トップのページへ 秋田県内の山 @この記事のブログへ Aこの記事のブログへ Bこの記事のブログへ

田 代 岳(1177.8m)一等三角点

@2012年4月10日(火)晴れ:単独行

A2012年4月28日(土)晴れ:高校山岳部の皆さんと

B2012年5月11日(金)〜13日(日)高校生の大会に同行して


@4月10日
<コースタイム>
大広手登山口09:15→10:35田代岳山頂→11:00雷岳→11:32烏帽子岳11:44→11:52茶臼岳→12:32雷岳→
12:57田代岳山頂13:17→1348大広手登山口

4月10日(火)晴れ
しばらく所用で身動きが取れなかったが、行動再開!少し休みすぎた!でも、この時期田代岳三山巡りが恒例になっていたので、迷わず田代岳へ・・・
いつものように、ユップラで餅を買って大広手の登山口へ。ステップ板に私のようになったボロボロシールを付け9時15分登山開始!例年よりはるかに雪が多い。順調に最短尾根コースから山頂へ!順調に登って10時35分山頂神社前でシールを外して、いざ!雷岳へ!コワー!なんだこの雪は???モナカあり!クラストあり!制動系あり!テレ下手の私には対応しきれず余計な力が入り疲れる。鞍部で濡れ濡れのシールを付け雷岳へ!雷岳を通過してシールを外し、またしても緊張の下り!鞍部でシールを付けて烏帽子岳を目指す。烏帽子岳の最後の急斜面を登り11時32分着く。ここで小休止!山頂の標柱は雪の下!シールを外して茶臼岳を目指す。茶臼岳山頂で写真を撮り、烏帽子岳の肩へ戻り雷岳への鞍部まで下る。気温が上がったためか滑りやすくなった。南寄りの風が強くなった。雷岳を通過して田代岳山頂の鞍部まで下る。最後の登りで息が切れて数回立ち止まる。12時52分ようやく山頂神社に入る。昼食を食べ、外へ出る。今日は誰も神社まで来た人はいなかったようだ・・・。13時17分下り始める。山頂ドームはまずまずだったが、下るに従って雪がドフドフになり、テレマークどころか、スキーを曲げようと思っても曲がらない!数回撃沈(>_<)して13時48分やっと登山口に着いた。多様な雪にやられた田代岳だった。ユップラに入って気持ちを取り戻そう!そう簡単に取り戻せるものかな?いつものアイスも味気なかった・・・
昨年の4月10日(田代岳)の記録はこちらへ
九合目雪原に着いて山頂ドームを望む。
雪がグレーと白のまだら模様になっている。
烏帽子山頂に着いて小休止。
左から雷岳・田代岳山頂・九合目雪原が見える。


A4月28日
<コースタイム>
大広手登山口08:54→(途中で数回休む)→11:10山頂12:22→12:50林道に下りる→13:40大広手登山口

<歩行距離>GPSデータによる
登り4.80km  下り5.33km
4月28日(土)晴れ
5月11日から3日間、秋田県の高校山岳部県北地区の大会が田代岳であるという。大会に駆り出されているので、コースの下見に出かけることにした。
朝自宅から出発したらメールが・・・選手や顧問の先生達が前日の夕方から田代地区のキャンプ場に泊まって、朝出発したようだ!更にnariyuki氏からメールが来て、「田代岳山頂に着いた!雲海の上だ!これから茶臼岳の方に行って来る」という内容だった。
雲海の上か・・・イイなー!っと思いながらアクセルに力が入った。
五色滝を通過したら間もなく選手達が歩いていた、手伝いに来た卒業生2人も!大広手の登山口に着いたら顧問の先生達が車を駐めて準備をしていたので、私も準備をして、選手が到着して一緒に8時54分登り始めた。大広手コースの夏道に沿って進むがすべて雪の下だ。例年より雪が多く私はステップ板を履いて登った。ヘアピンカーブでゆっくり休む。天気が良く日差しも強く無風。暑いくらいだ。荒沢コースの合流点から少し登ったら鳥居の場所に着いたが、鳥居の最上部の木が落ちていた。樹間から山頂ドームが見えだし、九合目雪原に着き、最後のドーム斜面に喘いでいたらスノーシューを履いたnariyuki氏が下って来た。一緒に昼食を食べよう!と引き留めたが下って行ってしまった。11時10分山頂に着いてのんびり昼食を食べた。山頂神社内の温度計は10℃を示していた。風も無く気持ちの良い山頂だ!全員外でのんびり昼食を食べながらくつろいだ。12時を回り下山開始。私は山頂から北に伸びる尾根を下ることにして別れる。尾根に下る部分に亀裂が走り出している。そろそろ限界かも?その部分を下りて安定した所で九合目雪原を下りていく選手や顧問の先生達を静かに見送った。
気持ちの良い斜面を下り、次第にルートを考えなければならないような斜面になってきた。思いがけない小さな沢があったり、雪が崩落してしまった急な所があったり、慎重にルートを考えながら下った。最後は杉林の中の小さな沢を、スキーを脱いでつぼ足で下りて林道に出た。雪の残る林道を何度かカーブを曲がりながら登って行くと林道のヘアピンカーブがあった。そこ(802mの標高点)から緩い尾根を登り荒沢コースと大広手コースの分岐点を目指した。やがて登ったコースに合流し下って行ったつぼ足の足跡があった。あとは登った道をひたすら下った。登山口に着いたら皆さん車に荷物を積み帰る準備をしていた。間もなく出発して行ったので、私も少し後に温泉ユップラを目指した。ユップラに着いたら選手・顧問の一部の人達が入浴の準備をしていた。一緒に入ったが浴場は満員状態だった。汗を流したあとは久々のコーヒー牛乳とアイスだった!満足して皆さんより一足早く帰路についた。車の中は暑いくらいの天気で、少し窓を開けて自宅へと向かった。
五合目の鳥居の所に着く
鳥居の頭の部分が折れて落ちていた。大雪のためだろう?
山頂から北へ伸びる尾根を下るべく皆さんと別行動となる
その尾根の上部で、九合目雪原を下って行く姿を静かに見送る


B5月11日〜13日
第39回秋田県県北地区高等学校総合体育大会登山競技大会
に審査委員として参加して・・・

(日程・コース)・・・大会要項
第1日目(5月11日)
越山コミュニティセンター受付・顧問会議・開会式・ペーパーテスト
出発13:30→15:00五色湖キャンプ場:幕営・天気図・設営・炊事

第2日目(5月12日)
五色湖キャンプ場→五色湖ロッジへ移動
五色湖ロッジ06:30→(車での移動)→07:00五色滝
五色滝出発07:30→大広手登山口→荒沢分岐→田代岳(10:30)集結
田代岳山頂出発11:30→荒沢分岐→大広手登山口→五色滝(14:00)集結
五色滝→(車での移動)→15:00五色湖キャンプ場:幕営・天気図・観察・装備

第3日目(5月13日)
五色湖キャンプ場→五色湖ロッジへ移動
指導講評・閉会式
2日目は天気が悪く、山頂に10時には全パーティが着いたので早めに下り、13時前には五色滝に全員下山した。ブナの新緑が標高700m付近まで登っていた。残雪の中で薄い緑色になったブナの樹が輝いていた。
能代工業高校Aパーティが優勝、2位は同点で能代工業高校Bパーティと能代高校Aパーティの2パーティになった。
いつものように高校山岳部諸君の逞しさに心を打たれた!
五合目の上荒沢コース(閉鎖中)との分岐。鳥居の頭の部分が
落ちている。写真の2名の役員と我々審査委員2名がトップで
一緒に登った。
山頂の神社。選手が山頂にやってくる。神社周辺で、
各パーティごとにツェルトに入って休んでいた。