トップのページへ 秋田県の山のページへ @の記事のブログへ Aの記事のブログへ
中岳・四角岳(秋田県鹿角市:不老倉登山口往復)
中岳1024.2m一等三角点:米代川源流、四角岳1003m:秋田・青森・岩手3県の県境)

@2015年8月25日(火)単独行

A2015年9月11日(金)〜13日(日)高校生の登山大会に同行

@8月25日(火)曇り後晴れ

<今回のコースタイム>
登山口09:15→四角岳と中岳のコルの分岐10:39→10:47四角岳10:50→四角岳と中岳のコルの分岐10:57→
11:06中岳(昼食)11:46→四角岳と中岳の中間地点にある分岐11:53→13:16登山口


秋田県北地区高校登山部の新人戦が中岳と四角岳山域で行われるという。しばらく行ってなかったので、事前調査に出かけてみた。
大館から国道103号線を大湯温泉へ進む。温泉街を過ぎて大湯川に架かる橋を渡って間もなく、右方向に斜めに分岐する細い道がある。そこに四角岳方面という小さな看板がある。その小道を右に入ると大湯川を渡り林道に入る。林道は最初舗装されているが800m程で砂利道になる。砂利道になってから10km程進むと登山口になる。最後の1〜2kmは林道の中央や横に雑草が生え車が可哀想になった。堰堤の所で道は終わり、そこが登山口になる。車が駐車するスペースがある。
車を駐めて準備した。風が強く、見上げると厚い雲が次から次へと移動していた。ザックを背負って出発。道は広く良く整備されている。歩きやすい。急勾配の所はジグザクな道を登ることになり、ペースは一定に保つことが出来て呼吸が乱れない。それにしてもゴミが多い。ペットボトルや栄養ドリンクの瓶、破損した水筒、破れた雨合羽・・・他の山域ではこんなにひどくない。6月下旬清掃登山したと聞く。タケノコ採りの人達だろうか?マナー悪すぎ!
1時間も歩くと四角岳と中岳の中間地点にある尾根の上の分岐に着いた。まずは、3県の境にある四角岳へ向かった。比較的なだらかな登りを10分程で四角岳山頂に着いた。天気が少し回復したが風は強い。なだらかな山頂部で標柱を確認して、先程の分岐へ向けて下った。分岐からは中岳へ向かって登り始める。四角岳とは違って急斜面を10分程登ると山頂に着いた。中岳は四角岳より20m程高く二等三角点がある。中岳山頂に着いた頃には青空も見えたが風が強く、比較的風の当たらない場所の藪の中で昼食を食べた。
昼食後写真を撮り、下山開始。植物などを観察しながら下ったが春に比べるとカメラのシャッターを切る回数は少なかった。無事に下山して車に着き、4月から始めたプロテインを牛乳と水に溶かして飲んだ。
大湯温泉街にある観光案内所(こけし館)で山の情報収集をしたが、あまり成果は無かった。
四角岳山頂(秋田・青森・岩手の県境にある)   四角岳からの下りで中岳を撮す(ズームアップした)
天気が良くなって青空が見えた。右端の山が四角岳   中岳山頂(一等三角点)

A2015年9月11日(金)雨・12日(土)曇り・13日(日)雨

第43回 秋田県 県北地区高等学校新人体育大会 登山競技大会が鹿角市の中岳・四角岳を会場に実施され、同行させていただきました。
下記のような日程が組まれていました。
[日程・コース]
第1日目(9月11日)
開会式(鹿角市・中滝ふるさと学舎講堂)・ペーパーテストなど
止滝駐車場→(中滝森林セラピーロードA)→止滝→中滝→面内林道→国道104号→(中滝セラピーロードB)→湯の又の滝→銚子の滝→錦見の滝→国道104号→面内林道→中滝ふるさと学舎(幕営)
第2日目(9月12日)
中滝ふるさと学舎(車で移動)→不老倉登山口→中岳山頂(集結)→四角岳山頂→不老倉登山口(車で移動)→中滝ふるさと学舎(幕営)
第3日目(9月13日)
審査講評・閉会式(中滝ふるさと学舎講堂)

第1日目は雨が降る中、中滝森林セラピーロードを2時間程かけて歩いて審査を行いました。夜になっても雨は降り止まず、旧グラウンドは水浸しになり、選手は急遽ケビンの中に泊まることにしました。
第2日の早朝、雨が降り続いていました。役員3人で登山口までの状況確認に出かけ、問題が無いことを確認して中滝ふるさと学舎に帰りました。協議の結果、予定より2時間遅れで競技を実施することに決めました。幸い、その頃には雨も止み、天気が回復しつつある様子でした。中岳山頂に全員予定時間内に到着し、順調に四角岳を通って下山しました。中滝ふるさと学舎に戻り、旧グラウンドの水が引いた所に幕営しました。
第3日目は、霧雨の降る朝を迎え、講堂に移動して長々と審査講評を行い、無事に閉会式を実施しました。
1日目のコースで最も綺麗だと思った錦見の滝 2日目の中岳山頂の様子