トップのページへ 秋田県の山のページへ この記事のブログへ

鳥 海 山
七高山(2229.2m 一等三角点) 新山(2236m 標高点)

2015年7月30日(木)単独行

7月30日(木)晴れ後曇り

<今回のコースタイム>
登り:祓川ヒュッテ07:38→七ツ釜08:31→康新道分岐08:43→10:11七高山(休憩・昼食)
下り:七高山10:50→氷の薬師11:26→七ツ釜避難小屋12:12→12:55祓川ヒュッテ

多くの方のネット上の記録を拝見していると、自分も行ってきたかのような錯覚に陥る。鳥海山もその気でいたら・・・2012年以来行ってなかった!?何だか信じられなかった(>_<)人間ドックを終えた翌日に行く!っと決めた。そのため、行く予定だった二ツ井でのジャズコンサートはダメになった・・・
早朝暗いうちに出発。自宅から一般道を走る。無料区間の岩城ICから日沿道へ乗り、本荘ICで一般道に下りる。まだ6時過ぎたばっかりだったが、本荘のTDK手前のローソンで朝食!ゆっくりと祓川を目指す。やたらと熊出没の看板が目立つ。7時少し過ぎて祓川ヒュッテの登山口駐車場に着く。もう車が20台ほど!準備している人達もいる。私も着替えて出発!
祓川ヒュッテに登山届けを出して、7時38分ヒュッテ前から登山開始。山頂に少し雲がかかっているが、空は明るく、天気が好転することを祈る。順調に、追い越しながら8時43分康新道分岐から康新道に入る。目的はチョウカイフスマ!まだ咲いているかな?っと思いながら登って行ったら、まだ咲いていた!嬉しくて何枚も写真を撮る!その辺りから山頂が見えなくなってきた・・・?
10時11分山頂(七高山)に着いたら沢山の人!新山どころか外輪も何も見えない!西風も強い!新山側からガスが吹き上げてきて、七高山のある外輪を上昇して、尾根を越えて消える。時間もあったので、新山か大物忌神社に行こうと思ってウロウロしたが、吹き上げてくるガスによってメガネがたちまち水滴に覆われて何も見えなくなる。伊達メガネでなく、ど近眼なので外すわけにはいかない!2度ほど外輪から下ろうとしたが、諦めて昼食を食べることにした。昼食を食べ終わったところで、多くの方達が下り始めたので、10時50分私も釣られるように下り始めた。舎利坂の途中で脇のルートを下り、集団を何とか交わし、あとは花を楽しみながら順調に下った。今となっては思い出の七ツ釜避難小屋に寄り、中を確認。雪渓を気持ち良く下り、日も差さなくなった路を祓川ヒュッテには12時55分に着いた。
下りで感じたことが・・・諸先輩達が膝を痛めている様子を見て、予防のためもありストックを使うようになったが、どうも上手くいかない?ストックを突きながら下ると、スピードが出ない?ストックを突かずに下ると脚には負担がかかるがスピードが出る。ストックと両足をつくことを考えると、4カ所の位置を瞬時に判断しながら下らなければならないが、ストックを止めると両足の2カ所の位置だけを判断するだけで良い!特に岩の上に足を置くような下りでは強く感じた。遠近両用のメガネをかけ初めは、下りの時に下を見ると足下がぼけて見え、不便を感じたが、今はそれを感じないままに下っていた。判断力も鈍っているのだろうが、今日は、一部ストックを突かないで下ったら速くなった。膝と相談しながらいろいろ試してみよう!
祓川ヒュッテ前から山頂部を撮す
この時点では、天気の好転が期待出来そうだった!
康新道に入り山頂部を仰ぐ
まだ花がいっぱいの康新道だった! 
チョウカフスマに会えて嬉しかった!  山頂部(七高山)周辺で休む登山者達
この時点では、新山も外輪も全く見えなかった!