トップのページへ 秋田県の山ページへ 能代山本地方の山へ この記事のブログへ
藤里駒ヶ岳(秋田県山本郡藤里町)
(藤里駒ヶ岳1157.9m二等三角点)

2015年6月18日(木) 単独行

樺岱から山頂へ登り、反対側の田苗代湿原に下り、山頂へ登り返して樺岱へ下りる

<コースタイム>
樺岱登山口08:37→ブナ平08:55→樺岱ピーク09:25→前岳付近09:34→山頂09:59〜10:04(休憩)→分岐10:09→(岩場コース)→田苗代湿原の分岐→(田苗代湿原:おじさんとの出会い!)→(通常コース)→分岐11:41→山頂付近11:48〜12:09(昼食)→前岳付近12:29→樺岱ピーク12:36→(少しタケノコ採り)→ブナ平13:11→13:28樺岱登山口

6月18日(木)曇り一時晴れ

ナリユキ氏が藤里駒ヶ岳へ行ってハエが多い!っと言っていた5月28日からしばらく経ったのでそろそろ良いのかな?っと思って出かけた。
天気予報では、夕方雷雨があるかも?っということだったので少し早めに出かけた。相変わらず素波里からの林道は長くデコボコだ!30年ほど前、ナリユキ氏などと一緒に八森から白神山地を縦走した時には、5日目に冷水と藤駒の鞍部から、藤駒を越えて雪の林道を熊の岱のバス停まで歩いた。良く歩いたな〜!っと感心しながらデコボコの林道を進んだ。昨日雨が降ったようで、水溜まりが多く、車は泥にまみれた。ようやく樺岱登山口近くの駐車スペースに着く。途中の林道分岐にわかりやすい看板が欲しいなぁ?
8時37分出発。薄着にしているのだが暑い!徐々に高度を増すが汗びっしょり!時々冷たい風を感じるが、それがかえって何か雷雨の原因にならなければと体感する。ブナ平・樺岱のピーク・前岳を通って山頂手前の急斜面を登り9時59分山頂に着く。期待に反して大量では無いが、気になるくらいのハエがいる!行動食を食べ、水分補給をして田苗代湿原へ向け下る。分岐では岩場コース?を下ることにする。樺岱コースでは見なかった花を少し見ながら、10時41分田苗代湿原の分岐に下りた。ここからは湿原の木道を歩いて通常コース?へ向かう。湿原にはニッコウキズゲやミツガシワが少し咲いている。タケノコを大量に背負った方と木道上で少し話す。その方は、タケノコ採りの方だった。いろんな話をした。二ツ井営林署と書いた白いヘルメットをかぶっていた。二ツ井営林署時代の話や来る時道路工事中で登山口まで1時間ほど歩かなければならなかった事。この荷物だから帰りは1時間半かかること。私より10歳年上だ!ということ。何だかホッとする出会いであった!10年後の私はこの方のように歩けるだろうか?不安になった。横顔の写真も良いと思ったが、下の写真にあるように、後ろ姿が良い!この方の生きた80年近い時間を背負っているようだ!
その後、大きなザックを置いて何か?をしていた方に会って「こんにちは!」っと挨拶したが、無言だった。あとは心臓をバクバクさせながら山頂を目指した。山頂に着いたがハエが多く、少し樺岱寄りのピークで昼ご飯を食べた。座っているとハエが来るので、立ったまま食べた。立つと少し風があるのでハエが来にくい。携帯が鳴り、白神岳へ行ったナリユキ氏だった!エール交換をした。遠くの山並みを見ていたら、雲の下が白くなり、二ツ井か藤里町のどっかで雨が降っているようだ!
こっちに移動してくるのがイヤだった!「下ろう!」と12時9分下山開始。ところが、下りの登山道上に伸びきったタケノコが?でも、気になってローソンのビニール袋をチェストバックから下げて、登山道脇を眺めながら下った。ハッ!と気が付いたが、下りの標高差や歩いた距離感覚が失われていた。そうか!タケノコや山菜・キノコを採っているとこうなるんだっと気が付いた。周囲に竹藪が無くなったブナ平あたりからは、順調に地形や距離・標高差などを体感しながら順調に下り13時28分登山口に下りた。
車で素波里からトンネルに入り、トンネルから出た所で、路面から湯気のように水蒸気が上がっていた。上から見た、雨が降ったのはここだったようだ。梅内の方に抜け、能代市街に入ったら雨がポツポツ・・・豊祥岱からは土砂降り!少しは車の泥が落ちたのか?自宅に着いたら、雨は路面を濡らすほどでは無かった。
夕食にタケノコをいただき自然に感謝だった!シャワーを浴び体重をはかったら1.5kg軽かった。脱水なのか?ビールも美味しかった(^^)/
樺岱から登って前岳も通過して、いよいよ山頂部だ! 山頂の標柱
田苗代湿原を行くタケノコ採りのおじさん  山頂部の急斜面を下り、前方を撮す。前岳(手前)と樺岱ピーク(奥)