トップのページへ 秋田県内の山 @の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ
田 代 岳(1177.8m)一等三角点
雷岳1128m・烏帽子岳1133m・茶臼岳1085.9m


@2015年4月 9日(木)単独

A2016年3月17日(木)単独

B2016年4月 2日(土)単独


 @2015年4月 9日(木)快晴

<今回のコースタイム>
大広手登山口08:07→09:26田代岳山頂神社09:36→雷岳10:00→10:32烏帽子岳10:49→茶臼岳11:02→雷岳11:38→12:08田代岳山頂神社(昼食)12:46→13:11大広手登山口

天気予報をチェックしながら、3月27日のリベンジということで烏帽子岳まで行く日を待っていた。高気圧が日本列島にどかっと乗る、寒気も朝にはぬけると言う。明日だ!っと決断して8日に準備をした。
朝早く自宅を出発。気持ち良く晴れている。山並みもスキッと見えている。アクセルを踏む足に力が入るが、みんなノロノロだ!
8時前に、誰も居ない大広手登山口に着いて、準備して8時7分出発。左手(南側)の尾根を目指す。放射冷却で冷えたためか、雪は硬い。ステップ板にシールを付け、南東寄りの弱風に気持ちよさを感じながら登った。9合目雪原に着いたら青空の下に山頂ドームがドカッと鎮座している。前日のトレースが残っている。9時26分山頂に着き、休憩しながらシールをはずした。雷岳へ向かって下り始めたが、雪がガチガチで安全優先で滑った。シールを付けて雷岳を登り、シールをはずして烏帽子岳へ向かって下った。更に烏帽子岳へ向けて登り、山頂でゆっくり休んだ。天気が良く気持ちが良い!ついでに、三角点がある茶臼岳に寄って、雷岳を目指した。烏帽子岳と雷岳との鞍部へ下る頃から、雪面が緩み始め良い感じで滑ることが出来た。日差しが強くなり、気温が上がり、汗が噴き出す。シャリバテか?それとも体力不足か?山頂への最後の登りが辛かった。山頂神社に戻り、神社前にドカッと座って昼飯のおにぎりを食べた。足跡が無い所を見ると、今日は田代岳山系独り占めのようだ!もったいないよな〜!と思ったが今日は平日だ。12時46分下山開始。結構楽しく滑ることが出来て満足!大広手登山口に着いたら、私の車の隣に赤のランドローバー(旧型車だろうか?大きな四角いボディ)が駐まっていた。足跡を見ると、夏道の方へ行ったようだ?私はユップラに向かって車を走らせた。雪が融けたら、林道が荒れているのが目立ってきた。
烏帽子岳からようやく田代岳山頂神社へ戻ってきた
左手の雲の下に八甲田が見える
烏帽子岳山頂で
スキー板の後が雷岳・右が田代岳山頂・右端が9合目雪原


A2016年3月17日(木)晴れ・後半強風

<今回のコースタイム>
大広手登山口09:10→田代岳山頂神社10:30→雷岳10:59→11:34烏帽子岳11:40→茶臼岳11:53→
12:06八方平12:23(昼食)→雷岳12:46→13:16田代岳山頂神社(休憩)13:37→14:09大広手登山口

気圧配置は何となくいまいちなのだが・・・天気予報は何だかすごい良さそうに言うので・・・田代岳の奥地へ!
例年であれば4月に入ってから行くのだが、雪が少ない今年は早めにと思って決めた。
大広手の登山口を9時10分に出発して左の尾根へ向かった。雪はザラメに近い雪で埋まらない。順調に登るが暑い!アウターはザックに背負ったまま。手袋も薄手のもの。それでも汗をかきながら登る。雪原に出て、青空の下に山頂ドームが見えた。岩木山などは霞んで写真には良く写らない。山頂の神社前を通過して、その先でシールを外す。
雷岳へ向かって「さあ行くぞー」と滑り始めたが・・・なんだこの雪は?ふかふかの所があると思ったらガリガリが、そしてググッとブレーキがかかる雪、更にシュカブラ!雨溝の痕跡のようなうねっている所も!こうなると、もう私の手に負えません(*´艸`)派手に転倒!安全を期してゆっくりと下り、鞍部でシールを装着して雷岳へ登り、10時59分山頂の標柱の所に到着。
シールを外し、また下りになった。また転倒!フー(*´艸`)と溜息をつく。気を取り直して鞍部からまた登り返し。見事な雪原の八方平を通り、11時34分烏帽子岳山頂に着いた。
来たルートを振り返り、写真を撮って、烏帽子岳山頂部の危険箇所はつぼ足で下り、茶臼岳を目指す。11時53分茶臼岳に着いたが、ここから見る岩木山は綺麗なのに、今日は良く見えない!ここでUターン。12時6分八方平に戻って昼食をとることにした。風が出てきて寒く感じたのでアウターを着ることにした。昼食後さあ下るかーっと下ったら、鞍部はかなりの風!シールが飛ばされないよう慎重に装着して雷岳を目指した。ヘロヘロになって雷岳山頂。そして下り、田代岳山頂との鞍部へ。風が強い!鞍部は風の通り道になっているようだ。最後の登りで喘いだ!「あ!兎だ!」と思ったら、フィルムクラストした雪片が風で吹き飛ばされたものだった。少しずつ幻覚が・・・
山頂神社に着いて神社前の階段に腰掛けて休みながら、餅を食べ、FBに写真2枚をアップした。何だか揺れる?地震かな?おかしいなぁ?風で揺れているのかなぁ?幻覚症状かなぁ?帰って調べたら地震は無かったようだ!トレースがあったので、そのトレースに惹かれるように、左の雪庇横の斜面に出てしまった。滑って振り返ったら、綺麗な2本のトレースに、私の汚いトレースが!ガッカリして何度も振り返りながら雪原を進んだ。
この後は必死の下りだった。歳だなぁ!体力が衰えた!14時9分車にようやく着いて5時間余りの山行は終了した。後は、林道を進み、車は泥んこ塗装をして国道に出た。ガソリンスタンドに寄ったが、いつもは言う「洗車しませんか?」とは言わなかった。
烏帽子岳山頂から田代岳山頂方面を振り返る
上の右側の写真(2015年)と同じ位置で写真を撮った
山頂の標柱はまだ雪の下だった 
田代岳山頂に戻り烏帽子岳方面を振り返った 


B2016年4月 2日(土)晴れ

<今回のコースタイム>
大広手登山口09:02→田代岳山頂神社10:28→10:57雷岳(休憩)11:15→11:45田代岳山頂神社(昼食)12:12→
12:43大広手登山口

さあ!この天気だと、きっと気持ち良く滑られるザラメに会える!っと田代岳へ。
快晴の青空の下、9時2分大広手口から左尾根に向かう。板は軽いカルフのステップ板。古いシールを貼り付けて登った。暑いので、薄い手袋・ニット帽でなくツバの大きいハット・アウターの上はザックに固定。それでも登るにつれ汗がしたたる。気持ちの良い季節だ!どこもかしこも新年度を迎え、忙しくしているだろうに!申し訳ないm(_ _)m
1時間ほどで1000mを越え雪原に出た。山頂ドームにはトレースが残っていた。31日のFOJIさん達のものだろうか?10時28分神社前で御神体にご挨拶をして、そのまま雷岳方面へ進む。シールを外して鞍部まで一息だった。表面だけが少しゆるみザラメ状になっている。シャーっと音を立てて下った。雷岳へ登る。しっかり登りと下りのトレースが残っていた。雷岳山頂に着き、しばし休憩。烏帽子岳は3月17日に行ってきたので、今回は止めにした。雷岳から戻る鞍部までの下りは気持ち良かった!この時期ならではだ!山頂への登り返しも、烏帽子岳へ行った時のことを考えると、今回は楽だった。山頂神社内に入り昼食を食べた。誰か来たのか?神社付近につぼ足で歩いた跡があった。神社内の気温は4℃程だった。日が差して暖かかった。
さああとは下るだけだ!シャー!シャー!とザラメ雪を楽しんで下ったが、下るにつれて雪が重くなり、ターンが辛い。12時43分ようやく車が見えホッとした。登る時には無かった白のホンダのCR-Vが駐まっていた。山頂からの下りはちょうど30分だった。
車に乗って出発。来る時はそうでなかったが、法面の雪が融け道路上に水溜まりが出来、車は泥んこまみれ!また洗車しなければならないのか(*´艸`)面倒だからあとにしよう! 
山頂神社の先から見た雷岳(手前の台形の山)
右奥に三角形の尾太岳、更に奥に白神岳から向白神岳の稜線
雷岳山頂・奥に岩木山が見える
この位置は台形をした山頂部の北端・標高点になっている