トップのページへ 秋田県内の山
@の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ Cの記事のブログへ Dの記事のブログ

田 代 岳(1177.8m)一等三角点

@2016年10月25日(火)単独

A2016年11月26日(土)山仲間と

B2017年 1月17日(火)単独

C2017年 2月 9日(木)単独

D2017年 2月15日(水)単独

@10月25日(火)晴れ後曇り

雷岳にも、お地蔵さんがあると聞いていた。山頂の位置(つまりは標柱の位置)が変わってから、お地蔵さんの姿が見えないということだったので、気になっていた。木道の整備に行って、作業2日目は参加出来なかったので、その後の様子を見るのと合わせて出かけてみることにした。
荒沢と大広手のどっちから登ろうかと考え、距離の長い大広手登山口にした。荒沢の薄暗い樹林帯も余り好きではない。車を駐めて出発の準備をしていたら、明らかに登山者だと思われる車が通過して行った。8時55分大広手登山口から出発。林道沿いや三合目辺りまでは紅葉も綺麗であったが、更に上はブナの葉も落ちて落ち葉の絨毯であった。天気が良く、風も無く、気温も低くキーンと引き締まった空気感があった。八合目あたりからチラホラ雪が残っていた。10時18分九合目の湿原に出た。木道の上で写真を撮っている女性がいた。横を通り山頂へ向かった。地糖をストックで突いてみたら硬く凍っていたが、力を入れて突いたら氷が割れた。10時33分山頂の神社に着いた。神社は崩壊が進み、屋根が壊れていたのは西側だったのに東側まで及んでいた。天気が良く大パノラマだ!写真を撮って雷岳へ向かった。刈り払いがされているので歩きやすかった。雷岳の山頂部の尾根に着いてお地蔵さんを探しながら山頂の標柱の方へ進んだ。登山道の両脇は背丈くらいのネマガリダケで覆われ、くまなく探すのは困難だった。10時58分標柱がある雷岳山頂部に着いて、その周辺も探してみたが良くわからなかった。あっさりと諦めて、烏帽子岳のお地蔵さんを見るため、烏帽子岳へ向かった。11時19分八方平に着きそろそろ昼食時間かと思ったが、一気に進むことにした。その直後落ち葉が乗って分かりにくくなっていた泥混じりの水溜まりに膝近くまで落ちた。スパッツを付けていないのでビショビショに濡れた。11時30分烏帽子岳山頂に着いてお地蔵さんを拝んだ。まだ新しいあめ玉とお菓子が供えられていた。写真を撮り、あとは一気に田代岳山頂に戻ることにした。12時28分田代岳山頂に戻り、三角点近くで立ったまま昼食を食べた。展望が良く、鳥海山・秋田駒ヶ岳・岩手山・八甲田山そして岩木山がクッキリと見えていた。神社の裏手で男女2人が休んでいた。12時40分下山開始。晩秋の景色を見ながら、清々しい空気をいっぱいに吸って先を急いだ。木道整備で苦労した場所も確認して、高層湿原ともお別れした。紅葉の写真を撮りながら気持ちの良い下りを楽しんで、14時4分大広手登山口に着いた。空には薄い雲がかかり始めていた。林道沿いの紅葉写真を撮りながら帰路についた。

帰宅してGPSデータを見たら、水平距離や累積標高が白神岳山頂往復とほぼ同じくらいであった。
水平距離13.883km 累積標高約1200m、歩数26674歩
九合目湿原から山頂方面。地糖の表面は薄く凍っていた。 烏帽子岳山頂から田代岳山頂方面。左奥は八甲田山。


A2016年11月26日(土)曇り時々晴れ
毎年行っている山仲間との山登り、今年は田代岳へ行くことになった。10時に「たしろ温泉ゆっぷら」に集合。3台の車に分乗して大広手登山口に向かった。ほとんど雪の無い林道を走って大広手登山口に着き、登山靴を履いたりして準備。
11時4分出発する。文さんが少し先に登って行ったので、薄く積もった雪に残っている足跡を辿る。風も無く穏やかだ。日差しはほとんど無いが、それほど寒くはない。ブナなどの落葉樹の葉は落ち、見通しが良い。やがて文さんに追い付いて、12時を回っていたので5合目の分岐で昼食を食べることになった。それぞれ腰を下ろして、おにぎりやラーメンを食べ始めた。そこへ遅れて登ってきたナリユキさんが到着。これで9名全員が揃った。
昼食後出発。少しずつ雪が多くなるが、まだ雪は柔らかく岩の上に足を置くと滑る。雪に隠れた穴にはまったり、苦労して登る。13時37分9合目湿原に出た。少し風があるが、それほどでもない。湿原の木道を外して落ちないように慎重に進む。山頂のドームを登って14時に山頂の神社に着く。いつもだと神社内に入って休憩するのだが、この春の強風で神社が壊れているので中には入れない。田代岳周辺には雲がまとわりついていて展望は悪い。神社前で記念写真を撮って、下山することになった。
14時17分滑らないように慎重に下り始めた。岩木山だけは良く見えていた。ゆっくりだが順調に下って15時56分無事に大広手登山口に着いた。車に乗り薄暗くなり始めた林道をゆっぷらに向かった。
宿泊予定の「たしろ温泉ゆっぷら」に着き、温泉に入ってから遅れて来た2人と一緒に長い夜の宴が始まった。
九合目湿原に着いて、岩木山を眺める皆さん  立ち入り禁止の山頂の神社前で記念写真


B2017年1月17日(火)曇り
少し山をサボりすぎた。昨年の夏頃から、走るのが楽しくなって山が疎かになっていた。新年になってからも4回二ツ井の総合体育館に出かけて走っていた。そろそろ山へ行かなければ!っと思って出かけることにした。
田代岳は、ガスっても風があっても9合目の雪原までは何とかなる。冬なのに林道のアプローチも良い。冬場のコースは色々とれる。それがこの山の良さだ!
能代市の自宅から、途中コンビニに寄ったりしても大広手登山口には2時間程で着く。
9時頃登山口に着いて準備して、9時16分林道を少し先のカーブミラーがある登り口を目指した。林道からの雪壁は例年より低くヨイショッと登ることが出来た。幸い、硬い雪の上に少しだけ新雪が乗った状態だったので、深いラッセルは無かった。ただ雪が少なく、低灌木の枝が邪魔になった。久々の登山で息が切れる。何度も喘いで立ち止まった。ヘアピンカーブの先で、3合目の看板から左の尾根へ登った。途中からは夏道に近いコースを辿った。11時23分ようやく9合目雪原に着いた。雪原を横切り、ドームの登りで何度か立ち止まって、痛々しい姿の山頂神社には11時45分に着いた。外で神社内の白鬚大神様にご挨拶をして、スキーのシールを外した。幸い風が弱く助かった。11時57分下山開始!ドーム下りは、硬い雪と一部シュカブラで苦労した。雪原から樹林帯に入り、標高1080m付近でゆっくり昼食を食べることにした。お湯を沸かして作ったシジミの味噌汁が美味しかった。昼食を終え12時41分下山開始。樹林の中はフカフカの雪で気持ち良い!あっという間に林道まで下っていた。13時19分車に戻ったら、横にホンダのミニバンが駐まっていた。足跡を探したら、つぼ足の跡が大広手口から先へ伸びていた。何処へ行ったのだろうか?「また来よう!」っと思いながら車に乗った。走るのを忘れてしまいそうだ・・・ 
曇天の中の山頂ドームを望む 崩壊している山頂神社を後方から見る


C2017年2月9日(木)曇り(上部はガスの中)
日本海から低気圧が近づくと、擬似的に一時好天になる。天気図を見てチャンス!と思ったが、太平洋側にも低気圧があり、少し心配だった。案の定、朝出発したが周囲の山は、ほぼすべて暗い雲に覆われてその姿は見えない。やっぱり!と思いながら、どこまで登るか?考えながら田代岳登山口を目指した。田代岳大橋から見た田代岳は、完全に雲の中だった。
9時近くになって大広手登山口に着いて準備した。今回は、左手の尾根を登ることにして9時24分道路脇の雪壁の上に登った。思ったより雪が深い!そして少し重い。これは辛い登りになるだろうなぁと思いながらスキーを踏み出した。尾根の上に着いた時には、たっぷりと汗をかいていた。何度も立ち止まって暗い空を見上げながら尾根の上を進んだ。ようやく急斜面を登りきった頃、ガスがかかり始めた。登るにつれてガスは濃くなり、1000mを越えるとちょっと厳しくなった。ただ風が弱いのが救いだった。1100m近くで右へ少し曲がって九合目の雪原の縁にようやく立った。何も見えない雪の原が前にあった。仕方なく右手の樹林帯と雪原の境目付近を巻いてドームへ向かった。低灌木に雪が付いて見えにくいので、ストックで雪をはらった。帰りに少しは見えやすいだろうと思った。風が弱かったので、多分帰るまでトレースは消えないだろうと思った。時々、GPSで位置確認をして、夏道の登り口に着いた。あとはドームを登るだけだと思って、何も見えない斜面を登り始めた。中間地点にあるダケカンバを確認して、鳥居を目指した。ようやく鳥居に着いて先を見たが、山頂神社は見えなかった。山頂神社に着いて、セルフタイマーで写真を撮り、シールをつけたまま下ることにした。慎重にトレースを辿ったが、転倒!平衡感覚がおかしい?見えないからか、何かバランスがおかしかった。そのまま慎重に進み、1080mまで戻って昼食をとることにした。ドカッと座ってルイボスジンジャーチャイ(無印良品)を飲みながら、ローソンのおにぎりを食べた。食べ終えたら前方のガスが晴れていた!シールをはずして、重めの深雪に挑戦して完全に打ちのめされた。練習不足なのか?反省しながら13時31分大広手の登山口に着いた。テレマークスキーを始めて9シーズン目。練習をしなければダメだなぁ(-_-;)
山頂の鳥居に着いたが、前方の神社は見えなかった。  山頂の神社前でセルフタイマー写真 


D2017年2月15日(水)曇り一時晴
天気に不安があったら田代岳!私にとっては、そんな感じになりつつある田代岳。そこで今日も田代岳でした。
もし鷹巣を通過中に森吉山が見えたら、森吉山へ行こうと思っていた。ところが、残念ながら分厚い雲から雪が降っていた!チラチラ降っていた雪が、国道から左折して、田代岳方面へ少し走ったら、ノコノコと綿のような雪が降ってきて視界が悪くなった。慎重に運転して進んだら、段々明るくなってきて林道を走っていたら、青空から日が差してきた(^^)/
大広手の登山口に着いて、9時23分出発。いつもの左の尾根を目指した。ふわっとした雪にスキーが結構埋まる。底の硬い部分もずしっと沈む。これは辛い登りになりそうだ。それでも11時8分1080mの右折ポイントに着き、9合目の雪原を目指す。雪原に出た所で前方に山頂ドームが見えた。山頂に行けそうだ!と先を急ぐ。それでも、帰りのことを考えながらトレースを刻んだ。ドームの登りで喘いで11時44分山頂神社に着いた。写真を撮り、鳥居の所へ戻り、シールをはずす。下り始めたらふわふわっと気持ちの良いパウダー!これだから止められない!登り返そうと思ったが、雲が覆い始めて、雪面が見えにくくなった。そのまま下ることにした。
1080mのポイントに戻って昼食をとることにした。山頂神社が使えなくなって、ここが昼食場所になってしまった。下の方を向いて座り、おにぎりを食べていたら、前方に人影が?徐々に近づいて、お互い挨拶をした。トレースがあって助かったと、しきりにお礼を言われた!ここで休んで下るという話であった。話をしていたら、綴子の人だということがわかり、それ以外にも私と少し関係があったということが分かった。世の中狭い!12時47分私が先に下ることにした。気持ちの良い雪質に、960m付近で登り返すことにした。シールをつけて登り始めたら、先程の男性が下って来て、お互い挨拶をして分かれた。私は1080mポイントまで登り、再度下った。気持ちが良かったが、徐々に足に来た!ようやく下山してホッとした。技術的にはまだまだなのだが、久々に気持ちの良い滑走だった(^^)/林道では、三菱重工と書いたパジェロとデリカが林道を登って行った。また、帰路の途中の温泉で、yamayaさんとバッタリ!こうして楽しい1日が終わって行く・・・ 
山頂ドームの登りで、下方を振り返る ブルーシートに覆われた痛々しい山頂神社前で