝山15:30→17:10窓山

2月29日(水)
焼山は能代市の最高峰(963.1m)で1990年3月にに高校生と一緒に春合宿で通過したことがあった。その後nariyuki氏と2人で2010年に水沢山経由で焼山へ行ってから、反対側の尾根(二ツ井街側)から行こうかという話になっていた。今回行くことになったのだが、地図で確認したらかなりの距離だ!私自身は登り5時間半だと思った。当日は気温が上がるという予報だったので、雪崩や雪庇崩落の対策としてザイル・カラビナ・スコップ・ゾンデ棒などの装備もザックに詰めた。
午前5時20分に自宅を出発、コンビニで買った朝食を食べながら能代市二ツ井町の種梅地区を通り、6時半前窓山に着いた。もうnariyuki氏が着いて準備していた。窓山の林道入口に車を駐め6時40分出発。岳林道を進み、途中から急斜面を小滝林道に下りた。その先で滝ノ沢に架かる橋を渡り、間もなく林道から尾根へ小さな沢の中を登って尾根の上に乗った。この尾根を延々と小滝山をめざす。ブッシュが多くなかなか歩きにくいコースだが、林道を進むより近い。小滝山山頂への尾根を標高500m付近まで登り、そこから小滝山背後の尾根に回り込んで(トラバース)焼山に通じる尾根を目指す。回り込んだ尾根の先には夏道の案内板があった。長場内岳へ登った時の尾根へと進むが、登りがきつくなり雪が深く重く喘ぐ。スノーシューを履いていても苦しい。更にその先で長場内岳へのルートと分かれて焼山へ向けて進んだ。次第に時間が経過して下山時刻が気になる。11時54分焼山が良く見える手前の910mピークで断念!気落ち良い快晴の天気の中、雪面にドッカと座って昼食を食べた。鳥海山・八幡平と岩手山・男鹿半島・森吉山など南側の大展望台であった。12時38分下山開始したが時々立ち止まって写真を撮る。長場内岳が大きく迫りその奥に藤里駒ヶ岳が鎮座する。小岳や岩木山、八甲田山も良く見える。ドンドン下って小滝山下部のトラバース後、小滝山の山頂へ登る。前にあった山頂を示す看板はなかった。小滝山から下り、尾根の上を戻りながら疲労を感じていた。好天で暑く汗をかいていたから水分が欲しかった。17時10分ようやく窓山に着いて、残っていたアクエリアスを一気に飲み干した。nariyuki氏の話では出発から到着までの行動総時間が10時間30分だということであった。それぞれの車に乗り帰宅の途についたが、私は梅内の商店前の自動販売機でコカコーラのペットボトルを購入。自宅に着く前に空になっていた。最高に美味しかった!今回はアイス無しになってしまった。帰宅して体重計に乗ったら2kg減っていた(*^_^*)!いつも直ぐ戻るのだが・・・一時の喜びである。多分水分が抜けただけだと思う。
とにかく、登頂を逃してしまったのだから・・・そのうちnariyuki氏からリベンジの話しがあると思う!
少し下って振り返った焼山と到達地点の910mピーク
下りの途中で、左から小岳・岩木山(重なっている)・冷水岳・藤里駒ヶ岳・長場内岳
<追加画像>
翌日(3月1日)の夕方、能代市の中川原から焼山周辺の山並みを撮してみました。

今回歩いたコースの小滝山から先の部分、小滝山までの部分はこちらをご覧ください!