トップのページへ 秋田県の山のページへ @の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ  Cの記事のブログへ

鳥 海 山
七高山(2229.2m 一等三角点)

@2016年 5月 2日(月)祓川ヒュッテから:4人パーティ

A2016年 7月22日(金)吹浦口から山頂往復:単独

B2016年 9月 3日(土)鉾立から山頂往復:単独

C2016年10月 7日(金)鉾立から千畳ヶ原経由七高山:単独

@2016年5月2日(月)曇り

鳥海北面登る?って聞かれて、行かない!っていうことはないでしょう!っと思って同行させていただきました。
20年余り前、ボリビアのワイナポトシのフランスルート(1000mの雪壁)を登りに行って、季節外れ(乾季だったはず)の大雪になり、雪崩の心配から撤退した苦い思い出はいまだに忘れられない!
それに比べたら、腐りかけた雪の壁はキックすればなんとかなるだろう!ザイルも必要なさそうだ!良し行くぞー!
楽しくて、早く目が覚め能代の自宅を4時に出発した。車の左手は朝焼けで赤く空が染まっている。秋田市が近づくと空は暗くなり、大森山に雲がかかっている。それでも、祓川の駐車場に着いたのが6時45分。約束の集合時間は8時だった。祓川ヒュッテ前で、しばらく待った。多くの人が登って行く。かなり上部にも人影が見える。ようやく皆さん(今野さん・那須さん・茂野さん)と合流。
いざ出発!北面の基部に向かうが、前方には雪が融けて出てきたヤブが・・・迂回して進み、例年出ていないヤブもあったり・・・カラ滝近くになって、これは無理だ!っという結論になった。ちょっと残念だったが仕方ない。夏道方向にトラバースすることになった。それも一苦労。登っている人が見えて、ノーマルルートと合流。熊の足跡も!あとは登るだけだが、山頂方面、特に舎利の坂は雲がかかり見えない。今野さんはシール無しのステップ板で頑張る。何度も休みながら、ようやく9合目の氷の薬師に着いたが、この先は断念。シールを外して下山することになった。上から下りて来た人は「何も見えない!風が強い!」と言っていた。そこまで無理をする気はない。スキーを楽しもう!気持ちの良いザラメの下りに大満足。七ツ釜の避難小屋で昼食タイム!更に、御田の雪渓を下って祓川ヒュッテの裏手を回り下山。久々に気持ちの良いザラメ雪だった!・・・感謝!感謝!
お互いお別れを言って、それぞれの車で下った。本荘のコンビニに寄っただけで、無料区間と一般道をつないで一気に140km余りを走って帰った。
祓川ヒュッテ前で仲間を待つ間、次から次へと登って行く人がいる いよいよ出発!竜ヶ原湿原を西方向へ・・・
過去のGPSデータを見ながらルートを確認。 9合目の氷の薬師より上は真っ白で何も見えず!

A2016年7月22日(金)晴れ

 注文していた「山歩き雑記帳・鳥海山を登る」が「庄内い〜ものや」から届いた。読むうちに行きたくなって準備した。
朝出発が少し遅れた、6時近くになって出発したため、吹浦口を8時52分に出発した。登山届けを出そうと思ったが、用紙がない!下山届を書くノートの空欄が無い!仕方なく適当な用紙に書いて投函した。
登り始めたら風も無く暑い!顔からポタポタと汗が滴る。見晴台に着いたら少しだけ風が吹いていた。清水大神手前で20人程の集団を越させてもらった。河原宿では、まだ水が流れていた。上部には雪渓が残っていた。分岐では尾根へ登るルートでなく、御浜へ真っ直ぐに登る道を選んだ。御浜に着いたら、沢山の人が休んでいた。私は通過した。清水大神付近からずーっとお花畑が続いていた。山頂も見え、道端には花が咲き、最高のコンディションだ。七五三掛からは千蛇谷の道を進んだ。雪渓を進みたかったが、それは6月頃のことで、この時期には無理だった。暑さに耐えながらじっくりと登った。大物忌神社から新山を目指したが、以前までのパワーは無かった。シャリバテもあったかもしれない。12時27分ようやく新山山頂に着いて写真を撮った。胎内くぐりを安産祈願?(私自身には関係ないが・・・)をして七高山へ向かった。七高山には13時1分に着いて、ドカッと腰掛けて昼ご飯にした。おにぎり2個とカップ麺を食べた。コーヒーも飲もうと思ったが、ガスも出てきたし、時間も遅かったので止めて、13時27分外輪を下ることにして出発した。唐獅子平の小屋が見えて懐かしく思った。外輪から大清水へ(百宅コース)下る所にある標柱が無残にも壊れていた。かなり下った所で、高齢の夫婦が(私も年寄りだが)登ってきた。いつ着くやら!と笑ってぼやいていた。七五三掛近くになって男の方が1人で登ってきた。「これからですか?」っと聞いたら「何処まで行けるやら?」と笑って返してくれた。「頑張ってください!」激励にも何にもならない言葉を返した。七五三掛に下り、更に淡々と下るだけだった。御浜からは、長坂道方面へ尾根の上を歩いて、途中の分岐から河原宿へ右に曲がった。ガスがかかり、風も無く暑い!16時34分ようやく下山。ノートの欄外に下山届を記入した。10台程あった車が半分以下に減っていた。長袖のシャツを抜いてTシャツになって車に乗った。ブルーラインを下った。象潟ICから日沿道に乗らず、象潟の街へ向かい、「にかほ市温泉保養センターはまなす」へ向かった。温泉へ入ったあとは、コンビニで水分とドーナツを買って一路自宅のある能代へ向かった。国道7号線からは鳥海山がクッキリと見えていた。
千蛇谷から山頂方面を望む  外輪の下りの途中、山頂方面を振り返る 

B2016年9月3日(土)晴れ
7月22日の鳥海山から、登山靴を履けずに夏の暑さに負け続けだった。こんなに長い期間山へ行かないなんて珍しかった。何とか復活しようと再び鳥海山へ行くことにした。5時少し過ぎてから能代を出発。それでも鉾立てに着いたら、駐車場はほぼ満車状態。ようやく空きスペースを見つけて車を駐めて8時14分出発。
登山届けを出して石畳の道を登り始めた。快晴無風!暑い!汗がダラダラ!賽の河原に着いてもほぼ無風。御浜に着いたらいくらか風が吹いていた。ここまでが最高に苦しかった。2リッターのペットボトルを傾けてゴクゴク水分補給する人、グッタリとうなだれてしゃがみ込む人、あちこちで休む人達がいた。皆さん暑くて大変なんだと感じた。今回は七五三掛けから外輪へと登った。外輪に登ったら南(山形側)からの風が時々吹いて、いくらか気持ち良く感じた。人が多い!新山直下の大物忌神社周辺に居る人の多さにビックリした。11時46分七高山頂に着いて、人の多さに新山に行くかどうか迷った。
祓川ヒュッテ周辺は下から湧いてくる雲で見えなかった。大清水の周辺はかろうじて見えた。昼食を食べる場所を考えたら、人が多かったので新山へ向かうことにした。12時24分胎内くぐりをして混雑している新山山頂に着いた。順番待ちをして、写真を撮ろうとして、自撮りでは上手くいきそうになかったので、居合わせた男性にお願いした。「え!もしかして?・・・」私の名前を言われて・・・何とhontakaさんの愛弟子の松岡さんだった(^^)/こんな所で会うなんて奇遇だった!能代商業高校に山岳部があった当時、顧問のhontakaさんと北アルプスの厳しい岩場を歩いた立派な部員だった。今は救急救命士!山岳部員だったことが生きている!久し振りに会って嬉しかった。奥様も一緒に来ていて幸せそうだった。ここで暑さでまいっていた気持ちが吹き飛んだ!神社付近の分岐まで一緒に下り、七高山へ行く彼とお別れをした。私は神社周辺に座り昼食タイムとなった。
13時20分千蛇谷を下ることにして出発。やはり暑い。よろめきながらゆっくり下った。風が止まると地獄だった。小さく残った雪渓を越えて、七五三掛けへ登り始めたら、若者の集団とすれ違った。その直後、右手のストックを突いた場所が滑って右肩から下に転落。1回転して草むらの草を必死に掴んで止まった。集団の後ろにいた若者が声をかけて寄ってきた。草付きを何とか利用して登山道に這い上がった。上から覗いたらゾッとした。声をかけてくれた若者達に謝って分かれた。大分バテバテだなっと感じた。あとは順調に下った。
御浜を通過して、賽の河原手前の急な所で、単独の若者が登って来る集団に道を空けていた。私も後ろで待って、下り始めて若者を追い越そうとしたら・・・!?「え!」っと名前を言われて・・・顔を見たら「能代工業高校山岳部OBの山崎さん!」だった。今日は職場の福祉事業で鳥海山に来ているということだった。2泊3日の旅程で200人程が花立に泊まっているとのことだった。今時の企業としてこんな福祉事業というのは珍しいのか?彼のキャリアがしっかり活かされて役立っているのが嬉しかった。無線機を持って連絡を取りながら、祓川から登って鉾立てに下りた。鉾立ての登山口に16時8分に着いて、彼と別れた。
山崎さんは大型バスの横で役員の人達と話をしていた。わたしは、下の駐車場の車へ行き、ドアを開けたら灼熱地獄だった。靴を脱いだら、右足の親指の爪が内出血していた。スカルパのミラージュだが、私の足に合わないかも・・・あとはブルーラインを下って温泉に寄り、能代には20時頃着いた。
今回の鳥海山はお二人の若者に会えたことが最高の山行になった! 
新山山頂で松岡さんと偶然の出会い!  御浜からの下りで山崎さんと出会い、展望台で記念写真!


C2016年10月7日(金)曇り後晴れ
9月30日に車で移動中、酒田から見た鳥海山中腹の草紅葉がどうなっているか?と出かけてみることにした。
朝早く暗いうちに出発。「午前中は風も強く曇りだが、午後は高気圧に覆われて良くなる」との天気予報だったので、千畳ヶ原経由の七高山のコースを決めた。鉾立に着いたら、駐車している車が少ない。空は厚い雲で覆われて周囲の山並みは見えなかった。時々出発する人がいた。私も7時58分出発した。寒く風も強いが、登り始めると徐々に汗ばんできた。御浜に着き、昨年通った道は悪路だったので、長坂道方面へ進んだ。ところが間違えて吹浦口へ行く道に入ってしまい引き返した。御浜に戻り尾根の上の道を長坂道を目指した。間もなく鳥海湖分岐と書かれた立派な標柱があり、左に曲がった。木道が傾き歩きにくい。登ってきた単独の男性とすれ違った。鳥海湖を巻きながら進むと周囲の雲が取れ、山頂までクッキリと見えだした。御田ヶ原への分岐と仙人平の分岐を過ぎ、千畳ヶ原に下りた。一面の草紅葉が綺麗だ!千畳ヶ原のT字分岐で小休止した。草紅葉の中の木道を歩いて、月山森への登りになった。相変わらず岩場の登りだった。ようやく登って河原宿の分岐が近づいたところで単独の男性とすれ違った。昨年は分岐で昼食を食べたが、今年は先を急ぐことにした。いよいよ湯の台コースの登りだ。今年は雪渓の雪が少ない。徐々に急になり、あざみ坂を下って来た女性2人とすれ違った。上は風が強く寒かったけど、少し落ち着いてきたと言っていた。外輪の伏拝岳が近づくにつれ低灌木や草・岩にエビのしっぽ(霧氷・樹氷)が出来ていた。12時58分ようやく伏拝岳の分岐に着いた。そのまま外輪を風にあおられながら進み、13時25分七高山に着いた。数人の人がいたが間もなく下って行った。立ったまま昼食を食べた。ローソンで買ったおにぎりセットのおにぎりを食べていたら、置いていたおにぎりやコロッケなどが入ったケースが風でひっくり返り地面に中身が散乱した。慌てて拾い上げたが砂まみれになっていた。仕方なく砂を落として食べたが、時々口の中で「ジャリ!」っと砂を噛む音がした。写真を撮して20分程して下山開始した。展望を楽しみながら、下りを急いだ。暗くなる17時までには下山したかった。途中何人も追い越したが意外とのんびりと歩いている人が多かった。16時28分鉾立てに着いてホッとした。
遅かったので温泉はパスにして自宅へ直行することにした。無料区間は自動車道を走ったが、一般道を走って秋田市内の渋滞に飲み込まれた。自宅に着いたら20時少し前だった。自動車道を利用すべきだったかもしれない・・・

今回歩いたコースのGPSデータによると、水平距離が19.6km、鉛面距離が20.3km、累積標高が+2020m。
スマホの万歩計では歩数が38469歩ありました。
戦場ヶ原へ向けて下っていたら、急に晴れて山頂が見えた! 外輪を下りながら新山と七高山を振り返った。