トップのページへ 秋田県内の山
@の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ Cの記事のブログへ Dの記事のブログへ

田 代 岳(1177.8m)一等三角点

@2013年1月13日(日)曇り:3人パーティ

A2013年2月 6日(水)曇り:単独行

B2013年2月14日(木)曇り:単独行(途中から3人パーティ)

C2013年2月26日(火)曇り:単独行

D2013年3月 7日(木)曇り:単独行

@2013年1月13日
<コースタイム>
大広手登山口09:33→11:39九合目雪原→11:58田代岳山頂12:47→13:58大広手登山口

今年初の田代岳へ・・・雪も沢山積もっているようだ・・・期待して出発。
ユップラで大館からのhontaka氏と合流して登山口の大広手口へ。林道も除雪してあり快調に進む。途中除雪車が除雪中の所もあった。
登山口に着き準備していたら、間もなく1台の車が到着。男の方がひとりで来たようだった。私たち3人(hontaka氏・長男・私)が小雪の舞う中、左手の尾根コースへ向け出発。思ったより雪が深く重い。3人で交代しながらラッセルをする。雪が深く斜度がきつくなるとスキーのトップをあげるのが辛い。雪が止み、時々日が指すになる。ようやく山頂ドームが見えホッとする。山頂ドームの登りで喘いで神社に着き、お参りして中に入って昼食を食べる。風は弱く入口の戸を開けたままくつろいでから下山準備。シールをはずして滑走開始。ドームの下りで雪が深く重いためかドボーンと穴に落ちるようにして撃沈!参ったな〜!雪原に下りたら、夏道に近いコースで登山口で一緒だった男性が登って来た。挨拶をして先へと進む。登って来た尾根コースを下っていたら登って来た男の人ひとり。我々のトレースがあって助かった!っという挨拶。少し先まで登って下るという話しであった。
フラットな斜面になるとスキーが止まってしまう。雪が重く深い!今年初の田代岳も無事に終了。快調な滑りとはいかなかったが、満足して帰ることになった。
山頂の神社前で3人の記念写真 山頂ドームを振り返りながら九合目雪原を下る


A2013年2月6日
<コースタイム>
大広手登山口09:07→11:00九合目雪原→11:16田代岳山頂12:18→12:30九合目雪原→12:58大広手登山口


前夜、6日の天気は?と調べていたら・・・大館地区が曇りだが風速1(m/s)か静穏となっていた。久々に七座山へと思っていたがスノーシュー歩行よりスキーだなっと思って田代岳に変更!
9時前に大広手登山口に着いたら、先日山でお会いした方が先に到着していた。今日は緩斜面の方を登るという話をしたら同じコースだった。先に彼が出発して、私が後を追った。林道上を登りカーブの先から尾根道に取り付いた。結構雪が深いが先行した彼のトレースをたどって楽をした。登山道のヘアピンカーブがある尾根に取り付く手前で一緒になり、私が先行することになる。今日はどこまで行けるかな?っと思いながらしっとり系の深雪と戦った。1時間ほど登って負けそうになって行動食を食べチャイミルクティを飲んだ!風がほとんど無く汗でメガネが曇る。斜度がきつくなり喘いだが、前方が明るくなって9合目雪原に出た。少し風があるが寒くはない。山頂ドームは霞んでいて良く見えない。気持ちはあとイイ!っと思っていたが身体が前に進んだ。ドームの斜面を登り鳥居に着いたら前方に山頂神社が霞んで見えた。入口の戸は簡単に開いた。中に入って温度計を見たら-6.5℃〜-7℃であった。ドカッと座っておにぎりを食べながらお湯を沸かして先日の森吉山で食べなかったカップラーメンを食べた。美味い!なかなか彼が来ないので、下山の準備をして神社の戸を閉めようとしたがなかなかうまくいかず苦戦していたら・・・彼が到着!神社前でしばらく立ち話・・・なあんだ!taka3さんだったのか!ネット上で良く見ていたお名前だったし、何度か山でお会いしていた。そうしている内に天気が回復し真っ白な岩木山や八甲田山が雲の上にひょこんと顔を出した。
この雪じゃぁ下りは急斜面のS尾根(O尾根とかS尾根とかの命名者はFOJIさんかな?)だねっと話しながら私が先に下ることに・・・雪面が良く見えない山頂ドームは慎重に下りS尾根へ!しっとり系の少し重めの深雪は急斜面でも安心して下ることが出来た。だが・・・尾根から左への下りが少し早かったため杉の樹林帯に入り失敗!すべて勉強!下山してユップラに向かったが、着いたら「特別休刊日」と、でかい看板が!えっ!っと一瞬言葉を失った。これも勉強?結局「縄文の湯」へ向かった。アイスは無し!コーヒー牛乳で我慢!・・・山頂まで行けると思わなかったが天気が幸いした!taka3さん!これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
山頂ドームを下降しようとして鳥居の所まで来て神社を振り返る
神社の中ではtaka3さんが休んでいるはず
九合目雪原からS尾根を下ろうとしたら樹林の奥に
白い岩木山が見えた(中央奥の白っぽい峰)


B2013年2月14日
<コースタイム>
大広手登山口08:41→09:54九合目雪原→10:10山頂神社(昼食・休憩)11:05→12:08大広手登山口


13日・水曜日は予報を裏切って好天になり、taka3さんと不満を言い合った。それがきっかけとなって今日の山行きとなった。
午後から天気が崩れそうだったので、いつもより早めの出発。大広手登山口に着いたら見覚えのある車が!早い!もう出発したのか・・・8時41分後を追って出発。いつものS尾根を目指すが、先行者のスノーシューのトレースは少し沢寄りに登っている。尾根に取り付き先へ進んだら、杉林から尾根へ登ってきたトレースがあった。良く見たらトレースの脇に突いたストックの跡が2人分!っということは、nariyukiさんtukakenさんだな!っと判断。ここからはトレースの跡を登らせていただき楽をした。雪はまずまずの深さで表面はサラサラのパウダー!これはいけるぞ!っと期待が膨らむ。九合目雪原に出て少し進むと山頂ドームを登るお二人が見えた。写真を撮りながら後追い、10時10分山頂神社に着いた。やはりお二人が神社内にいた。一緒に昼食を食べてくつろぐ・・・っといっても−7℃ほどの気温だから寒い!寒くて11時5分神社の外に出て戸を閉めた。私が先行して滑った。20cmほどの深さのスキーが良く走る雪だった。気持ち良くドームを下り2人を待って雪原を進んだ。天気は下り始めたようだ。チラチラ雪が舞い始めた。この先も気持ちの良い滑りを楽しんでは止まって2人を待つっということを繰り返し、一緒に下った。気持ちの良い滑りに登り返しても良かったが、夕方の用事を優先して止めた。12時8分車に着いて、私はユップラへ向かって温泉に浸かった。お二人はそのまま自宅の能代へ向かったようだ。少しイージーな山行だったが楽しく滑走をして満足だった。また来よう!
九合目雪原から山頂ドームを見る
山頂ドーム左側のスカイラインに登る2人の姿が
寒いぞー!
さー下るぞ!っと山頂神社前で


C2013年2月26日
<コースタイム>S尾根で山頂往復
大広手登山口09:18→10:50九合目雪原→11:10山頂神社(昼食・休憩)11:41→(標高870m〜1080m間で登り返す)→
標高1080m12:54→13:11大広手登山口


朝、自宅を出る時には森吉山か?田代岳か?決めていなかった。国道7号線の鷹巣通過時に、森吉山が見えたら森吉山へ!見えなかったら田代岳へ!と思いながら、出勤するTK氏とすれ違いメールをして鷹巣に入った。森吉山は全く見えず(^^;ハンドルはそのまま・・・7号線を進んだ。
岩瀬ダム方面へ左折したら雪が多い!ダムを過ぎ林道を進む。良く除雪されている。感謝!感謝m(_ _)m
大広手登山口に着いて準備。O尾根か?S尾根か?迷ったが距離の短いS尾根にした。沢山雪が降った割には沈まない。S尾根をいつもよりは気楽に(この天気だとどこまで行けるか分からない)ゆっくり登った。ブナの樹に雪が大量に積もっている。落ちてきたらアウトだ!そのような場所は避けて登った。雲の流れが速い!山頂に行けるかどうかは?
九合目雪原に出る前の緑の看板に着いたが・・・いつも見上げる位置なのに、見下ろす位置になっていた。それだけ積雪量が多いのだろうか?雪原が近づいたら風が強い!山頂ドームが見える。行くべきか迷ったが進んでしまった。時々、風が強く地吹雪のように雪が舞い飛ぶ。アウターのフードをかぶりドームの斜面を登り始めていた。神社へ入るか?は戸の状態で決めることにした。寒くて戸の開け閉めと格闘する気にはなれなかった。11時10分、神社の戸は雪に埋もれていたがスーッと開いた。入るしかない!中に入ってジェットボイルでお湯を沸かし、カップラーメンで身体を暖めた。神社内の温度計は−9℃を示していた。戸を閉めるのにも余り苦労は要らなかった。気温が低く雪がサラサラで固まらなかった。
11時41分深雪だと思ったドーム東面の下りは風で雪が飛び、浅く表面がサラサラの雪だった。クラストした所も無く引っかかりもせずにスムーズに下ることがで来た。雪原を進んだが登りのトレースは消えて無くなっていた。樹林帯に入ったら気持ち良い下りになった。程良い深さの雪で順調に870m付近(GPSデータ)まで下り、シールを付けて登り返すことにした。1080mの看板まで休み休み登ってシールをはずした。同じコースを下ったが、下手なテレマークでも気持ち良い下りになった。急斜面の尾根も快調に下り13時11分車に着いた。今日も独りだった・・・あ!兎には数匹出会いました。でも、スキーも履かずに走り回っていました・・・あ!下りの途中で音楽が聞こえました。ロケット実験場の方から・・・?
雪の回廊になった林道を一路、ユップラに向かった。風呂から上がって焼き餅を買ったら、なぜか?「いつもどうも」と言われた?
帰宅して、天気予報を見たら明日は晴れマーク!何も言葉にならなかった。でも最高気温が6〜7℃なんて上がり過ぎだ!・・・悔しいからこんなことを言っています!
山頂の鳥居に到着
風が強くヨタヨタと神社に向かった
何度も山頂ドームを振り返った
しかし滑走したトレースは見えなかった


D2013年3月7日

<コースタイム>O尾根で山頂往復
大広手登山口08:23→10:05九合目雪原→10:25山頂神社→10:38九合目雪原→11:28大広手登山口


後半天気が崩れるということで・・・早めの出発
8時23分大広手口に車を置いて林道を進み、途中からO尾根へのコースへ上がる。雪面に上がって直ぐ分かったが!ガチガチのモナカ状態!モナカは割れるが沈み込みは小さくこれは手強そうだ!今日は気温が上がるようだから雪面が少しは緩んでくれよ!っと祈る。大広手コースのヘアピンカーブを過ぎ先へ登って行く。体調が悪いのか?スピードが出ない!まあ歳も歳だから・・・ポンコツ車のようなもんだから!っと納得しながら2度も休む。ブナの大木には相変わらず雪が沢山乗っている。時々ゴー!っと吹き抜ける風に落ちなければ良いが・・・っと心配。
ようやく九合目雪原に着いたら、正面から強風が!そして雪面はガチガチのモナカ!所々氷状態!これじゃーアイゼンだ!っと思った。風に負けて雪原を進むのを断念!上荒沢の源頭部を越えて北側の斜面に回り込む。雪庇の下部を回り込んで比較的緩い斜面から山頂部を狙う。スキーのエッジが雪面にかまなくなってきたので、つぼ足になって登る。山頂神社の後ろに近づいたが風が時々ゴーッと来ると手に持っているスキーがあおられ飛ばされそうになる。神社に入るのは断念!写真だけ撮って下ることにした。下の何処かで昼食を食べることに・・・恐る恐る九合目雪原に戻り下ろうとシールをはずしたら、硬い雪面にスキーが良く走る!コントロールが効かないような気分に?ゲレンデより硬い!そして、間もなくモナカの雪面がが始まった。こうなれば滑りの格好なんてどうでも良い!ボーゲンだろうが、何だろうが、安全に下れれば!林道の降り口付近になってようやくモナカが緩みホッとして滑る。後は林道に下り11時28分駐車していた車に着く。そうだよな〜!昨日気温が上がり、そして今朝の冷え込みだからなあ!納得!それを考えないでノコノコ出掛けてきた私がアホだった:-)
車の横でお湯を沸かしカップ麺とおにぎりを食べ、ユップラに行って気を取り直した(^^;)
北側の斜面から登り
神社に近づいたが風が強くここで断念して引き返した
下ってから振り返る
右手の北側の斜面から山頂に登った