トップのページへ 秋田県内の山 @の記事のブログ Aの記事のブログ Bの記事のブログ
Cの記事のブログ Dの記事のブログ Eの記事のブログ

田 代 岳(1177.8m)一等三角点

@2015年1月18日(日)4人パーティ

A2015年1月26日(月)単独行

B2015年2月4日(水)単独行

C2015年2月7日(土)単独行

D2015年3月3日(火)単独行

E2015年3月27日(金)単独行

@1月18日(日)曇り時々雪

<コースタイム>
大広手登山口10:27→12:40九合目雪原(休憩)13:01→(途中昼食)→14:28大広手登山口


前日の大荒れの天気で心配もあったが、takamasa氏・hara氏・Jr.しょうすけと私の4人で大広手口に到着。
間もなく、能代の塚〇氏がやってくる。久しぶりだった。途中にツェルトを張って急斜面を何度か滑る予定だということだった。
我々はいつもの尾根を目指した。前日のFOJIさんのフェイスブックにもあったように雪が深い!4人でラッセルを開始。息は切れるし、汗は出る!膝上の所もあるし、膝下の所もあるが、概ね膝くらいで雪が重めだ。独りだったら途中でリタイヤだった。何度か休んで、ようやく9合目雪原に出て、うっすらと山頂ドームが見えた。誰も「山頂神社に行こう!」とは言わなかった。各自いろんな思いがあったが、口には出さなかったようだ・・・私は・・・?
ドームを背景に記念写真を撮って、シールをはずして下ることになった。少し下った樹林帯の中で昼食を食べることになり、ひと休み。寒い!手が冷たい!それでも我慢して雪の降る中で昼食を食べ、片付けて下ろうとしていたら、単独で登ってきた人がいた。我々のトレースで助かったと言っていた。我々が下ろうとしたが、雪が重めのしっとり系で、さっぱり加速しない!緩斜面では止まってしまう!急斜面でようやく滑れる程度で、がっかり(~~;)
それでも頑張って下った。車に着いて片付けていたら、塚〇さんが下って来た。その後、単独で登って行った方が下って来た。それぞれ車で帰り、我々が最後に出発した。混雑するユップラで汗を流して薄暗くなった7号線を自宅へ向かった。
標高1000mを越えて登る。雪が重く深い! 9合目雪原でシールをはずして下ることにする。
右手後方にうっすらと山頂ドームが見える!

A1月26日(月)曇り時々晴れ

<コースタイム>
大広手登山口09:10→10:36山頂神社(休憩)11:00→標高900m(登り返し)標高1080m12:13→
12:40大広手登山口

昨日のすばらしい好天の中、買い物に出かけてしまった・・・青空を見上げて後悔していた・・・
だから、天気予報を見て前半は持ちそうだったので、今日は21日にウエア-を忘れて断念した田代岳にした。気温も上がるようだったので、早めに!と思って出発したのだが、結局登山口を9時10分発になってしまった。予想通り、やはり昨日の雪面への落書きでいっぱいだった。でも、その分登りのラッセルは無し!休み休みゆっくり登って山頂神社に10時36分に着く。岩木山や八甲田山が見える。神社内に入って白鬚大神様に新年のご挨拶。昼食には早かったので、少し休んで外に出た。
さあ滑るぞ!と鳥居付近に立ち九合目雪原を見る。雪底が出来、その上に10〜20cm程のパウダーが乗っている。何の抵抗もなく滑り降りた。登り返そうと思ったが、雲がかかり日がかげると雪面が見えにくくなった。また雲が取れそうだったが、諦めて下ることにした。標高900m付近まで下り、スキーリーシュが外れていたので、修理して登り返すことにした。1080m付近まで登り返し、下手は下手なりに気持ち良く滑った。それにしてもさっぱりテレマークが上達しないな(^^;)テレマークスキーを始めて何年になったけ・・・?下るにつれて雪が重くなった。車が見えた所で凹部にハマって転倒!起き上るのに苦労した。12時40分ようやく車に着いた。何だか物足りなさを感じながら、車で昼のおにぎりを食べた。いつものカップ麺は面倒だったので止めた。そこへ1台の車が来て私の車の横に駐車した。「どこから来ましたか?」と聞かれて「能代です」と言ったら「私は二ツ井です!」ということだった。二ツ井のHさんだった。これから行ける所まで・・・っと言っていた。私が車で出発する頃に登って行った。天気は落ち着いていたので、きっと楽しい滑りが出来るでしょう!
気温が上がってきたので、林道の途中で雪崩が無ければ良いが・・・っと思いながら下ったが、1カ所だけスコップで寄せる程度で済んだ。
この後は、比較的空いている(平日なので)ユップラでゆっくり汗を流し、能代のケーズデンキに向かった。欲しいけど高いからなぁ・・・っと思いながら・・・見るだけにした。 
いつもの尾根の登り。昨日のトレースがいっぱい! 神社前に出てセルフタイマーで!

B2月4日(水)曇り

<コースタイム>
大広手登山口09:21→林道から斜面へ09:36→九合目雪原11:28→11:47山頂(昼食)12:40→
薄市沢コース(1030mまで)往復→九合目雪原13:50→14:14大広手登山口

天気予報では良いはずだった!が、降雪のあった自宅前を除雪して出発。田代地区に入っても一向に空が明るくはならない(>_<)仕方ないなーそのうち良くなるだろうと思いながら、大広手の登山口に着く。4人の方が準備して、左手の尾根コースの方に登って行った。今日は今季初に、林道を少し進んでから山道に入ることにした。最初の登りで息が切れ始めていた。大広手のコースに合流するあたりで、もうバテバテだった。何度も立ち止まってコースを見極め、呼吸を整え、水分を補給して行動食を食べた。医師にカフェインの過剰摂取を止めるようにと言われているので、今日のテルモスの中身は無印良品の「ルイボスジンジャーチャイ(ノンカフェイン)」だ!ヘビーコーヒー党だった私だが、まあ十分我慢出来る。歳には勝てないなぁ(-_-)
ブナやダケカンバの様子から1000mは越えたと思ったら、前方が白くなり九合目雪原が見えてきた。雪原を進んでいたら、山頂ドーム基部から4人の方がドームの登りに入っていた。途中から4人の方のトレースをたどって楽をさせていただいた。ほぼ同時に山頂神社に着き、神社前の除雪をして中に入った。中で食事をしながら4人の方と楽しいひとときを過ごした。面白いと思ったのは、4人の方達が大潟村・二ツ井町・大館市・小坂町からそれぞれいらしていると言うことだった!二ツ井からいらした方は私の恥ずかしいブログをよく見ているということだった。今日の登りは2時間20分ほどかかってしまった。ちょっと体力が落ちたかな?
この後、今日は薄市沢のコースの方へ少し下ってみることにしていたので、お先に失礼して神社を出た。ドームを下ろうとしたら、下の雪原がガスって見えない。当然ドームの斜面も見えにくい。慎重に下り、右手にコースを取った。緩斜面の広めの尾根で、スキーにも良さそうな感じだったが、登り返しのことも考え、1030m付近で止めて登り返すことにした。最後の一発、山頂ドームを滑ろうと思ったらガスって良く見えなかったので止めにした。下るコースは、登ってきたコースではなく雪原を右手の尾根の方に向かった。下りになる所でシールを剥がして下る準備をしていたら、少し明るくなったのでドームは見えないかと振り返ったら、スキーを担いで雪原を歩いて来た人がいた。その人を待って、少しお話をして下り始めた。スキーがよく走る!少しうねっている所があり、いつまでも初心者の私にはバランスを取るのがやっとだった。尾根から登山口に向かって曲がる手前で、さっきの人に追い越され、14時14分ようやく登山口に着いた。片付けながら少しお話をしたら、能代の方だ!っということと、昨年もお会いしているということが判明した。私の記憶が・・・・・だ!
平日で閑散としているユップラにゆっくり入り、スパコンを使っても天気予報は難しいんだ!っと思いながら自宅へ向かった。 
九合目雪原に着いたら、山頂ドーム基部に4人パーティ! 山頂の鳥居に着き、4人パーティの方々と一緒になった!

C2月7日(土)曇り

<コースタイム>
大広手登山口09:05→九合目雪原10:24→10:45山頂神社(昼食)11:30→九合目雪原11:37→
林道12:25→12:27大広手登山口


前日、冬用登山靴やスノーシューを車に積み、さあ白神岳へ行くぞ!と準備をし、夕食前に天気予報を見たら深浦周辺の天気予報が、晴れから曇りに変っていた!更に、秋田側の天気予報が良くなっていた。更に、気象庁の天気分布予報(メッシュ)の北東北を見たら、大鰐から北が曇りで南が晴れになっている。日本海沿岸は、秋田県側が晴れ、青森県側が曇りになっている。うむーどうしたら良いんだ?と思いながら、車からスノーシューなどを降ろし、ザックの中身もスキー用の準備をした。森吉か?田代か?・・・先日の情報では森吉山頂東面はガリガリだったということだったので・・・3日前にも行っている田代岳にした。
朝、いつものように米代川を遡上するかのように、国道7号を東進した。一向に天気は良くならず、チラホラ小雪が舞うようになる。五色湖に架かる田代岳大橋から田代岳方面を見てもさっぱりだ!ところが、林道を進むにつれて雪が止み、空が明るくなり始めた。期待に胸を膨らませて、大広手口に着く。もう登る準備をしている方がいた。見たらスプリットボードを抱えて雪壁をヨイショッと登って行った。
9時5分、私も準備してから、雪壁の上に登った。左の尾根を登って行くことにしたが、昨日までのトレースが沢山ある。幸い、ラッセルは必要なさそうだ。尾根の急登になる辺りから日が差し青空が!ところが1000m付近まで登った辺りから、青空が消え薄暗くなってきた。やっぱり・・・前方に先行する先程の人が見える。間もなく、九合目雪原の直ぐ下で、彼が水分補給をしながら休んでいた。少しお話をして、私が先行することになった。雪原から山頂ドームは全く見えない。先程までしっかり残っていたトレースも消えていた。時々近くのダケカンバなどが見えるので、それを目標に歩いた。まあ、何も見えなくても西に進めば、山頂ドームの基部には突き当たるだろう!一瞬、ドーム基部の樹木が見えるので、それも目標になった。半夏生の時に稲の生育を占う池塘付近の凹部に着いたら、ここだけはトレースが残っていた。風の影響なんだろうけど、面白いものだ。あとはドームを標高にして60m余り登るだけだ。先日よりは風があるが、頬が冷たいっと思うほどでは無かった。鳥居に着いたらうっすらと神社が見えホッとした。神社の中に入り、早めの昼食の準備をして食べていたら、先程の彼が入ってきた。タッパーに詰めたご飯をチンして、モンベルで買った保温パックに入れてきた。タッパーをあけたら湯気が出て、温かいご飯を食べることが出来た。初体験!これは良い!
食後、スプリットボードの左右をくっつけてスノボーにする作業を拝見した。吹きさらしの雪の中でやるには大変そうな作業に思えた。もっと良い方法はないものかと・・・?
先に神社を出て、出発することにした。下りは、九合目雪原から夏道に近いコースを下ることにした。雪原までは、良く見えないので、慎重に下った。雪原から樹林帯に入ったら、ガスもなく良く滑る!すべる!スベル〜!気持ちイ〜!気がついたら急斜面の上、標高950m付近に立っていた。そのまま下っても良かったのだが、左にトラバースして夏道に近い尾根を目指して下った。標高800m付近から雪が重くなり、そこに登りのトレースがあった。いつものところから林道に下りたが、気温が高くなったためか全く寒さを感じなかった。12時半前に車に着き、片付けて車に乗って出発しようとしたら、スノボーの彼が左の斜面を下ってくるのが見えた。
土曜日だから混んでいるだろうなーと思いながら、ユップラに向かった。ユップラに着き中に入ったら、閑散としていた・・・?先日の水曜日より人が少ない。風呂にもゆっくり入ることが出来た。こうして老人の1日は終わろうとしていた・・・スマホのFBを見たら、FOJIさんが稲倉山頂!あ〜しばらく行ってないなぁ!こうして刺激をもらい、自分が年寄りであることを忘れたのだったm(_ _)m 
ガスで何も見えない九合目雪原で、突然日が差し、
慌ててシャッターを切る。その後またガスの中・・・
山頂の鳥居に着いて写真を撮るが、前方の神社が
うっすらとしか見えない。こんな天気変化を繰り返した。


D3月3日(火)晴れ後曇り

<コースタイム>
大広手登山口09:04→(左手の尾根コース)→9合目雪原10:35→山頂11:02〜11:21→
(登りと同じコース)→12:00下山


天気予報では午前中は晴れるが、昼から曇る・・・風は弱い・・・今週はスケジュールがタイトで、週末は荷物を積んで遠出もしなければならず、<じゃー今日でしょ!>ということで田代岳へ・・・
国道7号では出勤するkudotさんとすれ違う。「遊び歩いてごめんなさい<(_ _)>」
林道に入ると、樹に雪が積もり、枝が垂れ下がっている。その先には白い尾根と青い空!これでテンションが上がらないはずがない!誰も居ない大広手口に着いて、準備して9時4分出発。新雪が積もり、思った以上に雪が深い。いつもの左手の尾根へ向かった。日は差しているが、徐々に雲がわいてきて、早めに曇るのか?とちょっと残念に思う。何度も立ち止まりながら喘いだ。我慢出来ず、910m付近で行動食を食べ、テルモスに入れてきた無印良品の「メープル・マロンラテ(カフェインレス)」をゴクリと飲む。1090m付近から右にコースを取り、9合目雪原に出る。前方に山頂ドームが見える。雲がわいてきている。時々日をさえぎり、雪面が見えにくくなる。ドームの登りで喘いで、鳥居をくぐり、山頂神社に着く。風も弱くそれほど寒くない。山頂部の西側に回り込み、烏帽子方面の様子を遠くから観察。神社に戻り、写真を撮り、シールをはずす。今日は昼食の時間には早いので、中には入らず、行動食を食べて下ることにした。やはり!山頂ドームの下りは、ベストな雪面ではないものの、まずまず楽しそうだったが、曇ってきたため凹凸が見えず慎重に下った。雪原を歩いていたら、前方からスノーシューを履いた二人が登ってきた。近づいて挨拶をする。私のトレース通りに登ってきたようだ。樹林帯を下り始めて間もなく、単独のテレマーカーが登ってきた。同じように挨拶をする。
樹林帯に入ったら、しっとり系のパウダーでスキーも走る!気持ちの良い下りだ!天気抜きに、来て良かったと思った。急な尾根の手前で、スノーシューで登って来た単独の方に会った。二ツ井から来たと言っていた。田代岳は能代方面の方が多いのだろうか?私も含めて5人も歩くとトレースもかなり深く(30〜50cm)なっていた。
今日は、急斜面の下りも、雪質に助けられて気持ち良く下ることが出来た!12時丁度に下山。楽しかった下りも終了!車に乗って、エンジンもかけずに昼食を食べた。車で移動始めたら、少し下に車が駐車してあった。直ぐ近くにスキーで登った跡があった。尾根の上部ですれ違ったテレマーカーの方が登ったようだった。
このあとは、平日で空いている、いつものユップラへ!暖まって気持ち良いドライブを楽しんだ。あといつ来られるかな?
夜のニュースで、上小阿仁の八木沢集落へ通じる県道で、土砂崩れで通行止め!ということだった。田代岳へ通じる林道は大丈夫だろうか・・・? 
そろそろ9合目雪原。すばらしい斜面だ!
ここでのんびり滑りたい!
9合目雪原に出て、前方に山頂ドームが見えた!


E2015年3月27日(金)曇り・強風

<コースタイム>
大広手登山口08:18→(左手の尾根コース・途中大休止)→9合目雪原09:50→山頂神社の裏手10:15→
(9合目雪原直下で大休止・夏道に近い尾根コース)10:40→林道11:18→11:23大広手登山口


28日から今月いっぱいは予定があって山は行けないので、27日しかなかった!天気は予報ではさほど悪くはないようだが・・・
今季初のステップ板で烏帽子岳ねらいにして、少し早めに出かけた。・・・しかし、7号線を東進しながら空を見ると、厚い雲が全天を覆っている!山並みはほとんど見えない。
五色湖の田代岳大橋から、いつものように田代岳方面を見たが雲の中だった。林道を走りながら、気分が徐々にダウン。
大広手登山口に着いて準備して出発。今季初のステップ板!湿雪が重く硬い。沈まないので登りやすい!風が樹を揺らし、ゴーッと音をたてて通り過ぎて行く。標高900mを越えたら、時々ガスってイヤな雰囲気。この時は、既に烏帽子岳は断念!田代岳山頂も危うい?時間が経てば少しは天気が良くなるかと思って、1000mを越えて大休止をする。しかし天気は一向に良くならない。風も強く、9合目雪原手前で、雪原直下を回り込んで夏道のある尾根の方を下ろうかと考えた。そう思って、風に翻弄されながら進んでいたら、少しの間、山頂ドームが見えた。白髭大神がお怒りだろうか?そうだったら、ご挨拶をしなければ!っと、やや風が弱い北側の斜面に回り込んだ。斜面上部で雪庇の無い所を!っと思いながら見上げたらにわかに青空が見えて地形が読めた。スキーを飛ばされないようにデポして、つぼ足で山頂部に上がったら身体を揺さぶるような強風が!耐風姿勢を取りながら、神社を探したが見えない?耐風姿勢を取ったのは、甲斐駒ヶ岳に黒戸尾根コースで登った時以来か?この風では、神社正面に回り込んで中に入るのは無理だと判断。少しの間待って神社を写真に撮ったら、下ることにした。少し待って微かに見えた神社を撮って引き返した。今度はスキーをデポした場所が見えない?少し焦ったが、間もなく発見!シールを付けたままスキーを履いて、ゆっくり夏道の方へ下る。9合目雪原直下の風があたらないような場所を探して休んだ。よく神社が飛ばされずに建っているなー!と感心した。これも白髭大神のおかげ?大休止してお腹を満たし、シールをはずして下り始める。雪は結構重い。茶色に変色した所は、堅めのザラメ雪のようになっていて、シャーと音を立てながら気持ち良く滑ることが出来るが、ほとんどの所はそうでは無かった。テレマーク姿勢を取ろうと頑張りながら、夏道のヘアピンカーブに着いた。ここからは少し下ると、間もなく林道になる。山頂部の風とは別世界の登山口に着いて、片付けてから、車の横で簡易椅子に腰掛けて昼食を食べた。登る時も、下ってからも私の車1台だけだった。
この後は、空いているユップラでゆっくり暖まって帰路についた。林道を走ったためにドロドロになった車を、洗車場に行って洗い流した。
今季初のステップ板。昨年壊したビンディングもO1に更新した。 北側から山頂部に登ろうとしていたら、一瞬青空が見えた!