トップのページへ 秋田県内の山
@の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ Cの記事のブログへ

田 代 岳(1177.8m)一等三角点

@2014年1月7日(火)曇り:単独行

A2014年2月9日(日)曇り時々雪:4人パーティ

B2014年2月26日(水)晴れ:単独行

C2014年3月12日(水)曇り:単独行

@2014年1月7日

<コースタイム>
大広手登山口09:43→11:54田代岳山頂(休憩・昼食)12:26→13:08大広手登山口

今年のスタートは田代岳しか頭になかった。高気圧が移動してくるので好天になるかと思ったが予報はそれほど良くはなかった。メッシュ予報でも青森・秋田・山形は曇りになっていた。それでも崩れることはないと読んで出発。
気温が低かったのか、−8℃を示す電光掲示板もあった。国道7号から県道68号に入り、越山へ曲がる交差点が近づいた所で、左車線で横転している車があり、その少し先で右の路肩から落ちている車を上げる作業をしている現場があった。ここで、滑るんだ!と自覚して慎重になった。
昨年に比べると雪が少ないと感じながら9時5分頃大広手登山口に着いた。準備をしていたらFOJIさんが到着。お互い1人の淋しい山行だ。「え?今日は仕事でないの?」と言うので「来週からです」っと!応えた。私が先に尾根コースへ向け出発。FOJIさんはあちこち調査しながらの登りになるようだ。
雪が少なく笹が少し頭を出している所もあったがスキーには十分な雪だ!登りで何度も喘いだ!体力が落ちたのかな?っと自問自答しながら2時間11分もかかって山頂神社に着いた。神社入口前の雪をスコップで除雪。ようやく中に入り初詣の挨拶をして昼食のパンを食べた。神社内の温度計は−8℃を示していた。出発の準備をして外に出たら視界が悪くなっていた。山頂ドームを下り始めるが視界が悪く吹き溜まりに突っ込み腰まで埋まって身動きがとれなくなった。もがいてようやく脱出!9合目雪原を進み山頂方面を振り返ったら、東面直下でFOJIさんが、弱層テストか?下部の雪質の確認だったのか?雪を掘っているのが見えた。手を振ったら応えてくれた。私はそのまま下った。樹林帯尾根の下りは、思いの外楽しい下りだった。下手は下手なりに楽しいものだ。今回の収穫!
下山後いつものユップラに寄り冷たくなった汗を流し、アイスでなく牛乳を飲んでどんよりした空の中を自宅へ向かった。次はいつかな?
九合目の雪原から山頂ドーム 山頂の鳥居と神社
鳥居の貫と額束の部分が無くなっている?


A2014年2月9日
<コースタイム>
大広手登山口10:09→12:00田代岳山頂(休憩・昼食)12:44→(樹林帯で立ち話)→13:57大広手登山口


今日(2/9)は予定していたメンバー(honntakaさん、tukamasaさん、sekimotoさん、私)で田代岳へ!東京に大雪を降らせた低気圧が進んでくるのでは?と心配していたが、北の高気圧にブロックされているからか?進むスピードが遅い!予想より良い天気にならないかと祈るだけ!白鬚大神様は大館のアメッコ祭りに行っているから不在。それが良く出るか悪く出るか?
ユップラに4人が集合して、2台の車に分乗して大広手登山口へ・・・途中、富士タクシーが先導していた液体水素を積んだ大型タンクローリーが道を譲ってくれた。登山口に着き、準備して10時9分出発。左手の尾根コースを進む。融けて固まった雪の上に10cmほどの新雪が乗った斜面だったのでラッセルはほとんど無し。途中、急な尾根を登り切ったところでひと休み。1000m辺りから霧氷や更に雪の付いた樹木の枝が垂れてきれいな自然の造形。風が弱いのが少し不思議であり不気味であった。ゆっくり登りを楽しみながら雪原に出たら、いつものように風が強くなった。山頂ドームは良く見えないまま雪原を進み、右から吹くやや強い風に寒さを感じる。バラクラバを出すほどでないがアウターのフードをかぶる。山頂ドーム基部に近づいたところで、右手から登って来る4人のパーティが見えた。我々が少し先にガリガリのドーム斜面を登り、ほぼ12時に山頂神社に着き、神社内に入る。室温は−9℃であった。間もなく4人の方々が入ってきて、後から更に2人が入ってきた。それぞれがバーナーに火をつけたら室温は−4℃まで上昇していた。話をして矢留山岳会の方達であることがわかり、同時に私のこともバレてしまった!各々昼食を食べ、我々が少し先に外へ出た。オー寒い!良く見えないながら、ガリガリの白でなくグレーに見える雪面を慎重に下り、雪原を来た方向へ急いだ。樹林帯に入り風も無くなり、ホッとして立ち止まり、それぞれの仕事の立ち話が始まったら少し長くなってしまった。あとはパウダーを楽しみながら下るが、徐々にパウダーの下にガリガリの雪面を感じ、何度も撃沈しながら、ようやく13時57分登山口に着いた。気持ち良く楽しめたのは上部の樹林帯だった。
その後ユップラに向かうが、混雑していた。矢留山岳会の方達も入浴していた。秋田まで帰るには時間がかかるが、我々が先に、1台は大館へ、私は能代へと帰路についた。7号線の路面の雪が融け、日本海の方は日が指しているように明るく見え、春の気配を感じながらしばしのドライブを楽しんだ。さあ次は・・・15日(土)は八幡平へ行かなければならない・・・仕事のような感じだが、楽しもう!前日の午後、国立極地研究所職員の方の講演を聞けないのがすごく残念!
山頂神社を出て下山の準備・・・寒い! 下山時、9合目の雪原から山頂ドーム方面を振り返る


B2014年2月26日
<コースタイム>
大広手登山口09:23→11:03田代岳山頂(休憩・昼食)12:01→樹林帯で登り返し1本滑走→13:10大広手登山口


天気予報に誘われて、あちこち考えて、田代岳にした。
大広手登山口に着いたら、先着の車が1台あった。私は9時23分いつもの尾根コースで出発。気温はまだ低く雪質もまずまず。しかし深くはなく、表面のみのパウダー。だからラッセルも無く登りやすい。いつのものか?スノーシューやスキーのトレースが沢山ある。暑いのか?汗がしたたり、サングラスがくもる!休んでは水分補給しながらくもりを取ったり・・・しながら9合目雪原に着く。山頂ドームがくっきり見えた!近づくにつれて山頂ドームの斜面が!!!決して滑りが楽しくなりそうな斜面ではなかった。少し早かったので、雷岳まで行ってみようかと思いながらドームを登り11時3分山頂に着く。西側に回ってみたが、ガリガリでとても雷岳まで楽しい滑りにはなりそうになかった。神社裏の北側も回ってみたがいくらか良さそうだった・・・神社に戻って入口の戸を開けようとしたが、刺してあるテントペグがおかしく刺さっているため抜けない!戸をしっかり閉めていればこんな事にはならないのに・・・と思いながら、悪戦苦闘してようやく抜き取って戸を開けた。中に入ったが、風が弱く日射しも暖かかったので神社前にドカッと座って、のんびりとカップ麺とおにぎりを食べた。これって、もしかして贅沢?っと思いながら、でもなぁ・・・雪質がなぁ・・・っと思った。
ゆっくりして12時1分神社裏斜面から下り始めたが、うむーっと雪原側に斜滑降・・・FOJIさんのFBにアップした写真を見るとその斜面を楽しんだような・・・?雪原に出たらスノーシューのトレースが山頂方面に伸びていた。きっと私より先に来た車の方だろうと思った。雪原から登った樹林帯のコースを下り、おー!ここは良い!っと楽しむ。途中、登ってきたアルパインスキーの能代から来たという方と遭遇。「下の沢を下っても大丈夫?」と聞かれ曖昧な返事をしてしまった。出来れば地図を持ち歩いて、読図して自己責任で歩いて欲しいな!っと後で思った。
標高930m付近から1080m付近まで登り返して、もう一本!この辺が1番気持ち良く滑ることが出来た。ごちそうさまm(_ _)m13時10分下山!駐車場には私の車を含めて4台の車があった。その中には、山中では会わなかったがFOJIさんの車もあった。
車でユップラに向かったが、エアコンはかける必要がなかった。この天気!いよいよザラメか?春の山か?・・・でもまだ2月だよなぁ!平日の空いているユップラでのんびりお湯に浸かり、日射しと気温で暖かい車の中で、CDの山の中から引っ張り出してきたMAYSASmoothSailingを聞きながら自宅へと向かった。
雪原から見た山頂ドームは青空の中にあった! 山頂神社と鳥居の間には岩木山が!


C2014年3月12日
<コースタイム>
大広手登山口08:25→10:49田代岳山頂(休憩・昼食)11:30→12:15大広手登山口



そろそろ出掛けたくなっていた。天気図を見たら日本海に低気圧があってゆっくり東進している。これって疑似好天だな!っと思い。ポイント予報を見たら、風が弱く午後からはみぞれが降りそうだった。午前勝負だなっ!と早めの出発。
8時25分大広手口から、いつものコースとは違う道を選んだ。夏道の2合目手前の小尾根から取り付き、直登ルートへ。やがて急斜面!重めの雪が深く、ジグザグに登るが辛い!標高920m付近の斜度が幾分ゆるくなった所で大休止!冬のブナの森の静けさを感じる。獣の臭いを感じる・・・もしかして自分の体臭か?じゃあオレは獣か?イヤ、やはりこれは森の中の動物だろう・・・?そんなことを思うほど、ゆっくり休んだ。風が無いためか、本当に静かだった。
斜度がゆるくなり幾分楽になったが、何度も喘いで、10時半9合目雪原に着き、山頂ドームを仰ぐ。岩木山や八甲田山も見えたが、山頂に着いたときには霞んで見えなくなりかけていた。10時49分山頂神社に着き、スコップで除雪して中に入る。ドアは凍っていたが、ピッケルを使うほどではなかった。神社の中の温度は-5℃くらいで、いつもより暖かい。昼食にしては早めのインスタントの袋ラーメン(賞味期限2013年11月)を作って食べる。11時30分、外に出て下山開始。少し雷岳が見える方へ偵察して、神社の裏斜面に回る。雪は厚めのモナカや硬めのパックなど・・・雲が厚くなって薄日も消え、雪面の凹凸も見えにくい。東面に回り込んで、慎重に9合目雪原に下りる。雪原を9合目の看板があるはずの夏道方向へ進み、緩斜面の尾根コースで!と思って下るが、スキーが余り走らず面白くない!本当は、スピードが出ると直ぐ撃沈するのだが、そんな私でも面白くないと感じたのだから・・・途中から、登ってきた急斜面の方へ、ぐるーっと回り込む。そして、急斜面を目の前にしてへっぴり腰で、心の中でエイヤ-!っと叫んで滑り出す。エッジを立てるものだから崩れた雪と一緒にズボズボと滑って股まで埋まってしまう。それでも、私は楽しい!下部で尾根が分かれる所は右の尾根を選択。そして夏道に出れば、沢を安全に越えられそうな所から下って12時15分小雪がちらつき始めた大広手登山口に着いた。
今日は私の車1台だけだった。田代温泉ユップラも空いていた。ゆっくり暖まって、獣の臭いを洗い流す。コーヒー牛乳を飲み、コハゼの餅を買って帰路につく。アイスは帰宅して冷凍庫を開けた・・・この時間の能代はミゾレが降っていた・・・
山頂の神社
これくらいでも、除雪しないと入口の戸は開かない
登っている時は、高層雲を通して太陽が見え、スキー板に
光が少し反射してたが、下りではすっかり隠れてしまった。