トップのページへ 秋田県の山のページへ この記事のブログへ

鳥 海 山
七高山(2229.2m 一等三角点) 新山(2236m 標高点)

2012年7月8日(日)単独行

7月8日(日)曇り

<今回のコースタイム>
登り:祓川ヒュッテ08:21→09:14七ツ釜→09:30康新道入口→11:14七高山→11:41新山11:56→12:16七高山
下り:七高山12:34→13:07氷の薬師→13:32七ツ釜→14:12祓川ヒュッテ


6月27日に桑の木台湿原に行った時に登れば良かったが時間がなかった。そこで今日になった。
何となく気になっていた・・・康新道上に咲く花達に会いたい!
秋田県北部はまずまずの好天だったが、南下するに従って雲が厚くなった。祓川に着き準備して出発。祓川ヒュッテから望むと木道の先の神社より上の雪渓までは見えるが、その上はガスの中。今日の目的は花だったので・・・順調に登り、七ツ釜の更に先の雪渓上で右に曲がり康新道へ進む。雪渓から尾根の上に乗ったら2人の女性が休んでいた。挨拶をして通り過ぎる。今日康新道を登るのは私が最初のようだ。間もなく圧倒されそうな花々の群落が現れる。シャッターの切りまくり!!!上部ではチョウカイフスマが満開!ウキウキしてくる。高山植物を見てこんな気分になったのは・・・久々だ。低灌木を抜けるとお花畑!低灌木を抜けるとお花畑・・・を繰り返しながら七高山が近くなった。途中で下山してきた男の人とすれ違った。「ここは余り人が歩かないからな!」っと言っていた。七高山に着いて新しく建った標石を写真に撮り新山へ・・・新山山頂に着いて写真を撮ったら、その後、関西から来たというツアーの人達が次から次へと登って来る。その人達のカメラマンとなってしまい・・・私にカメラを渡して1枚、また次の人という具合・・・大変だった。七高山へ戻り、昼食を食べ、舎利坂の東側の雪渓でスキーを滑る人を少し羨ましく眺めながら下った。遠目でもテレマークとわかった。ガスが発生し雪渓上は慎重にルートを確認しながら下った。スキーを背負った方(滑っていた人)と少し一緒に下ったりしながら、楽しい高山植物観賞の旅は終了した。沢山の高山植物の写真を撮って満足した。下山してから祓川の駐車場で車座に座ってくつろぐ若者達を見て、山に若者が回帰してきたことを実感した。七ツ釜の上でも5〜6人の若者が休んでいた。嬉しいことだ。今日の山行は、天気にはさほど恵まれなかったが、楽しい花の旅になった。感謝!感謝!
帰路は、中島台の方に下り、横岡の鶴泉荘の風呂に入り、仁賀保に抜けて能代の自宅へと向かった。
康新道上から鳥海山山頂(左が七高山・右が新山)
康新道上には沢山の花が咲いていた