トップのページへ 秋田県内の山
@の記事のブログへ  Aの記事のブログへ  Bの記事のブログへ  Cの記事のブログへ  Dの記事のブログへ 

田 代 岳(1177.8m)一等三角点

@2016年2月22日(月)単独

A2016年2月28日(日)4人パーティ

B2016年4月25日(月)単独

C2016年7月 1日(金)単独(半夏生)

D2016年9月21日(水)木道整備のボランティア登山

@2月22日(月)曇り時々日が差す・下部では無風・9合目以上で弱風

20日には何も見えないホワイトアウトにやられたので、今日は良いだろう!っと出発。天気予報では、高気圧に覆われながらも寒気が下りてくるので安定しないような事だった。しかし、私はコンパクトながらも高気圧だ!ということと寒気も大した寒気でないということにかけて出発!
大広手の登山口に着いて出発の準備。車は私の車だけ!9時40分に出発して、林道を歩いて先へ進み、カーブの所からヨイショッと例年より低い雪壁の上に登った。前日のトレースがうっすらと残っていた。FOJIさんパーティだなっと思った。トレースを辿りながら夏道のへピンカーブの所まで来たが、それから先は積雪でトレースが消えていた。今日は天気も穏やかだし、少し夏道を辿ろうかと先へ進んだ。3合目の看板を確認して、小沢を渡った先で左の尾根に取り付いた。登りながら、土曜日に鎌さんがフェースブックにアップしたスノーマンはいないものか?と探しながら周囲を見回しながら進んだ!スノーマンを発見!少し細工をして写真に撮る!が、そこで汗でくもって頭の上に載せていたオーバーグラス(メガネの上にかけるゴーグルのようなサングラス)が無い事に気が付く!仕方なく910m付近から870m付近まで下ったが発見出来ず!もっと下で落としたのなら、下りで探そうということにして登り返した。案の定!下りの時に850m付近の登りのトレースの溝の中にあった!ホッ( ^o^)ノ
さて、スノーマンの所からのんびりと登ることにした。時々日が差し、風も無く心地良い。木の枝には軽い雪が沢山乗っている。風が無いから落ちない。淡雪のような雪が積もっているので吸音効果か?森の中は無音だ!森の中はシーンと静まりかえっている。無響室の中に入っているような不思議な感じだ!ゆっくりと登って行くと太いブナが無くなり9合目の雪原が近づいた。樹間から山頂のドームが見え始めた。アウターの中は汗で濡れているが寒くはなかった。雪原に出て微風を感じた。手袋も、汗で濡れていたが冷たくなかった。ドームをゆっくり登り、12時05分山頂の神社に着いた。神社入口の戸はバリバリに凍っていた。手で戸の周りをたたいてゆるませ、レールの氷ははアイスバイル(ピッケルだと背負っていると樹の枝に引っかかるので今回は短いアイスバイルにした)で取り除いた。ようやく戸が開いて「こんにちは!」と独り言を言って中に入った。30分ほど昼食を食べながら、写真2枚をフェースブックに投稿した。神社内の温度計は−7.5℃を示していたが、寒くはなかった。時々日が差し気持ちが良かった。30分ほどで神社の戸を閉めて外に出た。鳥居の所から、一気に下った。硬い雪の上にふあーっとパウダーが乗り、スキーが走る!スピードが出て少し怖かった!雪原に降り立ち、余りの気持ちの良さに下るのがイヤになるほどだった!意を決して気持ちの良い雪の下りを楽しんだ!夏道のへピンカーブ付近からは少し重めの雪になったが、悪雪では無かった。
結局、今日は私1人の入山だったようだ!月曜日ということもあったが、何だかもったいないような気がした。タダでこんだけ楽しませてくれる所なんて無いんだから!スノーマンも待っていることだし・・・ありがとう!田代岳!
私を出迎えてくれたスノーマン 山頂神社内の戸を明けて、日が差す神社前を撮す


A2016年2月28日(日)晴れ後曇り

土曜日の予想外の好天に空を見上げて溜息をついた!約束の日曜日は、またもや田代岳へ!
ユップラで集合!hontakaさん・しょうすけジュニア・と私。更に、久し振りのtukamasa氏も合流!今シーズン初登山とは・・・ブラック企業に勤務のためか?
2台の車で登山口へ。他にも車が来て沢山の人が登っているようだ。10時に大広手登山口を出発。2月22日に私が登ったコースを辿ることにした。日が差し暑い(・ω・)!アンダーウエアーの上へアウターのtukamasaさん!私はアウターを脱ぎ、手袋も脱いだ。それでも暑い!しかし、登るにつれて徐々に空が曇り、寒さを感じて9合目雪原前で脱いだものを着込んだ。山頂ドームを登る頃にはどんよりと曇っていた。12時23分山頂神社に着いて中に入ったら、斎藤さん達の3人パーティが食事をしていた!一緒に食事をする。斎藤さん達が神社から出て、我々も下山しようかと思っていたら。、能代の塚本さん2人パーティーが着き、更に、賑やかな大館からの4人パーティが着く。後で(二ツ井のゆっちゃんで・・・)聞いたが、五色滝付近の廃道になった夏道を辿り、途中の痩せ尾根はスキーを背負って、雪原の東端に上がったと言っていた!お疲れ様でしたm(_ _)m
13時10分頃山頂から下り、登ったコースを順調に下ったが、途中小雪が舞い天気は悪化するかと思われた。14時10分頃、車に着いて移動して越山に着く頃には空が明るくなってきた。ユップラの駐車場で、久々に会ったtukamasa氏達と少し長い間立ち話をしてしまいました。再会を期待して、お別れを言って帰路につきました。鷹巣を通る頃には森吉山もクッキリと見えていました。今日も楽しい山行をありがとう!田代岳でした! 
山頂ドームの登りで喘ぐ  山頂神社前で記念写真


B2016年4月25日(月)晴れ

今年は雪が少ないから、田代岳は大丈夫か?っと思いながら林道を進んだ。途中の林道脇にはほとんど雪は無く、大広手口に着いて少し雪がありホッとした!大広手登山口には、岩手ナンバーの赤いピックアップトラックで来た男女ペアの方がいて準備をしていた。私が準備していたら、お二人が出発する際に、コースを聞かれた。この雪の状況ではどのコースを勧めたら良いのか?私では判断しかねたが、いろんなコースや雪の状況を一通り教えた。田代岳は初めてのように感じた。地図も無さそうだった。ちょっと心配だった。結局、お二人は真っ直ぐ山頂方向へ小尾根を登って行った。その先は杉林の急斜面になるがどうしたのだろうか?
私は、9時14分左手の小沢(一部だけ雪が残っていた)を慎重に越え、いつもの左手の尾根に着いてホッとした。あとはヤブも出ているが何とか尾根の上を登った。尾根の急斜面になった所でヤブが多くなり、右手の沢に近い所を登った。その上の方は順調だった。1000m前後の斜面は期待を裏切らないスキーには最高の斜面だった。9合目の雪原に出て岩木山と山頂ドームが見えた。お二人の姿は見えなかった。雪原からドームを登り10時53分山頂の鳥居に着いた。雪が融けたため鳥居が高い!鳥居の先は登山道が出ていた。雷岳へ行くつもりだったので、雪のある神社裏手をつないで雷岳が見える所まで進んだ。神社裏手に板や材木が数個散乱していた。この時は、余り気にならなかった。斜面を観察した。山頂からの下りの斜面がどこで雪がつながっているか良く見えない。雷岳の斜面もだいぶ荒れて溝が幾筋も見える。鞍部まで雪がつながっているか判断つかず断念!
山頂神社で休むことにして、山頂神社へと戻った。神社の姿を見て呆然と立ち尽くした!西側の神社壁面が吹き飛んで、中が丸見えだった。とにかく写真を撮った。中からも写真を撮り、白髭大神様の無事を確認した。入口のアルミのドアも壊れていた。神社前の階段は大丈夫だったので、腰掛けて昼食を食べた。そして、写真をフェースブックにアップした。多分4月17日(日)の強風でやられたものと思った。
11時40分下山開始。雪原に降りてもお二人の姿は無かった。来た尾根を下り、12時24分大広手の登山口に着いたが、お二人の姿は無く、車はそのままあった。どうしたんだろう?神社の事とお二人のことを気にしながらユップラへと向かった。車の中は暑かった! 
地糖が顔を出し始めた湿原。山頂ドームの雪もだいぶ融けた。 西側から山頂神社を見て呆然とした! 
内部に入り西側の壁面を撮す。白髭大神様はいつもの通りだった。 後方から撮してみた。


C2016年7月1日(金)曇り

田代岳の山頂神社のことが気になっていた。半夏生に合わせて出かけることにした。
半夏生の日には、大館市の清掃登山が行われるので、大勢の人が登山に訪れる。それを避けるため遅めの出発にした。
荒沢の登山口に着いたら、満車状態。それでも何とか駐車して10時5分に出発。雨が落ちてきそうな曇り空の中、蒸し暑さも忘れて、川沿いコースを辿り、何パーティーか追い越して高度を稼いだ。ところが、8合目を過ぎ、9合目との中間地点で前が詰まった。大集団だった。遂に捕まったか!諦めて牛歩の歩みにした。それでも、ドームの登りでは、ガイドの方達との会話を楽しんだ。薄市沢の山の家の後ろの斜面での伐採作業のため、薄市沢から烏帽子岳へは当分行けないということだった。山頂に着いたら、大混雑!早速、神社内の宮司さん(知り合いだったので)に祈祷してもらい、神社再建のお話をした。大館市に要請をしたが、特定の宗教団体に税金を使うわけに行かず断念!氏子等に奉願帳を回して基金を募るようだった。私も出来ることがあれば・・・と伝える。来年の半夏生に向けて新築したいということであった。基礎は現在のものを使うので設計はほぼ出来ているようだった。今までさんざんお世話になったので、黙っているわけにはいかなかった。お別れを言って、大勢の人が下り始める前に下ることにした。まあまあのペースで下り、車に乗って林道を下った。途中、五色滝などを見て、五色湖ロッジの駐車場の朽ちかけたベンチでお湯を沸かして、昼ご飯を食べた。ロッジの管理人の方が何度も中で休んでくださいと声をかけてくれた。食事を終えて帰る時にも大館市でチャーターしたバスはまだ下ってこなかった。
湿原手前からは清掃登山の方達の最後尾に付いて登った ブルーシートで覆われた神社は痛々しかった


D2016年9月21日(水)晴れ
秋田県の自然保護課による登山道搭載整備事業ということで、お手伝いをすることにしました。
秋田県の他、大館市の田代総合支所、田代岳を愛する会、県北地区高校山岳部(能代工業高校山岳部)などが力を合わせ、田代岳九合目湿原の木道を再整備した。
当日の朝、大広手登山口に集合し、整備用の道具を背負って登山開始。途中の五合目で小休止をして九合目湿原に着いた。到着後、早速作業を開始した。3年程前に荷揚げした材料は九合目看板の直ぐ下にブルーシートに包まれて保管されていた。そこから必要なだけの材料を運び上げた。湿原の泥炭層下部まで食い込んだ丸太の支柱を抜く作業から開始。1m程泥炭層に食い込んだ支柱はなかなか抜けない!渾身の力を振り絞って、ようやく抜くことが出来る。泥炭層に食い込んだ部分は余り腐っていないが、上部の地面から出た部分はボロボロであった。歩く板の部分はそのまま利用し、板を支える支柱と板を支える横木の部分を交換することにした。作業をするベテランの3人の方達の作業振りを見ながら、素人の私も少しは習熟した。昼食をはさんで作業は進み、徐々に私を「大将!そっち持って!」などと檄を飛ばされるようになる。午後2時頃までに整備した部分は、木道全体から見るとごく一部分だったが、出来た部分を見て満足した。それにしても、力と工夫のいる仕事だった。14時を過ぎて下山開始。四合目の看板も少し修理して下った。大広手口でいただいたノンアルのビールは美味しかった!
翌22日も作業をすることになっていたが、私は私用があり参加出来なかった。自然保護課の皆さんのご配慮で、五色湖ロッジに宿泊し、22日の朝帰ることにした。
21日の夜、能代工業の山岳部が到着し、県職員の皆さんが作った手料理を頂きながら遅くまで楽しいひとときを過ごすことが出来た。
私は、22日朝に作業に向かう方々をお見送りして、自宅へ向かった。 
古くなった木道の支柱と横木を交換し、敷板を戻す作業。  せっかくここまで登ったが、今日の山頂はお預けだった。