トップのページへ 秋田県の山ページへ しょうすけのブログへ
長場内岳(秋田県山本郡藤里町)
(?等三角点945.6m)・・・能代山本地方の山

2011年3月7日(月)
単独行


下の方に案内用の地図があります

<コースタイム>
窓山駐車場所08:34→林道から尾根へ10:17→13:16山頂13:35→15:36尾根から林道へ15:45→17:01窓山駐車場所


3月7日(月)曇り時々晴れ
天気が良さそうだ!っということで長場内岳(945.6m藤里町)へ!能代市二ツ井町国道7号の二ツ井西トンネルと東トンネルの間にある交差点を北方向(県道202号・種集落方面)へと入る。そのまま梅内を通り一本道をどこまでも進む。道は細くなり小滝を過ぎると更に道は悪くなる。やがて道は分岐するが案内の看板がある。直進すると岩家沢支線の林道、右の橋を渡って登りの道を進むと岳林道や小滝林道のある窓山に着く。今回は、小滝から先が前日に降ったみぞれが積もったためか、わだちが硬くなってガリガリとタイヤが鳴り走りにくかった。

今回、なぜ長場内岳か?っというと、親友のnariyuki氏が2月22日に登って来たということで・・・それなら私もっということになった。長場内岳は1990年の3月に高校生と一緒に白神山地を縦走した時に通過している。当然nariyuki氏も一緒であった。
nariyuki氏は登り4時間15分下り3時間20分っということだが、私は登り4時間42分下り3時間26分だから全く及ばない!脱帽ですm(_ _)m
窓山から林道を進み、間もなく暑くてアウターと帽子を脱ぐ。汗が滴り眼鏡も汚れる。グサグサと最中のような雪、重い!尾根に登り始めた頃には、行ける所まで行って、程々の所で引き返そうか!と思うようになる。尾根は、登ったかと思うと下りになりアップダウンが激しい!山頂から2つ手前のピーク!(778m)に着いた頃には足がガクガク・・・苦しい!この頃は、13時まで頑張ろう!っと思いながら喘いでいた。更に、この制限時間は13時30分になり、結局、吊り尾根状になった痩せ尾根を2回通過して急斜面を登ると少し広い山頂に着いた。バンザイという気にはなれず、まず大福とおにぎりを食べたがなかなか落ちていかない!少ない水分を補給して何とか飲み込んだ。霞んでいるためか遠望は出来ないが小岳や藤里駒ヶ岳、冷水岳、大臼岳、焼山への尾根などは良く見えた。
下りはもっと辛かった。股の付け根や太股が筋肉痛のような状態?尾根の下りはまずまず良いが、登りになると喘いだ。誰も助けてくれない!尾根から林道に下りて、残りのおにぎりを食べ、少なくなったホットチャイで落としてやった。スポーツドリンクは空になっていた。林道も長い・・・車が見えた時にはガクンと力が抜けた。コンビニに向かう気力もなく、種集落の商店前の自動販売機でペットボトルのコカコーラを購入。直ぐに空っぽになった。
帰宅して夕食を食べ、メールチェックをしたら、松本氏から明日田代岳へ行きませんか?っというメール!そんな気力はどこにもありません!とお詫びのメールを返信した・・・
何とかブログの方はアップして布団に入ったが、なかなか眠りにつけなかった。翌日、GPSデータを見たら片道9km余りであった。あの雪の道で往復18kmを日帰りで歩いたのだから疲れるのは当然である。それにしても、1990年の記録を見て、生徒を引率しながらスキーを履いてあのルートを歩いたのは若かったからなのだろうかと・・・しみじみと感じるものがあった。
途中の尾根の上から長場内岳山頂(中央のピーク)方面を望む
左のピークが1つ手前のピークになる
山頂からの下りで能代市の市街地方面を望むと、釣り尾根には雪庇が発達し、
前方のピークは大倉山で、その奥が能代市街、海岸線が分かる

地図の下部の窓山までは上記の文章を参考にしてください。尾根の右側が藤里町になります。