トップのページへ 秋田県内の山 @の記事のブログへ Aの記事のブログへ

田 代 岳(1177.8m)一等三角点

@2015年5月8日(金)〜10日(日)高校生の登山大会に同行

A2015年10月23日(金)単独行

@5月8日(金)〜10日(日)
3日間で下記のように高校生の登山大会が実施された。
そろそろ年齢的に無理があると思い、辞退を申し出ているのだが、なかなか許していただけない(>_<)
自分自身が厳しい登山をやっていないのに選手を審査するというのは、私のポリシーに反する。そろそろ引退をしたいところだ!
まあ、今回は仕方なく同行させていただいた。

第42回 秋田県 県北地区高等学校 総合体育大会 登山競技
第1日目(5月8日)
大館市田代公民館越山分館で開会式の後、越山から五色湖キャンプ場まで歩く。
五色湖キャンプ場泊
第2日目(5月9日)
五色滝から大広手登山口経由で山頂往復をする。
第3日目(5月10日)
五色湖ロッジで審査講評と閉会式を行う。

8日から9日の日中にかけては好天に恵まれて、気持ちの良い行動をすることが出来た。
9日の夜から10日の朝にかけて雷雨に見舞われるが、全体的には天気に恵まれ、無事に大会は終了した。
湿原に着いて、山頂ドームを見上げる 五合目付近のブナの新緑の美しさにしばし立ち尽くす


A2015年10月23日(金)晴れ

<今日のコースタイム>
荒沢登山口10:32→四合目11:13→九合目湿原11:50→山頂12:10〜12:42(昼食)→湿原(周回コース)→九合目13:20→四合目13:52→登山口14:27

<GPSデータ>
今日歩いた水平距離10.089km、累積標高+659.460m、歩数19867歩

土曜日から天気が悪化しそう・・・しばらくは秋晴れは望めそうもないので・・・にわかに田代岳へ行くことにした!
好天の田代岳を楽しみながら、今冬の訪問を山頂の神社で白髭大神にお願いすることにして、朝食後自宅を出た。
10時過ぎに荒沢登山口に着いて準備していたら、山形ナンバーの車に乗った人が来た。「お先に〜!」と言って出発しようとしたら「登るんですか?」と言われた。「秋田ナンバーの車だから、キノコ採りかと思った〜」と言われてしまった(-_-;)。「じゃあお先に!」と2度も言って10時半に出発した。来る途中の林道周辺も紅葉が綺麗だったが、登山口周辺も紅葉が綺麗だった!登るにつれて葉が褐色になり、葉が落ちてしまった樹が増えた。登りの二合目から三合目の間は林内コースを通った。まあ2時間もあれば山頂に着くだろうと思い、秋の空気をいっぱいに吸い込んで、のんびりと登りを楽しんだ。落ち葉は乾き、歩くとカサカサと音が出る。時々空から落ち葉がヒラヒラと落ちてくる。気持ちの良い登りだった。九合目に着いて、湿原に出た。空気が澄んでいる!青空の下に山頂ドームのネマガリダケの葉がキラキラ輝き、その姿が風で少し波だっている地糖に映っている。清々しい!いよいよ山頂ドームの登りになった。ドームのほぼ中間付近にあるダケカンバの所で、下って来た方と出くわした。何と!タロンペさんだった。薄市沢から烏帽子岳・雷岳・山頂と縦走してきたそうだ。相変わらずパワフルに歩いている。少しお話をしてからお別れした。山頂神社に着いて、神社前に座り昼食を食べた。タロンペさんは、「山頂は寒かった!」と言っていたが、私は気持ち良く感じた。昼食後、白髭大神にご挨拶をし、入口のペグを利用した錠前を直して出発した。
山頂の鳥居の所から湿原を見たら、駐車場で一緒だった方が湿原を歩いていた。湿原の薄市沢コースとの分岐で、すれ違った。私は湿原を周回するコースを辿ることにして楽しんだ。九合目の看板近くに戻り、下り始めた。五合目の鳥居は完全に壊れていた。下りは一瞬に感じた。三合目と二合目の間は、登りで林内コースを歩いたので、よく滑る川沿いコースを歩いた。登山口近くの仮設の橋を渡った途端!「グワワワワー!」何と表現したら良いのだろう?ジェット機が直ぐ頭上にいる様な?すさまじい地響きの様な音が結構長く続いた。直ぐに、ロケット実験場の燃焼実験だと思ったが。音のすごさに驚いた!14時30分に駐車場に着いて、帰る準備をしていたら、さっきよりは少し小さめの音が鳴り始めた。小型のエンジンかな?と思ったが、立て続けに実験をしているんだ!
林道を下っていたら、数カ所で崩れかけている路肩の工事をしていた。土砂を積んだダンプカーともすれ違った。地ならしをするシャベルカー?ともすれ違った。今年の冬は、安心してこの林道を利用することが出来そうだ( ^o^)ノ
九合目の高層湿原を見下ろす!  山頂の神社と秋の深まりを感じさせる青空!