トップのページへ 秋田県内の山 @の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ

田 代 岳(1177.8m)一等三角点

@2017年 2月22日(水)単独

A2017年 3月 1日(水)単独

B2017年 3月12日(日)雷岳まで:単独

@2月22日(水)曇り山頂部ガス
2月は3度目の田代岳になった。
ただ、前回の田代岳で、鷹巣からいらした方が、大広手口手前から登ったと言っていたので、同じようなコースを辿ってみることにした。
大広手口の手前300m程の位置に車を駐めて準備をした。思ったより寒くない。9時9分直ぐ近くの雪壁の低い位置からヨイショと登った。スキーを履いていても、かなり埋まる。そして雪が少し重い。右手の尾根に登るのに苦労した。尾根の上に登ると、余り沈まない所と沈む所がある。更に雪面が少し波打っている。風で雪が飛ばされた所と吹き溜まった所のようだった。登りにくいが仕方が無い、これも自然だ!いつも大広手口から登って来る時の尾根の場所まで30分程かかってしまった!
あとはいつもの通り、喘ぎながらの登りになった。前回と前々回、顔を落書きをした雪の塊の所に来たが、雪の形が変わっていた。ずいぶん横長だった顔がスマートになっていた。これも数日前の強風のためだろうか?ついでに大休止をした。
標高1000mを越えた辺りからガスがかかり始めた。更に風も強くなってきた。来る時にクッキリ見えていた田代岳周辺の天気が下り始めていた。それでも、1080mポイントから右に曲がって九合目の雪原を目指した。雪原に上がったら、うっすらとダケカンバらしい樹木が見えたが、それ以外は何も見えなかった。その樹の所まで進んだら、先に同じような樹が見えた。更にその樹の所まで行ったが、それ以上進むのは止めることにした。戻りながら、さっきのトレースが、風で飛ばされた雪に覆われ消えかけていた。手袋の中の手が冷たい。ほほも冷たい。1080mポイントまで戻って、ホッとしてシールをはずした。おにぎりを1個食べて、荒れた雪面を何とか滑って下った。途中で、ビンディングが外れスキーリーシュも外れた。良く見たら、靴に付いていたD環が取れていた。いよいよCRISPIも限界なのだろうか・・・私と同様に道具も壊れてきた!子供の頃に、おもちゃを買っても直ぐ壊すっ、と母に良く言われたことを思い出した。
12時25分車に着いた。今日も田代岳は私1人だけだったようだ。
登り始めた頃は天気が良かった。 九合目の雪原に出たらガスの中だった。


A3月1日(水)晴れ
昨日の森吉山に続き今日も晴れた!
大広手口に8時半過ぎに着きゆっくり準備をする。今日から3月!春の息吹を感じながら(気持ちだけでも)ゆっくり行こう!と林道を少し進み、カーブの所から雪壁の上に登った。思ったより雪が硬くスキーは沈まなかった。少し硬くなった前日のトレースがあった。夏道のヘアピンカーブの所に着いて、雪質が変わった。3合目の看板近くまで夏道側を進み、そこから左に折れて尾根の方へ進んだ。徐々に雪質が変わり、下りに期待させるような雪質になった。風も無く気持ちの良い天気だった。九合目の雪田に出たら、11時を回っていた。硬い雪の山頂ドームの斜面を登り、11時半山頂神社に着いて、アチコチ写真を撮った。北側の山はクッキリ見えるが、南側は霞んで良く見えない。やがてスノーシューの男の人が登ってきた。西側の端まで行って写真を撮っている間に、私は山頂ドームを下った。山頂ドームの斜面は雪が硬くしまっていておもしろくなかった。雪田を横切り、樹林帯に入った所でランチタイムとした。気持ちの良いひとときだった(^^)/
あとは下るだけ!樹林帯上部は最高の雪質!今シーズンベストのような気がした。同時にスキーが上手くなったような錯覚を覚えた!相変わらずバカなジジイだ(*´艸`)かなりのギャップも、狭い樹間も、スイスイと下って行ける(^^)/やがて雪が重くなってへっぴり腰になった。汗をかいて林道に下りた。大広手登山口に着いたら福士さんの車とスノーシューの男性の車があった。帰る準備をして13時過ぎ車に乗って発進したら、スノーシューの男性が林道を歩いて戻ってきた。今日も楽しい1日が終わった(^^)/
山頂ドーム 壊れて立ち入り禁止になっている山頂神社前で記念写真


B3月12日(日)曇り:雷岳まで
そろそろ田代岳・雷岳・烏帽子岳と三山を歩く季節になってきたが・・・まだ雪質はザラメにはほど遠いようだ!
様子をうかがいながら、落ちついた天気のようだからということで出かけてみた。
大広手登山口に車を駐め準備していたら、車が1台来て、お二人の方が下りて来た。地元田代の方と秋田市からの方ということだった。一本杉の所から登るということで、林道を先に進む私を追い越して行ってしまった。私は、9時10分カーブの所で雪壁の上に乗った。何となく気になっていたが、林道のカーブの所にあったカーブミラーが見当たらない?雪の下か?それとも除雪の時に・・・?
雪上には前日のものと思われるトレースがあった。スノーシューとスキーのトレースだった。少し雪が降ったようで、トレースを辿るとラッセルも無く楽だ!夏道のヘアピンカーブの所からより幅広いトレースを選んだが、やたらにピンクテープが木の枝に付けられていて目に付く。何を目的に付けたのか?下山時に回収すべきだ!下山時には違うコースを辿るのであれば付ける意味は無い!私が回収しようとしても数の多さに圧倒される(-_-;)
イヤになって、福士さんパーティが辿ったであろうスキーのトレースを辿ることにした。左手に急斜面を見ながら徐々に登って行く。途中からZIGをきるようになり、うろこ板とわかり、福士さんパーティだと確信した。良い所を滑っている!雪質も良い!さすが良くわかっている!
そこからはラッセルになった。前方にいつも登る尾根との間の沢を見るようになり、右にコースを変えた。やがて山頂ドームが見えて広大な雪原に入った。雪原を横切って、ドーム斜面の登りに入った所で、後方から登山口で一緒だったお二人が登ってきた。11時10分山頂神社に着いたら直ぐ後に迫っていた。山頂部をぐるっと回りながら先へ行くべきかどうか考えた。時々薄い雲がかかるが、おおむね曇り空の天気。風が弱く、寒さを感じない。少し迷ったが、下るお二人に挨拶をして雷岳を目指すことにした。11時30分シールをはずして、鞍部まで下ろうと滑り始めた。雪面が良く見えない!止まったつもりだったが、身体は動いていたのでバランスを崩して後方に倒れ、雪の中に穴が空いた。イヤな気分!それでも体勢を立て直してゆっくり下った。鞍部でシールを付けた。いつもここは風が強いのだが、今日は微風だ!シールを付けて雷岳へ向けてハイクアップ!小さな雪庇を崩して12時7分雷岳山頂部に乗った。一瞬空が明るくなったが、一瞬だった。山頂の標柱を確認して、Uターンすることにしてシールをはずした。気持ちの良い下りだった。私にはちょうど良い斜度だ!鞍部でシールを付けて田代岳山頂まで喘いだ。13時1分山頂に着いたら少し寒かった。低い雲がかかり、十ノ瀬も見えない。ドーム斜面を下り。13時13分雪原と樹林帯の境目で、少し遅い昼食を食べた。13時40分出発。まず登りのトレースを見ながら下った。福士さんパーティが滑った場所に着いて、下りのコースをどう辿るか迷ったが、久々に急斜面を下ることにした。真っ直ぐ大広手登山口に向かって下ったが、雪庇や凹凸に翻弄され、左寄りに滑ってしまった。前に歩いたコースを外れていた。やがてブナ林から細いカラマツのような林になった。下の方に杉の林が見え、夏道だと確信した。確かに、下ったら夏道に下りた。スキーのトレースもあった。ホッとして14時13分私の車だけがポツンと残された登山口に着いてホッとした。 
田代岳山頂にお二人が着いた。  真っ白な雷岳山頂部