トップのページへ 秋田県の山ページへ
高 山(秋田県山本郡藤里町)
(?等三角点388.4m)・・・能代山本地方の山

2011年1月15日(土)
単独行

半日スノーハイキング
<コースタイム>
遺産センター駐車場11:46→高山登山口12:00→<道迷い>→分岐12:16→13:17高山山頂13:43→
峨瓏峡側登山道途中から山頂へ引き返す13:51→13:59高山山頂14:08→登山口14:44→14:51遺産センター駐車場
 
1月15日(土)
前日、藤里町営板清水スキー場へ行った際、正面に見える高山に興味を持った。日・月の天気予報は荒天になるという・・・土曜日しかない!行くしかない!っと言っても、相変わらずゆっくり出発!白神山地世界遺産センター藤里館に寄って案内の地図のコピーをいただく!車の駐車もお願いして11時46分出発。車道をホテルゆとりあ藤里の方に進む。ホテル入り口を過ぎ、ホテル前の2軒目の家の人に聞き、家と車庫の間を通り杉林の道に入りスノーシューを履く。杉林の道を右へ行き過ぎ、藤乃瀬温泉旅館の側に出てしまう。こちら側にも登山口があったのでこっちから登り、間もなく元の道に合流。杉林を抜け雑木林の急斜面のジグザクの道になる。雪はまだ安定していないため、スノーシューを履いていてもブカブカに埋まる。夏道らしい所を探して感で進む。日も指して急な斜面の登りで、大股で一歩踏み出すと半歩ずり落ちるという繰り返しだ。汗びっしょり!13時17分ようやく山頂に立つ!立派な東屋がある。360°の展望だが、藤里駒ヶ岳や田代岳方面は雲って見えない。能代火力の煙突の煙や日本海が見える。風も弱く日が指して気持ち良い(*^_^*)!ゆっくりおにぎりの昼食を食べたから、13時43分峨瓏峡側へ向けて下山開始。間もなく薄暗い杉林の広い道になる。しばらく下るが、おもしろくない道であることと下山までの時間がはっきりしないということで、山頂に向けて登り返す。14時8分登って来た道へ向けて下山開始。山頂に近い所の道を登りで間違えていたのが判明。順調に下り、14時44分車道に出る。ちょうど帰ってきた登山口にある家のご主人にお礼の挨拶をする。遺産センターに戻り、ゆとりあ藤里へ行き入浴(400円)。風呂から上がり、遺産センターに寄ったら、登る時に不在だった斉藤氏が除雪中だったので挨拶をする。汗も流し、気落ち良くなって帰路についた。また登りに来よう!今度は峨瓏峡側へ下りたいものだ!
峨瓏峡側へ少し下り、再び山頂へ戻ってきてから撮した写真
広々とした山頂に立派な東屋がある
川は藤琴川、左手の大屋根の建物が白神山地世界遺産センター藤里館。
中央の一段高い所にある建物がホテルゆとりあ藤里、その後方が高山

雪の上だったので正確な夏道と多少は違います。無積雪期に確認したらまた変更します。峨瓏峡側の登山道もその際に確認して地図に
載せます。フカフカの雪だったので時間がかかりましたが、夏道だと1時間ほどだということでした。赤い線が今回歩いたコースです。