トップのページへ 秋田県の山のページへ この記事のブログへ

鳥 海 山
七高山(2229.2m 一等三角点)

2015年9月30日(水)単独行

9月30日(水)曇り後晴れ

<今回のコースタイム>
鉾立07:38→09:00御浜09:07→千畳ヶ原10:07→11:08河原宿(分岐・昼食)11:24→外輪(伏拝岳)12:55→
13:21七高山13:29→伏拝岳13:55→七五三掛14:38→御浜15:07→16:03鉾立
GPSデータによる<今回歩いた水平距離>19.234km <累積標高>+2037.97m

この季節は鳥海山千畳ヶ原の草紅葉が見たくなる。1日からは天気が荒れるようなので・・・気温は低いが、いくらか天気の良い30日にした。
早朝暗いうちに出発。車の中でニュースを聞いていたら「岩手山が初冠雪!」だと言っていた。岩手山が初冠雪だったら鳥海山は当然だろうと思った。天気予報は、「午前中は、寒気の影響で荒れ模様の状態が続くが、午後は高気圧に覆われて良くなる」と言っていた!
鉾立に着いたら、駐車している車が少ない。駐車場はビショビショに濡れていた。空は厚い雲で覆われて暗かった。気持ちまで暗くなる。車の中で待機している人もいた。
予定では、千蛇谷を登って外輪を下り、伏拝岳から湯ノ台コースを下り、月山森から千畳ヶ原経由で御浜に登り返して鉾立に下るつもりだった。しかし、天気予報では午後から天気が良くなるということだったので、先に千畳ヶ原に寄ることにした。その後、湯の台コースを登り、午後に山頂に着くようにした。
天気が悪いので、歩みが遅い!御浜に着き、ゆっくりと千畳ヶ原を目指して下った。一面の草紅葉が綺麗だ!草紅葉の中の木道を歩いて、月山森への登りになったら、岩場の登り斜面はまるで沢登りのようだった。雪解け水か?水量がいつもより多い気がした!ようやく登って河原宿の分岐で昼食を食べることにした。いつものカップ麺は、時間がもったいなくて止めることにして、ご飯だけを口の中に押し込んだ。
さあ!いよいよ湯の台コースの登りだ。登山道に雪が積もり、何度か道を間違える。下って来た人とすれ違った。上は風が強く雪が多いので、外輪まで行かずに下ってきたと言っていた。何人かとすれ違ったが同じ反応だった。不安になった!もし外輪に登ることが難しくなれば、来たコースを引き返さなければならない(>_<)不安になった。
上部ですれ違った人は、外輪まで行ったが風が強いので七高山は諦めたっと言っていた。外輪直下ですれ違った2人パーティの女の人が「七高山まで行ってきたの!感激した!」っと言っていたので、ホッと胸をなで下ろした。そのお二人は、かなりのお歳なのに、キャピキャピだった!私もあの様にしてみたいが、周りに笑われてしまいそう!でも、明るくて良い!
ここで、自分に条件を課した。外輪の伏拝岳に13時までに着いたら七高山まで行こう!13時を回っていたら、そのまま外輪を下ろう!・・・ところが、伏拝岳に着いたら12時55分だった。そのまま七高山へ向かうことにした!外輪に着いたら青空になり、雲海の上に出た。感激だった\(^^)/青い空の下に新山・七高山が雪に覆われ、今までの曇り空とは全く別の世界が広がっていた。ザクザクと雪を踏みしめて13時21分七高山に着いた。祓川から登ってきた男女2人パーティと鉾立から登ってきた男子2人パーティがいた。雲海の雲の高度が高く、月山は見えなかった。写真を撮り、下りを急ぐことにした。文殊岳まで下ったら雲海の雲の中に入って暗くなった。七五三掛付近で歩道整備の工事をしていた。何パーティーか追い越して16時を回って鉾立に着いた。大型バスが2台やって来て、お客さんが下りて展望(海の方しか見えない)を楽しもうとしていたが、寒くて震えていた。車のエンジンをかけたら、外気温が8℃を示していた。私は一路自宅を目指してロングドライブをした。早く下浜道路出来ないかな?っと思いながら秋田市内に入ったら、帰宅渋滞に飲み込まれてしまった・・・

鳥海湖を通過し、千畳ヶ原を望む。前方が月山森。 千畳ヶ原から月山森への登りは沢登り状態だった。
青空の七高山で記念撮影! 外輪(左)と新山(右)と奥(日本海側)に雲海が広がっていた。