トップのページへ 秋田県内の山 @の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ
Cの記事のブログへ Dの記事のブログへ

田 代 岳(1177.8m)一等三角点

@2016年1月13日(水)単独行

A2016年1月17日(日)4人パーティ

B2016年2月 3日(水)単独行

C2016年2月12日(金)5人パーティ

D2016年2月20日(土)3人パーティ

@1月13日(水)曇り一時晴れ・風弱い

<今回のコースタイム>
大広手登山口09:23→9合目雪原11:43→山頂神社12:10〜12:30(休憩)→13:24大広手登山口

<GPSデータ>
水平距離6.053km 所要時間04:06:45(電源オンからオフまで)


神社内の温度計:−8℃

天気予報を見ていると気持ちが暗くなる!しかし、今日の予報天気図を見ると日本海に低気圧が発生!等圧線もまばら!そして、日中は日差しもあるという予報。こりゃぁ疑似好天かぁ!天気が下り始めたら即下山ということで・・・出かけることにした。
雪が少ないのが少し心配だった。田代町を進み、林道に入っても雪壁は低い!どうなっているんだろう?大広手登山口に着いて、道路脇の雪壁の高さが私の腰の下だった・・・大丈夫だろうか?ちなみに昨年の1月18日には、雪壁が私の身長を超えていた!
チラホラ小雪が降る中、スキーを履いて、いつもの左側の尾根へ向け出発。ところが、最初の小沢が雪不足で落ちそうなため渡れない!そのまま小沢脇の小さな尾根を登ることにした。やがて造林スギの急斜面になり、ジグザク。沢が消えた所で左寄りに登り、標高730m付近でいつもの尾根に上がりホッとした。ホッとしながらも、今日は9合目雪原まで行けるかな?っと不安だった。雪が重く感じ、体力(脚力)の低下を感じた。尾根の急な所に着き、少ない雪に翻弄される。休み休み、無理せずに歩みを続けた。斜度が緩やかになり大休止!登るにつれて、いつもの田代岳のやさしい雪面になってきた。
1050m付近で、突然前を兎が逃げて登って行った。少し登るとまた逃げて行く。なぜか?私の行く方向へと逃げる兎。私を誘導しているのか?9合目雪原の途中まで、この繰り返しだった。やがて、兎は雪原から右手の斜面へと猛スピードで下って行った。
雪原に出る手前あたりから、急に空が明るくなり、青空が見え始める。山頂ドームには日が差し純白の斜面になっていた。兎とのデットヒートと青空が私を山頂へと導いた。ドームの登りも苦しかった。2時間45分程で、ようやく山頂神社に着いた。不完全な施錠を直し、中に入って白髭大神を祭る神社に初詣をした。いつ下り始めるか分からない天気?南の方には怪しい雲が見え始めていた。昼食は下山後ということにして、行動食を食べて下ることにした。神社内の温度計は−8℃だった。
さあ!初滑り!っとドームを下り始めたが、雪が重かった!雪原を戻りながら何度もドームを振り返った。あとはツリーランを楽しみながら、いつものコースの方へと下ったら、やはり最後の小沢でハマってしまった。脱出に苦労してようやく下山!それでも初滑りはそれなりに楽しいものでした。FOJIさんが来ているのも知らず、昼食を車の中で食べて出発!空は次第に雲で覆われ始めてた。
9合目雪原から山頂ドームを望む 山頂の鳥居に着いて、神社(左)と岩木山(鳥居の右下)が見えた

A1月17日(日)曇り・微風

<今回のコースタイム>
大広手登山口10:14→9合目雪原12:09→山頂神社12:30〜13:18(昼食)→14:25大広手登山口

<GPSデータ>
水平距離5.960km 所要時間04:11:44(電源オンからオフまで)


神社内の温度計:−9℃

hontaka氏よりメールを頂き、16日か17日に山へ!っということであった。takamasa氏とharatamo氏とも連絡をして日程調整したら、17日に決定。17日が徐々に近づき、天気予報を気にしていた。天気図を見たら沿海州(古い表現ですみません)付近にある高気圧から伸びた細めの尾根が北東北地方を覆うようだ。これには良かった!っと思った。
当日は、遅めの出発。大館市田代町のユップラに8時45分に集合し、登山口に向かった。登山口から10時過ぎに出発。13日に来た時よりは少し雪が増えたような気がした。登山口付近では、硬雪の上にフワーッとパウダーが数十センチ乗っかっている。いつもの左手の尾根を登ることにした。能代の塚本氏がお一人で来て「この先から登るから!」っと言って車で通過して行った。登り始めたら意外に雪は深い。ラッセルを交代しながら登りで喘いだ。何度か休憩を取りながら、12時を回って9合目雪原に着いた。曇っているが風も弱く穏やかだ。山頂のドームも良く見える。ドームを登り始めたら、同じ所に車を駐めたお二人が追い付いて来た。早い!12時30分山頂に着いて神社内に入った。神社内の温度計は−9℃を示していたが、それほど寒いとは思わなかった。追い付いたお二人はシールをはずして直ぐに下って行った。神社内で休んでいたら、大館の方達4人が到着した、更に塚本さんも到着して神社内は賑やかになった。ゆっくり昼食を食べて13時18分我々は下り始めた。気持ち良く深雪のドーム斜面を下り、雪原を進んでいたら、大館の人達がドームを下っている様子が見えた。更に、その後を塚本さんが下っていた。我々は登って来たコースを下った。上部では見事なパウダーを楽しんだ!急斜面の尾根からは、我々にとっては修行の下りだった。私は、雪の小山に突っ込んだり、低灌木に絡まったりして2度ほど雪に埋まった。それでも楽しい田代岳だった。登山口に着いて、それぞれお別れを言って、余韻を楽しみながら帰路についた。
ユップラに寄っても良かったが、100円で入れる二ツ井の「ゆっちゃん」に向かった。100円で入浴券を買い、中に入ったら森吉山帰りの高松さんが入っていた。「森吉山はガスで・・・」っということで山頂方面へは行くことが出来なかったようだ。そういえば、帰る途中の鷹巣から見た森吉山は、一の腰は確認できたが山頂部方面は雲の中だった!
山頂ドームを登りきった所で振り返ったら、後発のお二人が追い付いていた。左手の雪原には(写真から外れている)大館の4人の方と塚本氏が見えていた。  ドームの斜面を「さぁ!行くぞー!」っと下って、振り返ったら皆さんも下り始めていた。この時には、青空もいくらか見えていた。 

B2016年2月3日(水)曇りだが時々日が差す・風弱い

今年の天気図は、例年のような西高東低にならない!秋田県北部は例年に比べると雪が少ないようだ!能代市の中川原の堤防上から見る山並みも、連日のように青森県との県境にある白神山地は良く見えるが、それに比べると森吉山が見える率が低い。
3日の予想天気図が、1月に田代岳に行った時の天気図のようだった。田代岳は大丈夫だ!っと思って準備した。
朝出発して、田代岳が近づくとフワフワと綿のような雪が落ちてくる。大広手登山口に着いて準備していたら、お客さんを乗せてFOJIさんが到着。少し離れた所にもう1台車が来て、男の方が1人スノーシューを履いて出発して行った。9時53分私は、林道を少し進み、カーブの所から例年より低い雪壁の上に登った。あとはじっくり、呼吸が乱れないようにして登った。夏道のヘアピンカーブに着いて少しホッとした。時々日が差し、風もほとんど無く穏やかな天気だ。登って行くと山頂ドームが見え始めた。天気も良さそうだ!途中から先に登ったスノーシューの人のトレースがあった。11時38分雪原に出た。山頂へ向けてドームを登り始めたら、スノーシューの人が下って来た。「早いですね!」と言ったらニコニコして下って行った。11時58分山頂神社に着き、中に入って昼食を食べた。神社内の温度計は-8.5℃を示していた。戸を閉めて外に出た。日が差していたので雪面は良く見えていた。ドームを下って行ったら、下にFOJIさん達がいた。ご挨拶をして、私は下った。980m付近までえ下り、登り返すことにした。30分ほどかかって9合目雪面に着いたら、FOJIさん達がドームの急斜面を下っていた。その上手さに溜息が出た。刺激をもらって練習しながら下ることにした。下っては休み、下っては休みしながら、14時12分車のある大広手登山口に着いた。楽しい1日が終わった! 
9合目雪原手前で正面から日が差し始める  途中から登り返したら、FOJIさん達が山頂から滑り下りていた。
急斜面の2本のトレースがクッキリ! 

C2016年2月12日(金)晴れ

由利本荘市(本荘山の会の事務局の今野さん)や秋田市の方々が来るという知らせがあり、それだったら私も!っということで出発!予報では午後から曇るが午前は晴れるという2月としては珍しい天気!
登山口へ向かう林道を1人でノロノロ走っていたら、後方から見覚えのある車が近づいてきた。慌てて少しスピードを上げる。大広手口に着いて、皆さんにご挨拶!
準備して、9時42分左手の尾根へと向かう。前日と今日の先発パーティのトレースがあり、登りのトレースをラッセルもせず泥棒させていただく!ラッセルも無く楽だ。しかし、この時期としては気温が高く、じっくりと汗をかかないように登る。途中で、下山してきたスノーシューの単独の方とすれ違う。我々が出発する直前に出発した方だ!早い!我々は、数回休憩しながら11時35分9合目雪原に出た。青空の下、真っ白な山頂ドームが見える。ドーム基部に向かうトレースには、所々真っ赤な標識が風になびいていた。ドーム基部から登り始めたら、山頂からスノーシューを履いた4人パーティの方達が下って来た。ご挨拶をしてすれ違い、山頂の鳥居に向けて喘ぐ。12時3分山頂の神社に着く。神社内に入り、それぞれ昼食タイム。ラーメンを食べる人、おにぎりを食べる人、様々だ。私は、今シーズンから始めた自前の弁当だ!神社内の温度計は−0.5℃程。暖かい!昼食後外へ出て、セルフタイマーで集合写真を撮る。
12時58分いよいよ下山開始!それぞれ自由にドームを下る。気温が高いので重い雪かと思ったが、結構走る軽い雪だった!大広手の登山口まで、各自自由に滑走を楽しむ。尾根の急斜面では、トレースが沢山あり苦戦したが、大広手口まで悪雪には会うこともなく、気持ち良く滑る雪に大満足の1日だった!
この後、秋田市や由利本荘市までのロングドライブが気の毒だったが、ユップラに入りゆっくり帰るとのことだった。久々にお会いした方々との楽しいひとときを過ごすことが出来て感謝! 
山頂ドームの登りで喘ぐ 山頂神社前で記念写真

D2016年2月20日(土)曇り後雪(上部はガス)

週間天気予報ではまずまずの好天だった!しかし前日の夜の天気予報では10時頃から湿雪・みぞれ・雨と午後へ向けて変化することになっていた。少しガッカリしながらも、hontakaさんと約束していたので出発した。
曇天の中、大広手登山口に車を置いて、hontakaさん・しょうすけジュニア・私の3人で10時頃出発。その少し前に八戸からいらした6人パーティの方達が出発して行った。我々はラッセル泥棒をして八戸の方達に追い付いて、その先ラッセルをするはめになった。お互い相前後しながら、1000mを越え、ガスの中9合目雪原に出る少し手前で、八戸の方達と分かれる。我々は雪原の縁を回り込むようにしてドーム方向へ、八戸の方達は雪原東端方向へ登って行った。風が無いためか、ガスで近くの樹木も見えなくなり、ホワイトアウト状態!山頂ドーム基部の沢に入り込むようになって、左に進路を変えたら登りになり、前方から八戸の方達の声が聞こえ、不思議に思ってGPSを見たら曲がり過ぎだった!少し下り気味に戻ったら雪面に夏道分岐の案内用看板の頭が出ていた!そこで記念写真を撮り、我々は下ることにした。八戸の方達は山頂を目指すと言って、ガスの中に消えた。1080m付近まで下り、シールを外すことにした。しかし、視界が悪いので勝手な方向へ滑って行かないよう、お互い確認してゆっくり下った。この辺はパウダーではないが、まずまず滑ることが出来たが、下るにつれて曲がらない重い雪に変化!13時頃ようやく大広手口の車に着いて、車の外に立ったまま昼食を食べた。食べ終えた頃に八戸の方達が下って来た。明日は森吉山へ行くと言っていた!我々は来週末の約束をして、帰路についた。
9合目の雪原にある分岐付近の案内の看板の上部が出ていた! 1080m付近まで下り、ここでシールを外した